AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【花11冊目】フラワーアレンジメント2008:レギュラー←→アドヴァンスト

 開き具合、花や葉の向き、茎の曲がり、大きさ、色合い。
 1輪1輪表情が違って個性豊かな草花。

 そのまままでも充分綺麗だけれど。お互いがお互いを引き立て合ったら、もっと魅力を引き出せる。
 花・葉・器。ひとつひとつの個性を活かしながら、綺麗で楽しい素敵な集団に。

 ……なんだかダンスチーム、ひいては人間関係みたいだな。
 花がヒトで、アレンジが集団。

 まだまだ未熟ですが、習い始めた当初からそんなコトを考えつつ挿しています。

・~・~・~・~・~・~・~・~・
05_01_fa.jpg Jan 08 : 茎の線を活かして、円柱パラレル

 花材:木イチゴ / フリージア / リューココリネ / オルラヤ / 水仙 / チョコレートコスモス / SPカーネーション(ブラックジャック)

 茎の線の美しさを活かし、上へ上へと高く流れるように。円柱状に、かつ自然に。

05_02_fa.jpg Feb 08 : クランツ
 独「クランツ」=英「リース」。『終わりも始まりもない、永遠』。

 花材:SPバラ(セカンドエディション) / ストック / スイートピー(トワエモア) / SPカーネーション(ネロ) / ローズゼラニウム / 紫陽花 / ガマズミ / 雲流柳

05_03_fa.jpg Mar 08 : すっきり高い、シュトラウス風アレンジメント

 花材:ユキヤナギ / アリストロメリア / ブルビネラ / サクラコマチ / マトリカリヤ / ブルーレースフラワー(品種名:ピンク) / リューココリネ / ストロベリーキャンドル

 茎の長い花を束ねてシュトラウスに組み、それをそのまま立てたようなEuropian designのアレンジメント。

05_04_fa.jpg Apr 08 : 和を意識した花材を使って、花型:ヴァーティカル

花材:キク(アナスタシア) / アリアム / モカラ / ネリネ / クリスマスローズ(エリック・スミス) / ナルコユリ / エニシダ / テンモンソウ / スズラン / コルダータ
スポンサーサイト

【花10冊目】フラワーアレンジメント2007:レギュラー←→アドヴァンスト page 2 of 2

04_06_fa.jpg Apr その1「テーブルコーディネイト」
 花材:アリストロメリア / ニゲラ / スプレイバラ(フェアリーテイル) / アストランティア / ホワイトスター / ブプレリウム / アイビー

 長方形テーブルの真ん中や、サイドボードの上などに置くのに適したアレンジメント。
 ランダムに挿すけれど、長方形は崩さずにすっきりとしたデザインにまとめる。

04_05_2_fa.jpg May その1「ドーム、応用編」
 花材:シンビジウム / バラ(ラベンダーマスカラ) / SPバラ(シセロ) / トルコキキョウ / SPカーネイション / ガーベラ / ブバリア / リューココリネ / クリスマスローズ / ナルコユリ / レモンリーフ / ピットスポルム

 なだらかに下へ溶け込むラインに。
 基本のドームを少しシャープにした形。モダンな印象になる。

04_07_fa.jpg May その2「ヨーロピアン華道」
 花材:ベロニカ / ディゲロステンマ / アゲラタム / ナデシコ / ドラゴン柳 / アイビー / 千日小坊 / 五色葉ドクダミ / ミスカンサス

 『円形パラレル』が1点集中になった形。メイングループ・サブグループ1・サブグループ2で不等辺三角形を構成させつつ、焦点は器のやや下に設定し、自然な庭をイメージして。

2007060_s.jpgJun アドヴァンストコース:『鳥の巣をイメージしたシュトラウス』。
 花材:スモークツリー / クレマチス / スカビオサ / 京鹿の子 / アストランティア / ブラックベリー / 瑠璃玉アザミ

 ワイヤーネットでスモークツリーを巻き込み、フレームを作る。その中で花材をふんわり自然なスパイラルに。

04_08_fa.jpg Nov 2007 レッスン再開。「フリーセンデス(下に流れ落ちる形)」
 花材:デンファレ(ジャックハワイ) / ブルーレースフラワー / スカビオサ / アルビフローラ / マトリカリア / アルケミラモリス / ミスカンサス / ハツユキカズラ

 内に向かうように自然に交差させつつ入れる。
 植物のライン、茎の流れと向きをよく観察して、それが自然におさまりそうなところへ。

04_09_fa.jpg Dec 2007 「お正月アレンジメント」
 花材:アンスリウム / デンファレ(ローラ) / 松 / 千両 / スプレーマム(フィーリンググリーン) / ミニモンステラ / オタフクナンテン / 雲竜柳

 「面」が特徴的な花材が多いので、うまく面を活かすよう留意。其々の花材が美しく見えるように工夫すること。

【花9冊目】フラワーアレンジメント2007:レギュラー←→アドヴァンスト page 1 of 2

04_01_fa.jpg Jan その1「早春のアレンジメント」
 花材:スウィートピー / ラナンキュラス / フリージア / 水仙 / パンジー / アオモジ / ブルースター / ステルンクーゲル / ヒカゲカズラ

 まだ寒い時期から咲き始める春の花を使って。
 植木鉢へのアレンジ。焦点は植木鉢よりずーっと下方。1焦点。

04_02_fa.jpg Jan その2「花型:逆クレセント」
 花材:バラ(ダンシングクイーン) / スプレイカーネイション(テッシーノ) / スプレイバラ(ローラ) / ホワイトスター / リューココリネ / ナデシコ / ゼンマイ / アオモジ / アイビー / コヒバ

 自然にグルーピングしつつ、すっと美しく流れ落ちるように。

04_03_fa.jpg07_02_08.jpg Feb その1:「ギフトフラワー(バレンタインアレンジメント)
 花材:アマリリス(ダンシングクイーン) / タニワタリ / ガーベラ / リューココリネ(カラベル, アンデス) / スプレイバラ(ローラ) / スプレイカーネイション / ラグラス / ハートカズラ / レモンリーフ / コヒバ / ガマズミ

 アマリリスと底辺のグリーンとを繋ぐ形を考えながら挿すと、全体の形を整え易い。

04_04_fa.jpg Feb その2「花型:パラレル」『自然の庭をイメージして」
 花材:レースラベンダー / 姫キンギョソウ / バコパ / ヘリクリサム

 共同形態の植物(ひとつひとつの主張が弱く、群生することで存在感が出る)を活かして。
 メイングループ・サブグループ(大)・サブグループ(小)で不等辺三角形を構成。
 「つぼみは下側、大きな花は上側」「ラベンダーが上層部、金魚草は中間、草ものは下側」という自然の『棲み分け』を付ける。
 

04_05_fa.jpg Mar その1「生花のヘッドドレスとチョーカー」

 花材:スプレイバラ(グラシア) / ストロベリーフィールド / ヒペリカム / シネンシス / アジサイ

 どの断面もこんもりと丸っこく、均一な太さに。勿論花材の配置バランスにも留意。

【花8冊目】フラワーアレンジメント2006:レギュラー←→アドヴァンスト page 4 of 4

03_19_fa.jpg Sep 2006その2「秋の実り」
 花材:ポンポンダリア / バラ(ブルズアイ) / ケイトウ(赤・橙) / チョコレートコスモス / タデ / アイビー / アジサイ(アナベル) / スズバラ / 青リンゴ / 小茄子 / ペッパーベリー / ソケイ

 ヨーロッパの花屋さんでは、秋らしいアレンジメントの中によく実や野菜も使われるらしい(先生はスイスでも修行を積んだ方)。
 他の花材とうまく組み合わせると、違和感のないナチュラルな作品になる。

03_20_fa.jpg Oct 2006その1「ボーゲン」
 感謝のキモチとして動物病院へ贈呈。

 花材:オンシジウム / SPバラ(サラ) / SPカーネーション / キバナコスモス / ブプレリウム / ソケイ / ツルイチニチソウ

 ホリゾンタルはアメリカンスタイルの花型の一種。1焦点。
 ボーゲンはヨーロピアンスタイルの花型の一種。複数焦点。左右の流れを大切に。


03_21_fa.jpg レッスンコース外:
 動物病院からのお悔やみの花を投げ入れにしました。

03_22_fa.jpg Nov 2006その1「リースアレンジメント」

 花材:バラ(ラベンダーマスカラ) / バラ(オリエンタルキュリオサ) / ピンポンマム / カーネーション(テラノバ) / スカビオサ / クリスマスローズ / 木ブドウの実 / ハツユキソウ / アイビー / ピットスポルム

 モスで作ったリースの中に、こんもりと丸い形に挿していく。

03_23_fa.jpg Nov 2006 その2「コウン、中級編」

 花材:ベニアオイ / スプレイバラ(サラ) / バラ(マナナ) / ケイトウ(クリスタルビューティ) / スプレイカーネイション(グリーンティ) / ドラセナ / アオモジ / シンフォリカルポス / レモンリーフ / オウゴンヒバ

 どの方向から見ても裾広がりに。
 コウンやトライアンギュラーは、高さもあるため、華やかさが必要なパーティーデコレーションetcにも適している。

03_24_fa.jpg Dec 2006 その1「クリスマスアレンジメント」
 (別名:お星様, ひとでちゃん)

 ぺったり貼り付けると不自然な印象に。
 自然に立体的にすべく、花材は色んな方向を向かせる。隣り合う材料同士は高低差を付ける。ただし横から見ると「全体的に丸っこいカタチ」に。

 ナッツ類の縁とフレームの幅は全て等間隔に。また、ナッツの縁、特に星の先端はすっきり流れるように。
 そうしないと『星型』に見えなくなってしまう。

03_25_fa.jpg Dec 2006 その2「お正月アレンジメント」
 キク(アナスタシア) / グロリオサ(ミサトレッド) / 千両 / 大王松(読み:『だいおうしょう』) / 水引 / 和紙

 松は段々と開いてくるので、最初はやや立て気味に挿す。
 足元は締めてすっきりと。
 和紙は折り畳んで水引で結び、扇子状にする。

【花7冊目】フラワーアレンジメント2006:レギュラー←→アドヴァンスト page 3 of 4

03_13_fa.jpg Jun 2006その2「下に流れ落ちる形」

 花材:スカシユリ / スナップ(和名:キンギョソウ) / クリスマスローズ / ハゴロモジャスミン / 夏ハゼ

03_14_fa.jpg Jul 2006その1「花留めを使って、自然な交差を」

 花材:オンシジウム(ボブキャット) / アンスリウム(テラ) / ダリア / 黒ヒエ / 姫ヒマワリ

 オアシス不使用。アルミワイヤーをくしゅくしゅっと丸めて花留めを作る。
 花瓶挿しは1焦点だったけれど、今回は複数焦点にtry。

03_15_fa.jpg Jul 2006その2「多肉植物を使ったワイルド グリーン アレンジ」

 花材:多肉植物(スノージェイド / ルティア / キュウイ) / エアプランツ / ミニケイトウ(キモノ) / コリウス / プテリス / シュガーバイン

 グリーンをメインに、自然な寄せ植えに見えるように。

03_16_fa.jpg Aug 2006その1「プリザーヴドアレンジメント」

 花材:バラ(大)2輪 / バラ(小)3輪 / アジサイ2色 / オーナメント

03_17_fa.jpg Aug 2006その2「トロピカルアレンジメント」

 花材:アンスリウム(ピスタチオ / バニラ) / ラン(モカラ) / ルリタマアザミ / バーゼリア / ベンケイソウ / アンスリウムの葉 / カンスイラン / ヘデラの葉 / オウゴンヒバ

03_18_fa.jpg Sep 2006その1「フレーム入れのシュトラウス」

 花材:バラ(デザート) / バラ(ミステリアス) / カーネーション(サラジェンナ) / トルコキキョウ / ルドベキア / ひおうぎの実 / ピットスポルム / 青りんご

【花6冊目】フラワーアレンジメント2006:レギュラー←→アドヴァンスト page 2 of 4

03_07_fa.jpg Apr 2006その1「テーブルコーディネイト」
 花材:バラ(ローズユミ) / ラナンキュラス(エムグリーン) / ガーベラ(ブラックボール) / スプレイバラ(サニーイルゼ) / 雪ヤナギ / ヒペリカム / ピットスポルム / ベアグラス

 長方形の長いテーブルを飾るのに適したスタイル。2個の器をまたいで花材同士が不等辺三角形を作るように。

03_08_fa.jpg 【コース外】入院見舞いに挿した、桜のアレンジメント

03_09_fa.jpg Apr 2006その2憧れの「花瓶生け」!
 花材:ミニグラジオラス / ニゲラ / ギリア / スカビオサ / ストロベリーフィールド / リューココリネ / ミヤコワスレ / リモルホセカ / ピットスポルム

 ピットスポルムを花留めに。
 段付けし、ふわっと色んな方向を向かせる。挿すのに抵抗がある箇所には挿さないこと。無理に入れると、既に挿した花がずれてしまう。自然に逆らわずにふわりと。

03_10_fa.jpg May 2006その1「母の日アレンジ」

 花材:カーネーション(ドヌーブ) / カーネーション(プリメロマンゴ) / カーネーション(ゴースト) / バラ(ビアンカキャンディ) / スカビオサ / リューココリネ / 入才ラン / ダスティミラー / イタリアンベリー

 大振りの花はさくっと空間を埋めるため、挿す角度の微妙な違いがアレンジ全体の形を左右する。


03_11_fa.jpg May 2006その2「大輪の芍薬を7輪使ったシュトラウス」

 花材:芍薬(滝の粧) / 芍薬(ルーズベルト) / 芍薬(エッジドサーモン) / 芍薬(スカーレット) / スノーボール / ナルコユリ

03_12_fa.jpg Jun 2006その1「初夏の花を涼しげに」

 花材:テッセン(インスピレーション) / ベルテッセン(エトワールローズ) / ベロンカ / サンダーソニア / エリンジウム / センニチコウ / アルケミラモリス / 木賊(読み:『とくさ』)

 木賊で生垣を作り、花を入れていく。
 1つ1つのミニアレンジも完成させつつ、複数個のアレンジが纏まり合うように。

【花5冊目】フラワーアレンジメント2006:レギュラー←→アドヴァンスト page 1 of 4

03_01_fa.jpg Jan 2006その1「春の気配に浮き立つココロ」
 花材:水仙(ティタティタ) / バラ(イリオス) / ガーベラ / キンセンカ / フリージア / アリストロメリア / ルドベキア / アオムジ / 梅の枝 / ギンコウバリ

 ふんわりとした明るい黄色・オレンジ、新芽をつけた枝、萌芽した水仙の球根で春の訪れを。
 枯葉や枯れ草で冬の名残を表現。

03_02_fa.jpg Jan 2006その2「花型:トライアンギュラー」
 花材:バラ(スウィートアキト) / カーネーション(アントワネット) / アンブラック / スプレーマム / ラクスパー / スウィートピー / ブプレリウム / ユーカリ

 花型:コウンを一方見versionにしたような、大振りのアレンジメント。

03_03_fa.jpg Feb 2006その1「バレンタインアレンジメント」
 花材:バラ(ローテローゼ) / ガーベラ(スプリンググリーン) / カランコエ(アップルキッズ) / ヘデラベリー / ユーカリポポラス / 縞ハラン / 自作ハート型オーナメント

 縞ハランで器を作り、花を入れていく。ハート型のオーナメントもワイヤーで自作。
 縞ハランで包んだ花束にも見えるし、鉢にも見えるし、ケーキにも見えるアレンジに。


03_04_fa.jpg Feb 2006その2「花型:クランツ」
 花材:スプレーバラ(イルゼ) / スプレーバラ(スウィートオールド) / アジサイ / デンファレ(ローラ) / ホワイトスター / ヒペリカム / ガマズミ / アイビー

 『丸いオアシスにただ挿していけばクランツになるんじゃないのー?』なんて、甘カッタ。まんべんなく、どの断面も丸っこく。意外とバランスが偏ったりする。

03_05_fa.jpg Mar 2006その1「春らしく、丸っこくふんわり自然に」
 花材:ヒヤシンス / スカビオサ / クリスマスローズ / ステルンクーゲル / 豆の花 / グリーンベル / スプレイバラ(パヴェ) / テンモンソウ

 挿し位置・方向はランダムに。花の自然なラインが活きるように、輪郭と器とが繋がるようなイメージで。

03_06_fa.jpg06_03_23.jpg Mar 2006その2「生花のコサージュ」
 花材:バラ(ハロウィン) / バラ(ラビンダ) / カラー / スプレイバラ / ゼンマイ / ヒペリカム / ユーカリ(ポポラス) / アイビー / ガマズミ / ピットスポルム

 花材は全てワイヤリング。
 フォーカルポイントになる花を束ねの位置で120°に曲げ、そこに合わせて組んでいく。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。