AX

まだまだ続いた、嬉しい届き物☆

ひま「たった今ー!!! 受け取りました!!!」
そっこーでそんな携帯mailを送ってしまったホド……きゃぁぁぁ嬉しいっ。

yokoさん(@某SNS)より、切り番前々賞。頂いてしまいました♪

『猫のブックレット送るね』とのコト、そりゃもーわくわくしていた訳ですよ。
けどけどけどっっ。……あ、あれれ、本以外にも色々と……?

ありがとうございます☆うっはーーー、讃岐うどん!
ここのトコロ食べたくて食べたくて、ネットオーダーしようかと思ってたくらいなんだよーぅ。絶妙のタイミングにびっくり☆

ハンカチもまさにワタシ好みな色合いで。ワタシの好みを考えて選んで下さったのだろなってのが伝わってきて、感激であります。
yokoさんって、こーゆー『ココロのプレゼント』センスも素敵なんだよなーと改めて思ふ。暖かみのあるセンス。じんわり。

そして勿論にゃんこーーーずもっ。可愛すぎるー写真も台詞もツボ☆
これ以上英語力が落ちるのを阻止すべく、通勤の友確定……なのですが。いやもー、可愛くて可愛くて。電車内で口角上がりっぱなしになっちゃってもぅっ。

わーいわーい嬉しひっ。ありがとーございます☆
----------------------------------
頂きまーす☆そんな訳で今回の居酒屋またたび亭。
アテは『冷やしうどん、たっぷりの無農薬野菜添え』っ。

麺はたっぷりのお湯で茹で、氷水でしめてキリッと冷やす。
今回の具材は、短冊切り胡瓜・茹でさやいんげん・錦糸玉子・ミョウガの千切・紫蘇千切。胡麻を振って頂きまーす☆

美味しいっ。やはりコシが全然違うっ。つるつるっと喉を滑り落ちてお箸が止まらないっ。
胡瓜とさやいんげんにも再感動。氷入りの麺つゆでキリリと冷やされて、美味しさが引き立つーーー!
----------------------------------
では、前回付けと同じ〆になってしまひますが……。
楽しい素敵な方々が周りに居て下さるコトにココロから感謝して。乾杯☆
スポンサーサイト

あっさり味の……

すまぬ、友。
前振り(前振り?)ネタに詰まった上、アテネタと被るので書かせてくれぃ。

数年前に友人が発したコトバが、アサリを観るに付け思い出されるのです。忘れられないのデス。

ちゃこひーま「ね、『あっさり味のアサリ』って……どう?」#ワクテカを押し殺した顔で

……いや、あの、えぇぇ? どう思うと言われても。そんな『イイと思うんだけど、どうかな?』な表情で見られても。

さぁ皆様も。アサリをあっさり頂く度にこのセリフを思い出してしまふ無限すぱいらるを、共にしませぬか。
……しよーよ。お願い。ね?(涙)
----------------------------------
ぱすたさておいて本題(本題なのか?)の、居酒屋またたび亭っ。
アテは『アサリとトマトのパスタ』。
#嗚呼ホント私、「我ながら上出来っ美味しいっ」と感じた好物は連続して作ってしまふ傾向があるナ。

ともあれ。
ボンゴレ・ロッソと言いたいトコロでありますが、トマトソースで和えた訳ではナイので、ここは敢えてこの名称で。フレッシュトマトであっさり頂くのでありますっ。

はすた2よーく砂を吐かせたアサリを、オリーヴオイル & バターを熱したフライパンに投入。トマトも放り込み、ざざっと炒めて蓋をする。今回はココでさやいんげんも投入。
アサリの口が開いてきたら蓋を開け、アルデンテ1歩手前まで茹でたスパゲティも投入。
パスタの茹で汁・塩胡椒で味を調えたら出来上がり。

#アテ仕込み途中、またまたとんでもなく素敵な贈り物が届きました☆
うっはーーーーもぅ嬉しすぎ☆ 狂喜にございます。そのおココロが何より嬉しく沁みる。
その内容・様子はまた追って、改めて書く予定っ。

----------------------------------
では、楽しい素敵な方々が周りに居て下さるコトに感謝して。乾杯☆

びっくり。のち、嬉☆

会社のエレベーターにて。
「いつもすぅっと姿勢良いねー。よく言われない?」
「あー、実はトキドキ言われます。ダンスやらバレエやらの影響だと思ひマス。」

うーんうーん、そんなに違うモノなのかしら。
そーいや確かに、ダンス習い始め初期はとことん姿勢を矯正したのぅ。日常生活でも「カラダの使い方」に留意してしまふホドに。

ってか他部署の方が初会話でそんなコト言ってくれるなんて思ひもせず、びっくりののちちょいと嬉でありました。
----------------------------------
引きそんな6/26(tue)の居酒屋またたび亭。
アテは『ポテトサラダ / アサリとトマトのオリーヴオイルソテー』。
・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
ポテサラの今回の具材は「胡瓜の塩揉・玉葱微塵切・カニカマ」。
塩胡椒・マヨ・粒マスタードで和える。茹でじゃがが熱いうちに和えるべし。冷めると味の馴染みが悪くなるそーです。

折角なら食材そのものの美味しさをシンプルに味わうべく、マヨはかなりの控えめに。胡瓜は厚めに切ってみる。
微塵切はちゃんと水に晒しまシタ(←手抜きして晒さナイことたまにアリ)。
カニカマは彩りの為、マスタードは相変わらずの「酒飲み仕様」として。
・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
寄りその2奥はアサリとトマトのオリーヴオイルソテー。
アサリはよーく砂を吐かせておく。
んで、アサリとトマトをオリーヴオイル & バターを熱したフライパンに投入。
ざざっと炒めたら白ワイン……と言いたいトコロだけど無かったので酒少量を入れ、蓋をする。

今回蒸す際、タイミングを見計らってさやいんげんも投入しまシタ。彩りの向上、及びいんげんに味を染み込ませるってのが狙いであります。
アサリの口が開いてきたら蓋を開け、塩胡椒等で味を調えるダケっ。
----------------------------------
寄りその1……で、ポテサラ。一口味見してみてびーーーーーっくりした!
なななな何コノほくほくっぷり!
こんっなに美味しいじゃがいもって初めて食べたっ。ほっくほくで、深い!!!

素材に勝負アリの絶品ポテトサラダと相成りました(じゃが・胡瓜・玉葱・いんげんは、くまちゃんさん@某SNSのお父様作)。
うはー美味しいいいっ、では感謝と共に乾杯っ☆

だってホラっ、lとkって隣だしっ。

ひまたんsalesを打ち間違いかけた。
sakeまで打って気が付く。

……ってかsakeかよ酒かよ酒なのかっ。まーた酒ネタかいっォィ。

……back spaceをぱしゃぱしゃ打ちつつ、オノレのミスにこっそり呆れ突っ込みを入れる、平和な平和な昼下がり……。
----------------------------------
色男(←飼い主バカ炸裂ですみませぬ……)そんな6/25(mon)の居酒屋またたび亭。
・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
まずはトマトサラダの下準備。
玉葱は1/4コ程を薄くスライス。ミキサーに放り込んで、オリーヴオイル・vinegar及び塩胡椒コンソメ少々も投入。
がががががっと気が済むまで攪拌したのち、カットしたトマト及び茹でさやいんげんの上から回しかけて冷蔵庫で寝かせる。
・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
じゃがいもはスライサーで薄ーくスライス。
それを千切りにし、ボウルに放り込む。
#スライス後は水に晒さないコト。『じゃがいも→水に晒す』のイメージが強いけれど、今回はでんぷんの粘りをも利用しマス。

んで、刻んだベーコンも少量投入。塩胡椒・小麦粉及びバター、とろけるチーズ各少々も投入。粘りが出るまでざっと練り合わせる。
適当な大きさにまとめて平たく広げ、バターを熱したプライパンで両面をこんがり焼いたら。

ハッシュドポテトの出来上がりー☆

いやー、サクサクの食感でビールが進むっ。
・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
引きじゃがいも・玉葱・さやいんげんは、くまちゃんさん(@某SNS)のお父様による無農薬野菜にございます。

ポテトの塩はベーコンの塩みも考慮の上調整されたし。
焦げ易いので、ときどきポテトの底をフライ返しで持ち上げては、フライパンとの間にバターが流れるやうにしてやって下さいませぃ。

さやいんげんも元気ゲンキ。茹でて尚この緑この弾力っ。じんわり玉葱ドレッシングも美味っ。

ではいざ、乾杯っ☆

嬉しい届き物は続く☆

ろて君、興味津々くまちゃんさん(@某SNS)のお父様がココロ込めて丁寧に育て上げた、ご自慢の無農薬野菜。

もー、聞いたダケでも美味しそーでしょでしょでしょ?

『食べきれずに余ってしまうんです、遠慮なさらず是非』なんておコトバに甘えてしまいましたっ。

きゃぁぁぁぁ届いたよ届いたよー、すんんごく嬉しいぃぃぃぃっ、ありがとうございます!
----------------------------------
そんな本日の居酒屋またたび亭。昼より友人ご来店。
アテは『棒々鶏風サラダ、煮玉子添 / 水菜と揚げの煮浸 / イクラの醤油漬 / 一口ステーキ』。

胡瓜、早速使わせて頂きますぜぃ☆

サラダにはたっぷりの胡瓜を添えました。やや厚めに切って、しっかり味わうのでありマスっ。
煮玉子は金曜晩に仕込んでいたモノ。じんわり染みた黄身がとろーり。
蒸したササミを割き、レタスと貝割も添える。

宴煮浸は今朝方改めて調理。

イクラ及び一口ステーキは友からの差し入れ(ありがとうっ)。
お肉は友が焼いてくれまシタ♪

 で は い ざ 、 乾 杯 っ 。

……んで。胡瓜!
歯ごたえにまずビックリ。うわーすごくしっかりしている!
んでもって、濃い! お野菜ってこんなに美味しいモノなのかと感動してしまったであります。正に『太陽と大地の元気の塊』という感。

くまちゃんさんからは胡瓜以外にも、ぷりぷりのさやいんげん、ゴロゴロと元気なじゃがいも・玉葱を頂いてしまったので。
有難く大切に味わわせて頂いちゃいマス♪
・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
みよ~んこの後流石にアテの追加調理をしやした。
『こんなのイイかも』と数日構想を練っていた試作品なれど、美味しいと喜んで貰えて嬉☆
近日中には完成版をお披露目する予定でありまーす。

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
ではでは、素敵なヒトビトの間に居られるコト。そのヒトと環境に感謝して。
改めて、乾杯☆

わくわくわくわく☆

グラス写真1:キターーーーーーー!

写真2:キターーーーーーー!


ってコトで。今朝方届きました、初の陶芸作品☆
そぅ、六甲山牧場にて「陶芸手びねり体験」してきたトキのグラスにございます♪

……ってかホントあのトキの日記。ワタクシ「びあぐらすです」なんてヒトコトも書かなかったのに……。
『用途はびあぐらす?w』って突っ込んでくれるカシラ突っ込まれるんだろうなーなんてワクワクしてたのに。

皆して皆して、「びあぐらす」を当然の前提の上にコメント下さって……『そ、そりゃそうだよナ……』とオノレの日常を振り返ったモノでありマスよ。
(あ、いやいや勿論コメント嬉しかったのですよ。ソコだけはどうか誤解無きやう)


DVDともあれ、その後はダンスチーム練習へ。
「おっはようございまーす!」とスタジオに乗り込むと。
「葉ー、DVD出来たよー」ってコトで。

5月のイベント本番のDVD、予想外に早く入手致しましたっ。
----------------------------------
そんな、嬉し楽しい届き物が続いた本日の居酒屋またたび亭。
『ココは岩盤浴場か!?』な蒸し蒸しスタジオで踊り狂って帰宅でありますよ。
アテは『水菜と揚げの煮浸 / 貝割の紫蘇ハムチーズ巻 / ミニトマト』。

イントロ薄揚げは今回、油抜き後フライパンで空炒りしてみタ。香ばしい食感が出るカナ & 味の染み込みが向上するカナってコトで。

全品、ご覧の通りささっと作れて飲める品。
要するに……「初使用:自作びあぐらすを傾けつつのDVD鑑賞(初見)」をどれだけ楽しみにしているかお察し頂ければと。

では、いざ、寿さん作の器に盛付けたら。

乾杯☆

創作サラダ:幻想

ひま「葉さーん」「はーい」「コレ訳してー」

 そ う 来 る と は っ 。

うはー大丈夫カナ分かるカシラ私。そんな専門用語で溢れ返る英文なんぞ解せるカシラ。
(馴染みのナイ専門用語で溢れる文章って、日本語ですら分かり辛いで、せうせうせう?)

短い文章の上、聞き覚えのある専門用語だったのでno problemだったケレド。えぇ、先方はどうやら、動詞の意味とその繋がりが見え辛かったダケなご様子。
・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
ろてそーいや前の会社でのコト。

「葉さん、これを訳して欲しいんだけどね。英文に。」
ぬ? 別にイイですよそれくらい。
「(にやり)ちょっと量があってね。コレだけ。」

……A4用紙10枚分を英訳ですと? メイン業務の片手間ニ、5日以内デ?

あ、あのーワタクシ、この会社には『一般事務』として雇われたハズなのですが……。

まぁイイんだけどね。えぇそりゃ張り切って訳すけどさw
・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
ほんの数sentenceに一瞬ドキリとし、そーいやそんなコトもあったなーなんて思い起こした、とある平和な昼下がり。
----------------------------------
そんな本日の居酒屋またたび亭。
アテは『トマトと豆腐とアボカドのサラダ、しんふぉにー・ふぁんたすてぃっく風』。

意味不明なタイトルですみませぬ。何故か1日中、アタマの中にベルリオーズ『幻想交響曲』が響き捲りだった本日。帰宅後はCDで聴くべし。
『極限まで駆り立てられた美しく華麗な恋の狂気』を聴きつつ、アタマに浮かんでくるままに作ってみた夏向け創作サラダ。

トマトはくり抜き、中身を荒く刻む。
フライパンにバター&オリーヴオイルを熱し、玉葱及びベーコンの微塵切りを弱火でソテー。
ある程度火が通ったら、刻んだトマトも投入。水・ケチャップ少々を加え、塩胡椒コンソメ、タバスコで味付け。

狂気の交響曲くり抜きトマトをお皿に載せ、豆腐スライス・アボカドスライス・スライスチーズを螺旋階段状に並べていく。
トマト内部・豆腐等に上記トマトソースを入れる & かける。最後に味の締め且まとめとして薄口醤油をちょろり。

ふむ。醤油が効いたな。隠し味として効果大。
美味しい☆……のだけれど。豆腐等にかけるソースは、緩めの方が視覚的にヨカッタろうな。んで、黄パプリカも使いたひ。
改善案がぽこぽこ浮かんでくる。味も盛り付けも、もぅちょい踏み込んでいけるぞコレは。

またいずれ、発展の成果をお目に掛けてみせまするー、では乾杯☆

郷愁めにう

……。

アスペン行きたい。
行きたい。

行きたいったら行きたいったら行きたいっっっ。


ああでもそれなら、ろかーるにも行きたい。
よし、昼はアスペンで夜がろかーるだ☆


そんな妄想に取り付かれる6/19。
旧友:にがのトコロで『アスペンー、豆腐グラタンー』なんて騒いだ影響であろう。

さておいても。

あーすーぺーんーーー。
豆腐グラタンーーーーっ。

よっしゃ今晩は豆腐グラタンだ☆
----------------------------------
おべんとそんな6/19の居酒屋またたび亭、先ずは仕出し編。
『鶏胸肉のクリーム煮込 / ほうれん草玉子海苔巻 / ニンジンマリネ、胡麻醤油味 / 蓮根の煮物』。

定番:人参千切マリネは今回、胡麻油・酢・胡麻・醤油版で和えてみるコトに。胡麻はすり鉢でスリスリ。
鶏クリーム煮込もちょくちょく作っている品、ほうれん草(ryに関しては言わずもがな。
えぇとうーんと、蓮根の煮物は、おべんと箱のスペース埋対策として頼ってしまった冷凍食品にございマス……。

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
引きんで、街に舞った……ってなんだこの誤変換。いや、←のほーが楽しそうだけれどはさておいて、正確には『待ちに待った』居酒屋またたび亭。
アテは『具沢山豆腐グラタン / ミニトマトとレタスのサラダ』。

具材は『エビ・茄子・玉葱・しめじ・ブラウンマッシュルーム・ほうれん草』。欲張りすぎw どれだけ楽しみにしていたかをご推察頂ければ。

さておき。具材をバターソテーしホワイトソースと和える。耐熱皿に豆腐を載せたら、上からそのソースをとろーりと。チーズとパン粉を振ったらオーヴンにgo! こんがり焦げ目がついたら出来上がりっ。

寄り#アスペン版は『スパゲティナポリタンの敷かれた豆腐の上からとろーりホワイトソース。チーズ・パン粉こんがりな一品(寧ろ逸品)』と相成っております。アスペンのマスターの名誉にかけての追記。

葉版はパスタ抜き……要は『酒飲み仕様』と相成っておりマスえへへでは乾杯☆

ゆるりと回復中

ろて「すみません、有給休暇の申請をお願いします」
「はい、お日にちはいつになりますか?」
「本日です……」
「派遣先企業様には了承を得てらっしゃいますでしょうか?」
「はい、先程電話にて……」
「理由は……。体調不良ですよね!? 大丈夫ですか!?」「はい……ありがとーござ……」「有休承りました、どうぞお大事になさって下さいね!!!」「はひ……ありがとうございマス……」

ってな訳で。
本日、お休み頂いてしまいました。
いやー、派遣会社電話窓口さんのご心配炸裂な声がココロに沁みたヨ……在り難や……(普段なら『理由は私用でよろしいでしょうか?』なのが定例パターン)

ちゃこ朝方はもぅ。カラダからチカラが抜けて抜けて。動こうとすればする程チカラが抜けていってしまいやして。
夕方まで布団の住人と化しておりました。

嗚呼、やはり下降気味だったのか、心身の調子。

そんなこんなで夕方からはどうにか復活。
メンデルスゾーンの交響曲第4番『イタリア』やらエリザベートのCDやら聴きつつぽへらっとネットしてみたり。
ぽわぽわな意識の中TVなんぞ点けてみたらビックリしたっっ。

うはっっっ。コ、コレはっっっっ。
秋冬の葉定番:トマトのミートローフっっっ。

嗚呼、流石はプロ……。発想のレベルが全然違うっっ。
そうか、『秋冬の定番』なんて言わずとも、夏野菜もがんがん入れ捲れば夏でも美味しく食せそうではナイか。

今度やってみよっと。

にゃんこーずと眠りまくって心身の調子を整えつつ、良いアイディア1個げっと☆な6/18(mon)でありました。
----------------------------------
ゆるりと回復中そんなこんなで今晩の居酒屋またたび亭。
アテは『トマトサラダ / ほうれん草の胡麻和え / 胡瓜のスタミナ漬』。

トマトサラダにはカマンベールチーズ・貝割・レタスを添える。
胡麻和えには人参の千切りも混ぜてみるコトに。
胡瓜のスタミナ漬は、こんぐ師匠直伝レシピ。相変わらず長い文章になっちゃったので、作り方はまたいずれ掲載したいと思いマス。

んぢゃ、軽く飲んでさくっと眠る所存でありますっでは乾杯☆

ぐつぐつ煮込む

グリルチキンあれ。ワタシにしては久々気味な更新?
最終更新から何してたっけ。えぇと水曜晩はダンスチーム練習で、木曜は終業後のーんびり家事って金曜晩はバレエで。
そぅそぅ、木曜のアテはグリルチキン(写真1)。こんぐ師匠(@某SNS)に影響されて作ってみやした☆

んで、土曜。
あ゛ーーーなんだかちょろりとモヤモヤ感。落ち込むとか凹むとかモヤモヤうぢゃうぢゃ悩むってホドでは無いのだけれど。心身共に、何かがオカシイ。疲れ気味なのカシラ。

えぇいもー、そんなトキは煮込み料理だ。

食材をざくざく切ったらぽぽぽぽいと鍋に放り込む。
下降の兆しなんぞ、食材と共にぐつぐつ煮込んでやるー。美味しい料理になってしまえ☆

鍋を覗き込んでいるうちに無心になってくる。
歌いながら調理すると尚可。
「♪最後のーダンスはー俺ーのっもっのー」なんて、エリザベートの曲でも大声で歌いつつ調理でありますよ。しかも歌詞が分からないトコロは相変ワラズ「♪にゃらーらーら、にゃーらーらー!」でありますよ。

引き出来上がる頃にはすっかり元気。さぁあとは美味しく食すのみ。オノレの心身の栄養となってしまへ☆
----------------------------------
んな訳で6/16(sat)の居酒屋またたび亭。
アテは『ラタトゥイユ風、超手抜き版』。

嗚呼またしても手抜き版だ。んでまたしても他所のアテの影響だ。いや、ヤマさん氏(@某SNS)のトコのチキンのケチャップ煮が美味しそーだったカラっ。

寄りさておいて、鶏モモ肉・玉葱・茄子・じゃがいもをざっくり炒めたら水・ホールトマト缶・ケチャップを投入。具材に火が通り始めたらブロッコリーも投入。塩胡椒等で味を調える。今回は隠し味としてウスターソースとタバスコを加えました。ってかしょーじき言うと、水でなくビールで煮込みましたw

んでは頂きますっ、乾杯☆

ぷちテク

ひまひま切りっぱなしの布のホツレは、透明のマニキュアで留める。
裾のほつれや重ね着のズレは安全ピン(以下『安ピン』)で留める。

……舞台での応急処置な訳ですが。
えぇもー、本番期間中は安ピンとヘアピンはどれだけあっても助かりマス。
#特にじゃらじゃら系のロングネックレスは、安ピンで衣装にトコロドコロ留めておくと便利。動きをジャマされなくなりますぜぃ。

ひまろーてさておいて、通勤時。あうー、このカーディガン、ボタンホールが緩んできたなぁ。うぅぅ、あと数時間だけワタシの言うコトを聞いておくれ。

カーデのウラから、目立たぬやう安ピンで留めつつ思ふ。
安ピンという発想。しかも日頃も安ピンを持ち歩くようになっているコト。踊っているからこそ身に染み付いてきたんだよなぁと、しみじみ。

さておいても上記応急処置。けっこー便利でありますぜ。
いざとゆートキに活用してみて下さいませぃ☆
----------------------------------
キッシュそんなこんなで写真は昨晩の居酒屋またたび亭。
アテは『キノコとほうれん草のキッシュ / 人参マリネ』

・~・~・~・~・~・~・~・~・
人参マリネの作り方はコチラ
今回はセロリの千切と共に、オリーヴオイル・レモン汁・胡椒でマリネしてみるコトに。
・~・~・~・~・~・~・~・~・
キノコとほうれん草のキッシュは超手抜き版。

ベーコンと玉葱スライスをじっくりバターソテー。そこに適当な大きさに切ったキノコ類(今回はブラウンマッシュルームとしめじを使用)、よく洗ったほうれん草を投入。塩・胡椒・コンソメで軽く味付け。
フライパンの火を止めたら、ボウルに卵を割りほぐし、牛乳・生クリーム少量も入れて溶き合わせる。
そこに粗熱の取れた具材を放り込み、ピザ用チーズも投入。タルト生地の上に流し込んだらオーヴンにgoっ。

とか言いつつ、タルト生地は『耐熱皿に薄くバターを塗り、荒く砕いたクラッカーを敷いたダケ』な超:手抜き版。
うーん、やや卵の割合が高かッタか。黄色黄色してしまったのぅ。

でもまぁ、玉葱のじんわりした甘み・バターソテーされた具材の味と香り・ふんわり玉子味と胡椒とが相まって美味しかったでありますよ。ああビールが進むっでは乾杯☆

♪生きてさえいれば自由になれる

「もしチケットが手に入ったら一緒に行かない?」
ふと思い立ち、ダンス友にメールを打ったのが10日前。「行きたい!!!」との即レス。

んで、「ぐっはぁぁチケットが余ってないぃぃ」「くぅぅ諦めるか……余りに無計画だっt」「見付けた! 譲渡BBSで定価で買えそうっ」
そんなやりとりがあったのが1週間前。

ろてってな訳で。
行って参りました、宝塚雪組公演「エリザベート」。

いやもー。予想以上の完成っぷりに息を呑みましたヨ。

ってか、歌すんごく上手いし! ストーリーは勿論のコト、演技も演出も見事!!!
(『上手いのなんて当たり前でしょ?』なんて思われた方もアリでせうけれど……実は以前観た別組の別作品は、ストーリー・歌・演出が『……。』だったのデス……)

ダンスも上手いわ振付けもすごくココロ惹かれるわ。展開もテンポ良しっ。
ってかもー、あの舞台装置、その使い方・見せ方。目を見張りまシタ。更に特筆すべきは、早替え(西では『早替わり』と呼ぶ模様)の早さ!
「え゛ぇぇ!? コートの中はさっきと違うドレスだったの!? 裏に引っ込んでいたのなんて数秒なのに!!!」

もう、ぐいぐい惹き込まれてしまったよ。
んでいて幕間・終演後は「あの台詞良かったねー!」だの「闇の手下たちの踊りがイイ!」だの「あの演出良かったー!」だの、矢継ぎ早にしゃべりまくる。
特に終演後はビール片手に話し捲くりw

CDいやもー。ウソくさい程な大絶賛になってしまったけれど、ホント見事に完成された作品でありました。また何度でも観たいくらひ。
実際にヅカ公演を観に行ったのは今回でまだ3回目(学生時代に東京で1回、2年前に宝塚大劇場にて2回目のヅカ鑑賞)。
興味引かれる演目があれば、是非またヅカ舞台を観てみたいなと感じてきた公演でありました♪
----------------------------------
アテオマケ写真は、ヅカスターを意識するろて吉の図?

写真2:買ってきちゃッタ☆
演奏は自動演奏ピアノによるモノとは言え、華麗な6曲が入って800円は安い!

写真3:そんな本日の居酒屋またたび亭。アテは『チキンピカタ』。
半量は梅紫蘇味、もぅ半量はノーマル版で。
ミニトマト&胡瓜串、レタスを添える。

んでは乾杯っ☆

またまた宴

3金曜、バレエレッスン帰り。駅のホームで、想ふ。
うー。やはり爪先にじんっっわりクるものだなぁ。じんわりと緩やかな熱さ・痺れを感じる。

ポワント(トウシューズ)でセンターに出ている間は、あまり痛みを感じないのにのぅぅ。

#バレエで言う「センター」とゆーのは「センターレッスン」のコトであります。『バーを離れてのフロアでのレッスン』のコト。ジャズで言う「センター(フォーメーションの中央で踊るコト)」に非ず。

あああ履きたい履きたい、コレ履きたいぃぃ。
帰宅後即このスリッパを履いてみたいっ。やはり買っちゃおうカシラ、コレとセットで。
だって前者、膝裏がキモチ良~く伸びそうだし。カカトから脚の付け根・カラダのセンターまで真っ直ぐ繋がって、背筋から耳の後ろまで真っ直ぐ抜けて行きそう……ってまたそんなダンスマニア話はさておき。
コレも可愛い☆……けれど、やはり上記2種をセットで欲しひっ。

……某☆さん(@mixi)の日記で↑の存在を知ってからとゆーモノの。
うがー。欲ーしーいー、欲ーーしーーいーー。ホントにホントに、奮発(?)して買っちゃおうカナな日々。
----------------------------------
1そんなこんなで土曜はダンスチーム練習後、友人が居酒屋またたび亭にご来店。ひゃっほー飲むぞーーーぃ♪
アテは『貝割の紫蘇ハムチーズ巻 / ほうれん草玉子海苔巻 / 春巻きピザ(エビとほうれん草 / ブラウンマッシュルーム) / 胡瓜の変わり浅漬サラダ』。

前者2種は葉っぱ定番中の定番、後者2種はココのトコ連日で載せている品だのぅぅ……。
2だかしかし。今回のピザの具材:ブラウンマッシュルーム!!! コレがもー、友人もびっくりしてくれたくらいすごく美味しかった☆ こんがり焼かれたブラウンマッシュ、味も香りもサイコウ☆ 嗚呼ハマりそうーーー。

そうしてまた美味し楽しい時間を過ごす訳にございますよ。来店感謝、友。また飲もーねー♪

maternity leave

話すと驚かれるコトもありますが。
お花を始めたきっかけもダンスだったりする訳です。
『本番で花束を頂くコトだって多いのに、どうも上手く飾れないなぁ』と、長年思っていたのがきっかけ。

当日~1日後ならまだしも、3~4日経って痛んだ花を抜き始めるともー。
『あ、あれれれバランスが変っっでも直そうと思ってもあれれれれ、なんだか触れば触るほど妙なバランスになって行くーーー』な、収集の付かない事態になっておりやした。
嗚呼、折角のお花が友人のおキモチが。哀。

んな訳でお花を習い始めて2年ちょい。
いつの間にか、食卓に花が無いと淋しさを感じる程になろーとは。自分で花を買ってくるだけでなく、バランスを考えつつ挿せるよーになろうとは。

先生に感謝☆

んで。その先生ですが。
レッスンは今回で一旦中断し、産休に入ります。レッスン再開は10月を目安にしているとのコト。
次回レッスン再開時には、赤ちゃん付きレッスンかぁ。楽しみ☆
----------------------------------
シュトラウスさぁそんなこんなで、一区切りたる今回のレッスンっ。
アドヴァンストコース:『鳥の巣をイメージしたシュトラウス』。

花材:スモークツリー / クレマチス / スカビオサ / 京鹿の子 / アストランティア / ブラックベリー / 瑠璃玉アザミ

ワイヤーネットでスモークツリーを巻き込み、フレームを作る。その中で花材をふんわり自然なスパイラルに組み上げる。
ううう、フレーム入れはニガテなんだよぅ。普通に手の中で組むシュトラウスは割とちょちょいと組めるやうになったノニ。

んでもまぁ、どーにかこーにかふんわり纏まって幸セであります☆
----------------------------------
引きんでそんな本日の居酒屋またたび亭。
アテは『なんちゃってヘルシーピザ / 胡瓜の変わり浅漬のサラダ』。

ぱりぱりチーズのアレンジ版っ、ピザっ。完成させやした!!!

春巻きの皮は2枚重ね合わせ、それを4分の1の大きさに切り分ける。
それにケチャップととろけるチーズを載せ、粗挽き胡椒を振ったらオーヴントースターへgoっ。
焼き色が付いてチーズがとろけたら出来上がり。

寄り基本は上記。具材を載せる場合は勿論ケチャップとチーズの間に。
過積載注意であります。欲張って載せ過ぎると、皮が具の重みに耐えられなくなります。

今回の具材は『エビとほうれん草 / 茄子千切り』。
……しょーじきなトコ、すんんごく美味しい!!! 嗚呼ビールが進むーーーっ、では乾杯っ☆

【6/5(tue)付:後編】よなよなエール、生☆

よなよな『リアル』えーーーーーーるっっっ前編からの続き】

ってコトで。
よなの生ですよ、生! サーヴァーから注いで貰っちゃったんですよっ。しかも今樽を開けたトカっっ。

感想。
うむやはり、缶とは違うナ。
なんかちょいと苦味が薄い?と感じたけれど、あのヤッホー・ブルーイング特有のフルーティな芳香は流石。

ちなみに苦味と甘味のバランスとしては。樽を開けて初日は甘味のほうが上回るけれど、新鮮なフルーティさは開栓直後から段々と落ちてきて、3日目には缶と同じようなバランスになるそーな。賞味期限は樽開栓から3日。

1 pintで1,000円とゆーナカナカのお値段ではありますが、no chargeの上18:00-20:00なら全ビール20% off。
(ちなみにhalf pintは600円)。

よなファンの皆様、神戸界隈に立ち寄る機会がおありでしたら。コチラで生よなが飲めるコトを是非記憶に留められたし☆
----------------------------------
----------------------------------
おべんとそんなこんなで居酒屋またたび亭:仕出し編。『故郷の味弁当』。
『じゅーしー(沖縄風炊込み御飯) / 島豆腐ポーク缶のゴーヤー卵とじ / 枝豆とコーンのサラダ / 茹でブロッコリー / ミニトマト』。

じゅーしーはコチラを使ってお手軽に。『故郷の味』と言いつつ、沖縄料理は1段目のみになっちゃったケド。
----------------------------------
またたび亭んで先日の居酒屋またたび亭。
アテは『ゴーヤーの卵とじ / 海ぶどう / 枝豆とコーンのサラダ / ミニトマト / イクラ』。

なんだか食写真は沖縄風2連発だのぅ。まぁイイや、んぢゃ乾杯☆

【6/5(tue)付:前編】飲んできたよーーーん☆

hima-1ってコトで唐突ですが。

飲んできましたよ、

よ な よ な リ ア ル エ ー ル ☆

----------------------------------
神戸駅徒歩2分のお店で飲めると知り、終業後意気揚々と駆けつける……モノの。
・~・~・~・~・~・~・~・
……えぇと、話は前後しますが。
実はワタクシ、ココ2ヶ月程『ヒトリ飲み』ってのを、たまーーーーにするようになりまして。
えぇ、仕事帰りやらバレエレッスン後(21:00)やらに軽く1杯……ウソですスミマセン、軽く2杯。

hima-2……いや、たまにだってば、たまに! 月に2~3回くらいっ。安いトコにしか行っていないし行けないしっっ。それでいてビールはキリンラガー or 一番絞り or モルツ or ヱビスなトコにしか行かないけどっ。
お疲れな1日を、細やかな幸せで〆たいトキだってあるんだよぅぅっ分かってっっ。

……はぁはぁ。さ、さておいて。
そーとは言っても、『以前来たコトがあって、ちょろっと2杯引っ掛けて帰るのに適していそーな飲み屋』にしか行ったコトが無かったのです、が。
・~・~・~・~・~・~・~・
いざ……今回。
バーかい。小洒落た雰囲気のbarではナイか。ひぃぃコワイよぅぅ、やはり後日友人と一緒に来よーカシラ。

一瞬ドアの前で躊躇したモノの。
やはり、どーしても飲みたい飲みたい飲んでみたいっ。えぇい、行くぞぃっ☆

後編に続く】

ココロのストレッチな1日

6/3(sun)12:30、居酒屋またたび亭に1名様ごあんなーい。

ってコトで、昼から友と飲んでおりやした☆
さて、宴の様子解説であります。
----------------------------------
写真1:左側より。まずは、引っ張ってしまった『胡瓜の変わり浅漬』のレシピ紹介ー。

いざ・~・~・~・~・~・~・~・
【胡瓜の変わり浅漬】
 1.胡瓜を蛇腹に切り、適当な長さに切り分ける。
 2.↑をボウルに放り込み、細かく刻んだコンソメを振る。蛇腹の間にも入るやう。
 3.タバスコも少々。全体に味が馴染むよう、ボウルの肌から回しかけるべし。

分量の目安は、胡瓜1本につき固形コンソメ半粒分、タバスコは10滴程。お好みで調整下されぃ。

コンソメってのがすんごく目からウロコレシピでありました。
オリジナル版ではタバスコではなくスウィートチリを使用していますが、現在スウィートチリを切らしているためタバスコで代用。
和えてすぐでも食べられます。胡瓜のあっさりした旨みが引き立ちつつ、始めはじんわり深く、後味ピリ辛。更に蛇腹のシャキシャキ感が堪りませぬ。
・~・~・~・~・~・~・~・
【ゴーヤーと海ぶどうのサラダ】
ゴーヤーはワタをしっかり除き、薄い半月切りに。しばし塩水に晒して苦味を抜く。
レタスの上にゴーヤースライス・海ぶどう・コーンを載せ、くし切りにしたトマトを添える。
・~・~・~・~・~・~・~・
こら、ろて!【ぱりぱりチーズ】(てきとーな命名だなぁ……)
 1.春巻きの皮の両面に薄ーくバターを塗り、適当な大きさに切る。
 2.軽くくしゃくしゃにした後ゆるく伸ばしたアルミホイルの上に並べ、とろけるチーズを載せて粗挽き胡椒を振る。オーブントースターで10分程、お好みの焦げ色になるまで焼く。

たったそれだけ、なんですが。

……これがビール飲み的に大ヒット。
パリパリの食感とチーズっ胡椒っ。それでいてオナカに溜まらないのでビールと相性抜群☆ 友人も絶賛してくれて嬉♪
お手軽だし、ビール好きな向きは是非是非お試し下さいませぃ。
焼き立ても良いですが、5分程冷ましたほうがパリパリ感が増します。
今回はカマンベールチーズも添えました。
・~・~・~・~・~・~・~・
【鯛のお造り・イクラ・野沢菜シラス】
友からの差し入れ。ありがとうっっ☆
----------------------------------
まだ狙うロテ吉ってコトでさぁ乾杯☆……な訳ですが。

画像取り込んでびっくりした。

なななななにコレ何これ、


 何 こ の 酒 飲 み 全 開 な 食 卓 。


ま、まぁイイや。美味し楽しい時間を満喫した、酔い1日でありましたよ。ありがと友っ。よく笑ったよく話した。さぁまた明日からも頑張るぜぃ。