AX

鯵。昼version、夜version。

ちゃこひまお料理系サイトを徘徊していたら……え゛ぇぇっコレはぷちしょっく☆
ル・クルーゼのブルー。日本では廃盤色に!?

あ゛あ゛あ゛。廃盤の理由は知らないけれど……。
青い器(含:鍋)って、確かに難しい。特に『全面青』は。
『美味しいものをちゃんと美味しそうに見せる青の使い方』って、本当に難しいー。

んでも青バカ:葉っぱ。そんな中でも『青い器・マット・おべんと箱でいても、如何に美味しく見せられるか』も楽しみながら試行錯誤しているのに。ル・クルーゼの青も好きなのにーーーっっっ。

~~~余談ですがこゆコト言うと連想してしまふのが、かの有名な実験(全5ページ)。……さ、さしもの私もアレは無理っっっぎゃぁぁぁぁ~~~

さておいても。
ル・クルーゼの鍋なんぞ、ワタクシには手の出ないお値段でありますが。
……『いつか、機会が巡ってくるコトでもあれば』って憧れは抱いていたんだよぅぅ。

比較的手頃なお値段の『ストーンウェア』の青なら。
びんぼー度50%なコロでも来れば購入してしまふやも知れませぬ。#日頃はびんぼー度80%(個人体感度)
----------------------------------
おべんとさておき。写真掲載は久々となる『またたび亭:仕出し編』、8/31(fri)付。
鯵フライ弁当であります。
副惣菜は『ほうれん草玉子海苔巻 / もやしのベーコン巻 / ミニトマト』。
・~・~・~・~・~・~・~・~・
ムニエルんで、居酒屋またたび亭。
アテは『鯵のムニエル、ホワイトソースがけ』。

だだだだってだって鯵で飲みたかったんだもん飲みたかったんだもーーん。
『鯵とビールって合うのになぁぁ』なんて、お昼からずーっとそう思っていたんだもーん。

食材調達量不足に依り、彩りも不足してしまったのが難点でありますが。
鯵の苦味とホワイトソースのまろやかさでビールが進むっでは今度こそ乾杯
スポンサーサイト

文章ノ流レ

ろて最近たまに、想ふコト。

1.ま、前振りネタが無ひ☆(逆にネタがあるときは載せたい写真が無かったりするし)

2.いや待テ。なんだ『前振り』って。いつから「居酒屋またたび亭」は『ネタ振り & アテ写真 & 作り方解説サイト』になったんだ。
またたび亭、ちょいと前までは「些細な日常の切抜き」がメインだったはず……(以前は料理の写真や作り方は載せていなかったのデスよ)。

3.ででででももぅ。『日常の切抜き & アテ写真と解説』に続き"いざ乾杯"な流れでないと困るのは、実はワタクシ自身っっっ。
もー、「いざ乾杯」以外の文章の〆方がナカナカ浮かばぬーーーっ。
----------------------------------
えぇぃ、もーイイや、んなコトは。10年もサイトやってりゃそりゃ、文章スタイルなんて変わってきて当タリ前。 また何か想うトコロでもあれば、文章onlyな記事をupるコトだってあるだろし。
----------------------------------
引きそんなこんなで先日の居酒屋またたび亭ーっ。
アテは『秋刀魚の生姜煮 / 揚げと水菜の煮浸 / 男前豆腐の冷奴』。
日記としては秋刀魚写真2連発になってしまッタ。
さておいて……。
・~・~・~・~・~・~・~・~・
油抜きしたお揚げは適当な幅に切り、出汁・醤油・味醂を煮立てた鍋に投入。
水菜はよーく洗ってこれまた適当な幅に切り分ける。茎に近い部分から鍋に放り込んでいき、火を止める。これで煮浸の完成。
・~・~・~・~・~・~・~・~・
寄り秋刀魚はワタを除き、酒・醤油・味醂で煮付る。裏返したらレモンを搾り掛け、生姜適量も投入。味を染み込ませるべくしばし冷ましておく。
今回はぶなしめじもフライパンに放り込みました。

そのまま食すも、一度ゆるりと暖め直して食すも良し。

秋刀魚は塩焼きも良いけれど、こうして生姜煮にするとより『酒呑み仕様』と相成ります。
冷酒に合いそうだけれど、ココはやはり葉、ビールで合わせますぜぃw
醤油の香ばしさ・レモンの酸味が染みたしめじも美味っ。入れてみたのは正解デアッタ♪

ではいざ、乾杯っ☆

嬉し楽しい筋肉痛

ひまわり8/24(fri)朝のコト。
ひーーーー遅刻ギリギリーーーっ。

『アノ電車に乗らなきゃ会社に遅刻だっっっ』と、乗り継ぎ駅を駆け抜ける、もの、の。

……い、イテテテ。脚筋肉痛ダ……。
嗚呼、連日の練習が脚にキてるわ。

それでいて上り階段の連続だヨ、もぅっ。只でさえ『ヒール靴で走る』ってナカナカ辛いのにぃ。
階段ダッシュ3本目にはもぅ。脚痛いよイタイよ、上がらないーーー。あ゛ー普段ならもっとすいすいすすーいと駆け上がれるのに。頑張れ私の腸腰筋

よろよろになりながらも駆け上がり、どーにか電車に滑り込む。ぜぃぜぃ、間に合ったぁぁ……。
・~・~・~・~・~・~・~・~・
そんなこんなで。
最近ホント、疲れの抜け切らぬまま次の練習日がやってくるってパターンに陥っているやうな。
ココロはついていくのにカラダがへろへろーーー。

まぁ好きでやっているコトゆえ、楽しいコトは楽しいのだけれどねぃ☆
----------------------------------
引きってな訳で本日(8/25)も通常レッスン2時間を終えて帰宅。
汗をさっぱり流したら、いざ洗濯ダいつもより丁寧目なおそーじダ。

そんなこんなを経まして本日土曜の居酒屋またたび亭。
アテは『焼秋刀魚 / 男前豆腐の冷奴 / 胡瓜ともずくの酢の物』。

寄り秋刀魚は昨年ハマりにハマった『生姜煮』にしよーかとも思ったけれど。
今年初の秋刀魚と相成るわけだし、折角ならシンプルに食材を堪能しよってコトで塩焼きに。
酢の物は前回同様の手抜き版。
では明日も追い込み練習頑張りマス。いざ、乾杯っ☆

奇跡の海へ

今日も終えてきました、ダンスチーム練習3時間☆
つーーーっかれたーーーー、けど、たーーーのしかったーーー。

カッコ良くキメていくラテン(別称『追い鰹』)も渋系ファンクジャズも、壮大な創作も。がんがん踊り込んで参りましたぜぃ。どの作品も大好きであります。

「特に創作のラスト、踊っててすーごくキモチ良いですー」
帰路、師匠との会話より。
「大振りだからかなぁ。皆めっちゃ気持ち良さそーやねん」

雄大に重厚に広がっていく音に、大きく伸びやかな振りもぴったり合っていて。
ラストシーンのイントロ部分に差し掛かってくると、オノレの目が輝き出すのを自覚しているホドでありマス……☆
----------------------------------
蓮根そんなこんなな先日の居酒屋またたび亭。
アテは『蓮根の肉詰 / 胡瓜ともずくの酢の物 / ミニトマト』。

蓮根は適当な厚さに切り、小麦粉を薄ーくまぶしておく。
長ネギ微塵切と合挽き肉をこねたら蓮根の穴及び片面に塗り詰めて焼くだけ。醤油と味醂各少量で、軽く甘辛味に仕上げる。

酢の物は超手抜き版。塩揉みした胡瓜を、カップもずくと和えるのみ☆
・~・~・~・~・~・~・~・~・
ひまろて写真2は掲載の機を逸していた先日の居酒屋またたび亭風景。
『若竹煮 / ほうれん草玉子海苔巻 / ミニトマト/ コーン』であります。
この写真をもって今回のひまろて写真とさせて頂きたく。
----------------------------------
お気に入り写真3は最近のお気に入り。
(一番奥のひまわりお嬢も、ちゃこもろても好き好き☆なのは勿論として解説続行)
手前:ヘアクリップ。仕事中・練習中に、邪魔な前髪を留めておりマス。

奥:友人より頂いた、BODY SHOPのshower gel2種。
ピンクグレープフルーツの香りは元気を後押ししたひトキに。パッションフルーツはゆっくりリラックスしたひトキに。
使う毎に、『やはり香りを楽しむってイイなー』と感じ入る。
レッスンを終えて帰宅したらもぅ23:00っっな本日は紫色:パッションフルーツを選択。
----------------------------------
ではいざ、髪を乾かし終わったし。乾杯っ☆

あれ、また『酒・猫・ダンス』な日記だ。

ひま8/17(fri)は終業後、以前数ヶ月勤めた会社(いや、相変わらず派遣ですが)の酒仲間で宴会。オンナ3人で三宮にて。
派遣先が変わっても宴に声を掛けて貰えるコトが嬉しいし有難ひ☆

このお二人、5月の本番も観に来てくれたのでありますよ。
ちゃんと顔を見てお礼を言えたのも嬉しかったであります。

よく飲んでよく笑いました。表情筋使いまくりw 良い酔い宵でした。
気ゴコロ知れた友とのこーゆー時間って、有難いし素敵だなとしみじみ感じマス☆ ヒトと環境とに感謝っ。
----------------------------------
アテそんなこんなな8/18(sat)の居酒屋またたび亭。
アテは『胡瓜とワカメともやしの酢の物 / 胡瓜の竹輪巻 / ツナとコーンのサラダ / ミニトマト』。

サラダは、ツナ・コーン・玉葱微塵切・セロリの葉の微塵切をマヨで合えて塩胡椒したモノ。
----------------------------------
遊ぼーよー写真3は『ネットばかりしてないで、遊ぼーよぅぅ』なろて君。

PCに取り込んでみて想ふ。
似たような光景、以前にも見たぞ……?(ひまわり版 / ちゃこ版)

へいへい、おいでちゃこひまろて。遊ぼ……ぢゃ、ナク、て。
えぇハイ、お相手させて頂けたら大変光栄に存じます、ちゃこひまろて様……(所詮彼らの下僕な我が身)。

ろては最近ねこじゃらしがお気に入り。釣るとどんどんヒートアップしていきます。
ひまはそれより、撫でコ撫でコされるほーがお好きなご様子。
----------------------------------
さぁて、明日(8/19))晩はまたダンスチーム追い込み練習頑張りまーっす。

bon holidaysの〆

ちゃこ in 箱先ずは、居酒屋またたび亭のボス、故ちゃこっとのお墓参り。
流石に8/15。元々参拝者の多いペット霊園なれど、本日は人の多いコト多いコト。

その、『集う想い』に胸打たれる。そこに存在する想いの数々。
ちゃこも、元気で待っててね。

んで、その後はまな板を新調したり日焼け止めを買ったり。
お盆休みの〆として、ナカナカ充実した良い1日でありました。
----------------------------------
んで、そんな本日の居酒屋またたび亭。
アテは、実は初挑戦となる『カルボナーラ』。

『いやー、好きは好きなんだけど、調理はメンドくさそー。生クリームって一度買っちゃうと、使い切るのがタイヘンなのよねー。それに難しそうってイメージも強いしー……』と調理は敬遠していたのですよ。が。

何ぃっ。生クリーム不使用レシピ!?
それはいつか試してみなくては!

ってコトで。コチラを参照に作ってみやした☆
・~・~・~・~・~・~・~・~・
【カルボナーラ、生クリーム不使用版☆】
スパゲティを茹で始める。
傍らでボウルに生卵を溶き、パルメザンチーズ・黒胡椒も投入。よく溶き合わせておく。
フライパンにベーコン細切り・鷹の爪輪切・オリーヴオイルを熱し始める。じっくり弱火で。

引きんでそのフライパンに、アルデンテ一歩手前まで茹でたパスタを投入。
パスタの茹で汁少量を入れたら強火で一気に炒め合わせる。

頃合を見計らって火から降ろす。『火から降ろして数秒ののち、完全に水分を飛ぶ頃』を目安にしました。
んでそれを、卵液を溶いたボウルに投入。卵を固まらせぬやう、一気にかき合わせる。以上っ。
----------------------------------
寄りんでは頂きますっ。
……美味っっっ。あああ黒胡椒でビールが進むっ(←またコレだ)。

さておいて。
『面倒くさそー』と敬遠していたカルボナーラ。こんな本格派の味がこんなにちゃちゃっと出来るなんて。
それに、洗い物も少ないのが嬉しいっ。またちょくちょく作ってみよっと!

ではいざ、乾杯っ。

からふる酒蒸

ろてーる宝塚雪組「エリザベート」DVD、手元に届きました♪
いやーやはりイイですな。ミュージカルとしてすごく完成された良い作品であります。

それに重ね重ね、闇の手下たちのダンスが良いデス。死のダンスを踊る手下たちも、それを率いるトート閣下も。
フィナーレでのダンス小品集も作品としてすごく惹かれる。私もあーゆーの踊りたいーーーっ。

神戸ジャズダンス界は『横の繋がり』が濃いと、以前にもちょろりと触れましたが。
所属ジャズダンスチームとも繋がりのある某ダンスチームの師匠も、元宝塚男役。
『あーやはりあのチームの作品は宝塚を彷彿とさせるわー』なんて見入ったり。えぇ案の定、ダンスを重点的に観てしまひますw。

タカラヅカをイロモノと捉えて喰わず嫌いになっている方々もいるけれど。
ホント良いですぜ。一度は観てみたら意識もきーっと変わりますぜぃ。
(#しつこいやうですが、くれぐれも演目は選ぶべきかとは思ふけれど、ね。)

練習期間もさることながら、あれだけのハードそうな本番を1日に2本も抱え、それを数週間ほぼ毎日のやうに続ける彼女らの心身的体力にも改めて敬服。
----------------------------------
引きそんなお盆休み中な居酒屋またたび亭。
アテはまたまた思いつき料理。『アサリの洋風カラフル酒蒸し』。

フライパンにバターを熱し、鷹の爪輪切・ベーコン細切りを投入。じっくりソテーする。
そこに、よーく砂を吐かせたのちこすり洗いしたアサリをも投入。
軽く酒を回しかけ、ざく切りキャベツも放り込み、蓋をする。

寄りアサリの口が軽く開いてきたら蓋を開け、もやし・コーンも投入。再び蓋をして、アサリがぷっくり開いたら火を止める。
お好みに調味して出来上がり。
(ワタクシは仕上げに微量の醤油を落とし、黒胡椒を挽きました)

アサリの旨みをたーっぷり吸ったキャベツがじんっわり美味っ。
ではいざ、乾杯っ。

思わぬ副産物

カツオのタタキ幸い、振り覚えは割と早い。
「今までは『7 and 8, 1, 2 and』だったけど、コレを『7, 8 and 1 and 2』へ変更ー!」への対応も早いほう。

#勿論「早けりゃイイ」なんて訳はナイ。けど、早いに越したコトは無い。ちゃっちゃと覚えてしまえば、「ではココでこう表現して」「ココはこんな風に踊りたい」等の段階にそれだけ早く入れるし。全体からして見ても、それだけ早くフォーメイション(立ち位置)練習にも重点を置けるうやうに。

ってな訳で。
「葉、ちょっと練習風景、葉をメインに撮らせてね」「え゛ぇぇ私なんぞで良ければ」

メンバーさんのヒトリが、『家で振りを復習する用ビデオ』をワタクシをメインに撮影。そんな前回の追い込み風景。
・~・~・~・~・~・~・~・~・
ってコトで8/12の追い込み練習時。
「前回はありがとー、葉の分もコピーしてきたよー」「きゃぁぁぁありがとうございます☆」
練習風景ビデオをげっと♪

振りの復習のみならず。「あ、ソコでワタシ伏目になりがちなのか」「あ、あのトキ腕が甘い」等。オノレの練習姿を冷静に見詰める絶好のチャンスに終始するビデオと相成っておりました。
振リ覚エカラノ思ワヌ副産物☆
----------------------------------
その1そんなこんなで、写真は8/12(sun)の居酒屋またたび亭風景。
アテは『さっぱりピリ辛サルサソースのサラダ 』。

フレッシュサルサソース、又はピリ辛トマトマリネとでも言いませふか。作り方はコチラ
たっぷりレタスにセロリの葉・春巻きの皮のぱりぱりを散らし、サルサソースを添えて頂きます♪

その2では、練習ビデオを観ては研究しつつ。乾杯っ☆
(今回もまたコメント1つ目に追記アリ)

イヤイヤ、マサカ……!

自宅最寄のコンビニにて主食調達中、ふと気が付いた。

……アレ? 缶が3列になってる。

『今まで2列ずつ陳列していたのに、やはり夏ゆえビールの陳列数増やしたのカナ』なんて、ビールコーナーを見渡してみた……、ら!

ラガーの500ml缶だけが、3列になっている……!?
#他のビールは2列のまま。ラガーの350ml缶も2列だった……。

ま。ま。まさか、ね。
頻繁に買っていく黒髪ポニーテイルがいるからなんてオチは、いくらナンでも流石にナイ、よ、ね。ね、ね?(半泣)
----------------------------------
アテそ、そんなこんなで本日の居酒屋またたび亭っっっ。
アテは『サーモンオムレツ、グラタン風』。

焼鮭ほぐしと玉葱微塵切を具材にオムレツを調理。
ホワイトソースをかけてほうれん草・パン粉・チーズを散らし、黒胡椒を挽いたらオーヴンへgo!

付け合せはピクルスとレタスを合わせたサラダ。

んではかんp……の前に。
----------------------------------
薔薇ちゃこ with ひまろて本日8/8は葉っぱの日。

つまり。
祝:(故)ちゃこっと誕生日。
祝:葉の神戸歴8年。

んで、祝:ロッティ1歳☆

2月に我が家に来た際、ロッティ君は生後約半年でありました。
ゆえに、もぅ。ロッティの誕生日も8/8に設定致しマス。

ってコトで。
ちゃこひまろて葉で運営中の「居酒屋またたび亭」に、今後も沢山の幸が訪れるやう祈って。願わくば幸を周囲にも放って行けるやう祈って。

いざ、乾杯☆

またしてもーーーーっ。

ホント、忘れたコロに英語で電話が掛かってくる。
もー、心臓に悪いw 一瞬焦るぢゃナイかっ。

意外と落ち付いて、表面上は冷静に対応出来たオノレに拍手w
----------------------------------
引きそんな「ぷち焦りとぷち安堵な数秒」を経て、8/6(mon)の居酒屋またたび亭。嗚呼なんだか平和だなぁ。
さておいてアテは『チリビーンズサラダ / 自家製ピクルス』。

鍋にオリーヴオイルを熱し、鷹の爪の輪切を投入。
そこに玉葱微塵切・セロリ微塵切をだばだばっと入れ、弱火でじっくり炒めていく。

寄り玉葱が透き通ってきたらちょいと火力を上げ、ベーコン細切り・挽肉・ざく切りトマト・豆類(今回はレッドキドニー・ガルバンゾ・マローファットピースを使用)も投入。
挽肉に火が通ったら、塩胡椒・ケチャップ・ソース・チリペッパー・ガラムマサラ等々、お好きな調味料でお好きなよーに仕上げて下され。

セロリの葉とレタスのサラダにはトマトととろけるチーズ、『春巻きの皮のぱりぱり』を散らす。
では、ビーンズソースをかけつつ頂きます♪

・~・~・~・~・~・~・~・~・
ぴくるす箸休め(フォーク休め?)は『セロリ・パプリカ・ゴーヤー・茗荷のピクルス』。

食材は全て、ほぼ同じ薄さの短冊切りに。
んで密閉容器にてこのピクルス液に浸し、粗熱が取れたら蓋をして冷蔵庫へ。半日後には出来上がり♪
----------------------------------
『チリビーンズは確か以前も載せたなぁ』なんて過去記事を探してみたら……。あ。あのトキ載せたものよりも、ちょいとだけ発展しているカモ?

ピクルスも美味っ。フォークもビールも止まらない♪

そんなぷちヨロコビと共に、ではいざ乾杯☆

来たキタ、届きました♪

キターーーーーー!!!

よな専用グラス来たキタ来ましたっ。
『よなよなエール専用グラス』

第1印象。
でかっっっ。

んで、重っっっ。
かなーりどっしりしたグラスにございます。

だって見て下さいよ、『居酒屋またたび亭びあぐらすレギュラー陣』との比較(写真右下)。こんなにしっかりしたグラスがセットでついているとは。

では、先ずは一杯っ♪ 頂きまーす☆
----------------------------------
アテってコトで改めてアテ解説。
本日の居酒屋またたび亭、アテは『エビマヨ / 貝割の紫蘇ハムチーズ巻』。

エビは殻を剥いて背ワタを除き、塩胡椒。片栗粉を塗し、余分な粉ははらう。
んでサラダ油を熱したフライパンに投入。

この間にソースを合わせておく。
ボウルにマヨ・ケチャップ同量を合わせ、牛乳少量を少しずつ投入。解き合わせる。

ろてーるエビにある程度火が通ったら野菜類(今回はほうれん草を使用)も投入して炒め、火を止める。
合わせておいたソースを回しかけ、絡ませる。以上っ。
----------------------------------
これ、ひまろて、退きなされ。
んじゃ、他のグラスは片付けて……っと。では改めて、頂きまーす♪

over the rainbow

追い込み練習日程、続々と追加ー♪
フフフ。やはりこー来なくちゃ☆

次回参加するチャリティ舞台。昨年よりもRチームの持ち時間が長くなるそーです。30分間舞台を占めるって、結構な規模の本番になるよのぅ(しかも良いホールで踊らせて貰えるのですよコレがまた☆)。
ゆえに勿論、出品作品数も多くなりますぜぃ。今回は8作品っ。ワタクシはうち3作品に出演しまーす。

水曜夜のレギュラーレッスン後は「前回あの曲、振り進んだ? えぇぇぇムービー撮らせてっっ」「あああっ、じゃぁワタシも撮って欲しいっ」やらナンやら、きゃいきゃい騒いで解散。
"踊るオノレの姿"を携帯電話で再生しては、振りの再確認をしたりセルフダメ出ししたりな日々であります。
----------------------------------
おべんと8/1(wed)のまたたび亭仕出し編。
『スパイシーオムライス;チキンのホワイトソース和え弁当』。

『チキンのホワイトソース和え』は前日の取り分け分。ちょいとカレー粉を振って再加熱、冷ましておく。
サフランライスとソース(具)は薄焼き玉子で区画し、オムライス気分で頂きまーす。
----------------------------------
アテんで、8/2(thu)の居酒屋またたび亭。
アテは『水菜ともやしと揚げの煮浸 / 貝割の紫蘇ハムチーズ巻 / 煮豚』。

煮浸は相変わらずの大好物。んで、貝割(ryも葉定番の品。
『ネギの青い部分と共に、灰汁を取りつつ弱火でコトコト1時間』な豚肉は、煮豚として2切れ食してみるコトに。辛子を添えて頂きます。

ではいざ、乾杯♪

====================
over the rainbow#写真3は especially for yokoさん(@mixi)。
ちょいと前の撮影。スーパーからの帰り道、『あっ虹が出てる!』と慌てて携帯電話を構えたゆえに撮影は荒削りですが……。

雨の余韻たる湿度を含んだ空気を、キラキラした輝きへと変え湛え。虹がかかるのって素敵でありますな。