AX

でぃせんばー。

大好きな月のヒトツ:11月も終わります。もう12月ですよ12月っ。
(*大好きな月:だってだって、Novemberですよ、のぅう゛ぇんばー。ねぇねぇ、『飲兵衛bar』と聞こえなくもないよね、ねねねねね?)
早いよ早いよ、もう今年も終わっちゃうの!? 早いよーーー。

12月~1月・2月頃までは、ちょこちょこと予定が立て込みそうなので。
早めに『2009年総括』でも書こうかと思ったけれど、ヤメました。流石にソレは気が早過ぎるw。
----------------------------------
そんなこんなな先日の居酒屋またたび亭。
アテは『鶏ときのことブロッコリーのシチュー』。

玉葱はスライスし、バターと共にフライパンへgo。弱火でじっくり炒めていく。
そこにエリンギや鶏も投入、炒め合わせる。味付けは塩, 胡椒, チキンコンソメで。

したらば一旦火を止め、少量の小麦粉を投下。粉を具材に絡め合わせる。
少量の牛乳投下→コンロ点火→数回に分けて牛乳を投入、頃合を見てブロッコリーも投入。
調味しつつ、とろーり煮込んでいけば完成っ。

ではいざ……あれ。

あっぷ全体

♪ぴゃーらーら らーらー(携帯電話着信音)
もしもーし。はーい。あ、遅くなる? 今日飲んでくるコトになったのか。了解ーぃ。
あ、帰りに粒コンソメ買ってきて下されぃぃぃ。

ってな訳で。
のんびりシャワーを浴びて髪を乾かしたら。
飲みながらネットでもしつつ、のんびり待つとしませうか。

saladひまろて


ではいざ。
乾杯☆
スポンサーサイト

ぐりゅーう゛ぁいん / すき焼き風煮込み

つかそもそも、ドイツのワインも美味しいのよ、ちゃんと探せば美味しいのよ。「ドイツワイン = カッツ」なイメージが強いから、「ドイツワイン即ち激甘」という偏見もあるようだけれど。

ぐりゅー(白)そんなこんなでね。ね。
グリューヴァイン。これもまた感動モノ。

「只の温めたワインでしょ?」なぞ言うなかれ。
「飲んだコトあるよー、激安居酒屋で。でろでろに甘いw」言うなかれ。

ちゃんと選んだグリューであれば。
種々のスパイスが絡み合い広がるように香り立って、そりゃもう華やかで深くて、えぇそりゃ、もー! 感動級の美味しさなのですよ。

特に。
カラダの芯から冷えて冷えて、歯の根元やら内臓やら骨やらまでガチガチと凍えそうな夜には、是非お薦めしたいモノであります。

……『今年もグリューの赤、入りましたよ♪』なんてお電話頂いたコトですし。
えっへっへー、買っちゃおうカナ買っちゃおうカナ、買っちゃ……ったよーんよーん。
これでこの冬のまたたび亭に、華やぎを添えちゃうぞー♪っと。

あああ、届くの楽しみ☆
----------------------------------
そんなこんなな先日の居酒屋またたび亭。
アテは『豆腐と白菜たっぷりの、すき焼き風煮込み』。

酒, 味醂, 醤油を煮立てる。葉版は相変わらず、味醂と醤油は控え目に。
そこに豆腐, 糸こんにゃく, 白菜の芯, 牛肉, 白菜の葉の順に具材を放り込んでいくのみ♪
ことことじっくり煮ていきます。

煮込みましたよそいました

長ネギがあれば入れたかったなー、かなり合うだろうなー。

相変わらずの『味醂, 特に醤油は控え目!!!』版なので、すき焼きほどキツイ味ではナイです。じんわり系。
ゆえに、水溶き片栗粉を回しかけてトロミをつけても美味しそうな出来♪

とまとまりねひまたん

ではいざ、乾杯☆

あっさり照焼き

ろてーるひまたん

本日より11/30まで、ちょいと余所のオフィスで勤務するコトになりまして。で。

先方:「葉さんはおタバコは?」
葉:「基本的には吸いません。」
「すみません、このオフィスなんですが、『名目上、一応は』分煙という状態なんですよ。大丈夫ですか?」
「ええ、大丈夫ですよー。」
「まぁ、モクモク煙るって程ではないのですが」
「ああ、言っても居酒屋レベルですか? 大丈夫ですー。」

……なんて言いつつ気が付いた。
なんだ居酒屋レベルって。なんだその比較基準。

……嗚呼。
----------------------------------
そんなこんなな先日の居酒屋またたび亭。
アテは『鶏のあっさり照焼き』

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
照焼きとは、わたくしにしては珍しい選択であります。
TVで鶏の照焼きを作っていたのを観て、なんだか急に食べたくなった訳ですよ。

TVでは勿論モモ肉で作っていましたが。そりゃモモ肉で作るつもりでしたが。
スーパーに行ってみたら、この日はムネ肉特売日でした。ってコトで、急遽ムネ肉での調理に変更っ。
・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
鶏はフォーク等でところどころに穴を開け、身の厚い部分は開いておく。んでもって塩, 胡椒。
それを酒, 酢, 味醂, 醤油等を合わせたタレに漬け込む。
漬け込みダレの比率は勿論お好みで。葉版では酒, 酢が多く、味醂は少な目で、醤油はかなり少な目。ムネ肉の淡白さを補うべく、白だし, 顆粒出汁の素も加えてみました。

しばらく漬け込みましたら。
「味醂 & 醤油 & 生姜」を合わせたタレを絡めつつ、漬け汁も投入したりしながら両面を焼くのみっ。

お肉を盛り付け、漬け汁をとろり煮詰めたソースをかけまして……っと。
『トマトとチーズのポテトグラタン, コールスロー』(←作ってくれた)を添えましたら。では。
・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
照焼き、あっぷ照焼き等

見た目こそごってり濃いですが、実際は『あっさり派に是非是非お勧めしたい照焼き!』と相成りました。
ムネ肉のパサつきも軽減されつつ、あっさり淡白な身に濃い目のソースが絡んでよく合いまする。
グラタンもほくほくとろーりで美味っ。味付け薄めなコールスローも合う合うっ。あああビールが進……

ではいざ、乾杯☆

【Nov 09 : Kobe, day 3】舞台芸術表現の探求

【お調子ノリ♪:レッスン開始前】

師匠「K君、葉のことは知っとぉ?」
葉「直接お会いするのは初めてですねー」
K君「知ってますよー、めっちゃ上手い人ですよね」 葉「 な ん て イ イ 人 ! ! ! 」

……ええ、滅茶苦茶単純ですが何か?w


【ぎゃぁぁぁ:レッスン開始】
そんなこんなでレッスンスタート。
バレエストレッチ→筋トレ→振り入れな流れ。

大御所様「筋トレ中の葉の呻き声、懐かしいわー」 葉「ぎゃぁぁぁぁ」(←崩れ落ちる)

……え、えぇ。カラダは柔らかいけれど、筋力が弱いのは相変わらずです。泣。

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
基礎トレ後はガンガン振り入れして貰って、全身で表現しまくってきて。
レッスン後、師匠とお茶を愉しんだあとは、新神戸に向かいます。

〆に2杯飲みまして。
では、新幹線へ。

----------------------------------
【今回のお土産】
ケルン初回はDONQ、前回はイスズベーカリー、そして今回はケルンのパン。
ハードトースト『白馬』、チョコッペ、ゴルゴンゾーラチーズのパンを購入。

炭酸せんべいあと、有馬温泉で買ってきた『炭酸せんべい』。直径約8.5cm程。
見た目はゴーフル。んでも、ゴーフルよりもパリパリっと硬くて、お茶請けにも良し、勿論ビールにも良しっっっ♪

ではいざ。
乾杯☆

ひまろて01ひまろて02

【Nov 09 : Kobe, day 2】紅葉の有馬:後編

紅葉を愉しみ……

Arima 13Arima 14
Arima 15Arima 16
Arima 17Arima 18
Arima 19Arima 20
Arima24 (nene_01)Arima 25 (nene_02)

温泉で心身をのほほんのんびり癒したあとは。

で、ではいざ。
乾ぱーーーいw

Arima 22(瓢箪)
Arima 21(beer)Arima 23(lunch)

三宮に戻ってきて、更に杯をあげて。

へろへろになってホテルへ。

んでは、お休みなさいませぃぃぃ。

【Nov 09 : Kobe, day 2】紅葉の有馬:前編

本日はぷち旅行っ。
行きます、有馬っ。

先ずは紅葉を愉しみ……

Arima 01Arima 02
Arima 03Arima 04
Arima 05Arima 06
Arima 07Arima 08
Arima 09Arima 10
Arima 11Arima 12

【Nov 09 : Kobe, day 1】移動してレッスン受けて、ではいざ乾杯っ。

Kobe Airport着いたっ。神戸空港っ。
行くぞっ。レッスン!

ってな訳で。

空港からダンススタジオへ直行、がんがん練習。
あああキモチ良カッタ☆ こういうスロー作品(バラード系)も大好きっ。


その後は勿論っ。


たぱすではいざ、乾杯☆


スペインバルにて楽しーく飲んだあとは。
移動疲れを癒し、明日に備えるべく就寝。

お休みなさいませーぃぃぃ。

またまた、行ってきます☆

えぇとまぁ、そんなこんなでですね。
前回の本番の写真を選んで注文するため、明日からまた神戸入りしますよっと。
うひょひょひょ、またレッスンも受けてくるよーん。またスタジオで練習しまくってきます☆
----------------------------------
そんなこんなな先日の居酒屋またたび亭。
アテは『きのこグラタン / お揚げともやしと鶏のおばんざい / とろーり煮込み焼豚』

おばんざいは、要は葉定番の煮浸し。今回はとにかく具沢山で調理してみました。
煮汁はかつおと昆布の合わせ出汁 & 味醂 & 醤油で構成。但し『出汁を効かせ、醤油と味醂は極少量』な関西味を死守。
おばんざい等具材は油揚げ, もやし, 鶏モモ, 白菜。

煮浸し調理の傍らでグラタンの準備。
冷蔵庫内で出番を待っていたペンネの挽肉炒めを活用。
先日作ったホワイトソースの余剰分も利用し、ペンネの上からソースをとろーり。
パプリカパウダーを振ったら、熱しておいたオーヴンへgoっ!

煮込み焼豚は、先日作ってくれたものの余剰分。温めなおしましたら。

ではいざ、乾杯☆
・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
で、ついでと言ってはナンですが。折角のこのタイミングなので。
過去の料理写真のうち、未掲載のままとなってしまっていたものより抜粋ー。

ぶるすけった・ブルスケッタ、トマトマリネ添え
こんがりとトーストしたフランスパン(クッペ)に、葉定番品のひとつ、トマトマリネを添えました。
オリーヴが効いています。味の引き締めと彩り向上に大貢献☆

ろーすとびーふ・ローストビーフ
作ってくれました♪ 得意料理のひとつだそーで。
加熱方法は、フライパン & オーヴン & 余熱。
じんっっっわり美味しーい! ぺろっと食べちゃいました。
・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
ではいざ。
練習着も詰めた、ジャズダンスシューズも詰めた。行ってきますぜーぃ。楽しみっ♪

ではいざ、乾杯☆

あの広告、気付いたら読み入っちゃってるのよねぃ。

そうだそうだ、にゃんこーずのカリカリ買って帰らなきゃ。
(↑普段はネット通販で買っているけれど、今回は購入がギリギリになっちゃった)

ってな訳で、ペットショップへ寄りまして……あっコレ可愛いっ!

オレのか……?オレのじゃないのか……?

レジ横の「ついでにボクも連れて帰って」作戦に、ものの見事に引っ掛かってしまひました。チュッパチャップス形、犬用おやつ。
犬飼いさんへのぷちプレゼントにしよっと♪
・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
大人たばこんでもって帰宅……あれ? なんだろ、この郵便物。あ、もしかして!

以前、なんとなーく応募してみた、大人たばこ養成講座のストラップ。当たりましたー☆

私が使うか、スモーカーにプレゼントするか。ちょいと悩み中。
ってか、こんな形ゆえに。ディスプレイに使うほうが映えるかしら。
----------------------------------
とまあ、そんなこんなで先日の居酒屋またたび亭。
アテは『チキンドリア / コールスロー / 大根のピリ辛醤油漬け』

玉葱を炒め、途中しめじも投下。じっくり弱火で火を通す。
したらば鶏も投入。鶏はフライパンの向こうっかわに寄せ、火力を上げて炒める。

一旦火を止め、小麦粉を絡め合わせたら牛乳を少量投下。中~弱火で滑らかに練り上げる。
あとは、牛乳を数回に分けて投下。コンソメも溶かし込み、お好みの加減に煮詰めるのみ。

んでもって。
グラタン皿にバターを投下、レンジで温める。
そこにターメリックを溶かし込み、ご飯を入れて絡める。これで手抜きターメリックライスの出来上がり。

んで。
ターメリックライスの上からホワイトソースをとろーりたっぷりかけましたら。
チーズを載せて、熱しておいたオーヴンへgoっ!
・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
頂きます☆このままだと野菜が足りないーってコトで、余り野菜のキャベツも使用。
ホワイトソースに千切りを入れ、ご飯とソースの間にも微塵切りを入れてみました。

では。
冷蔵庫で寝かせていたコールスロー、大根の醤油漬け(←作ってくれた)を添えまして。

ではいざ、乾杯☆

煮物はやはり、2日目でしょ2日目っっ / とろっとろの煮込み……

ひまたんひまたん、ベッド下収納スペースにて。
カメラ嫌いゆえ、ちょいとムッとしています。お嬢様、お耳っ。お耳後ろに向けて立てないでっ。すぐ撮影やめるからー。

ろてーる対するロテ君。カメラ大好き。
カメラのストラップに釣られています。

窓越しの日差しは暖かい、そんなとある初冬の休日。
----------------------------------
ってまあ、そんなこんなで先日の居酒屋またたび亭。
アテは『肉じゃが, the 2nd day / 煮込み焼豚 / コールスロー』。

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
肉じゃが, the 2nd day肉じゃがは折角なので、ちょいとだけ味も変えるべく。白だし, 創味のつゆ各微量を追加し、再度火を通す。
更に、彩り及び食感のアクセントとして、軽く下茹でしておいた大根の茎も投入。

煮崩れ始めたじゃがが、各具材にとろとろーに絡まりまして。
ああそりゃもー、煮物万歳☆な味でござひますよ。寝かせた煮物万歳っ。ほっこり幸せ☆
・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
とろっとろの焼豚, 丸ごと玉葱, 大根, 人参♪更に。
とんでもなく美味しいモノが登場してしまひました。

『とろとろ煮込み焼豚』。
圧力鍋でちゃちゃっと作ってくれました。
とろとろの焼豚は勿論のことっ。
お箸ですぅっと切れちゃう丸ごと玉葱!!! じんわり染み込みまくりの、とろーーーり甘い玉葱。ああもう幸せ☆
・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
コールスロー味の馴染んだコールスローと共に……


ではいざ、乾杯☆

素材の味を活かして、じんわりほっくり

かれんだー注文していたにゃんこカレンダーが届きましたー☆
B4版と、ポストカードサイズ版。

素朴で暖かな絵柄に、ココロほんわり。
使っていくの楽しみでーす♪
----------------------------------
そんなこんなな先日の居酒屋またたび亭。
アテは『煮汁たっぷり肉じゃが』。

お肉は、冷蔵庫内で出番を待っていた豚スライスを使用。しばし酒に漬けておきます。
んでもって、醤油の濃ーい関東味ではなく。
相変わらず、出汁がじんっわりの優しい関西味でいきます。
・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
玉葱, 人参を中火で炒める。傍らで肉も炒める。これはさっと強火で。
玉葱等のお鍋に、肉、更にじゃがも投下。ざっくり炒め合わせる。
したらば出汁適量と酒少量を投下。
洗っておいた糸こんにゃく入れ、煮立てつつ灰汁を取る。

煮立ったら蓋をして弱火で約10分。
微量の味醂を投下し、更にあと5分。
そうしたら微量の醤油も投下。蓋はせず、煮汁を具材に絡めつつ5分程火を通す。以上っ。

出汁には、最早葉っぱ和食には必須の「かつおとこんぶの合わせ出汁 顆粒」を使用。
また、「醤油」と表記しつつ、実際はこれまた葉和食に欠かせない「創味のつゆ」を使っております。
(醤油より味が優しくまろやかになるし、彩り的にも塩分的にも断然創味のほうが好き)
・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
編み編みでは。
またしても、『煮物系は冷めていく間に味が染みる』を念頭に置きまして。
髪を乾かすなり掃除するなり、編み物するなりモンスターを狩る(or モンスターに狩られる)なりします。

んでは。
食べる前に軽く温めなおし、パセリ(絹さやもインゲンも無かったのが悔やまれるっ)を散らしまして。
にくじゃが、第1日目作ってくれた『コールスロー, おつまみペンネ』を添えましたら。
(↑コールスロー : 塩, 胡椒, 白ワイン, マヨネーズetc, etc.で和えたそうな。ホントに美味しいっ。)

ではいざ、乾杯☆

オリーヴ美味しっ。一欠けでビールが進m(ry

ろてーる先日のコト。
「あ、そーだゴメンっ。謝んなきゃイケナイことが」
「ん? どーしt……今度は何割った?」

い、いや、あの。
今度は食器を割っちゃったんじゃなくて……。

ってかてか、そんなに割ってないよ、この10ヶ月で2コじゃないか、グラスを2コ……。

……嗚呼。

(解答:フライパンを引っ掛けていたS字フックをすっ飛ばしました。行方不明です。ゴメンナサイー。)
----------------------------------
そんなこんなで先日の居酒屋またたび亭。
アテは『煮浸し風つくねのスープ, 鶏のトマト & グレープフルーツソース, グラタン』。

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
すーぷ油揚げは適当な幅に切り、油抜きしてきっちり絞っておく。
餃子調理時に小分け冷凍しておいた合挽きつくねを解凍。

出汁, 味醂、創味のつゆを煮立て、つくねとお揚げを投入。
頃合をみて、白菜や長葱, もやしも投下。

毎回ながらのこのコトバとなりますが。
煮物系は『冷めていく間に味が染みる』を念頭におきまして。
火を止めたらスープはしばし放置。鶏肉を焼きます。
・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
とり鶏は塩, 胡椒し、両面を焼く。
白ワインを振ってしばし蓋をする。今回の葉っぱ作業はココまで。

ソースは調理してくれました。
冷蔵庫で保存していたトマトマリネをベースに、フライパンに残った白ワインソース等々で調味し、大葉千切りとオリーヴを絡めたモノ。
・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
グラタンは、先日の余剰分。こんがり焼けましたー☆
(焼成待ちの間に、煮浸し風~に再び火を入れるべし)
----------------------------------
統一性がナイ?
すみませぬ、冷蔵庫掃除も兼ねてしまひまして……w

と、ともあれ。

ではいざ、乾杯っ☆

さけさけさけっ。さけっ。

ぱじゃまパジャマを新調☆
色もデザインも、ナカナカのお気に入りですー。
----------------------------------
ってまあ、そんなこんなで。

なんだか急に鮭が食べたくなったのです。です。
しんぷるに塩焼きやムニエルもイイけれど。
それだとボリュームが足りないって言われるだろうなー、どうしよっかなー……。
・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
ってコトで先日の居酒屋またたび亭。
アテは『鮭とブロッコリーとじゃがいもの簡単グラタン』。

さけぐらたん……今回もまた、『ちゃちゃっと作ってのんびり飲むぞ♪』版です。
しかも牛乳を切らしているので、ソースレスグラタンで行きます。

先ずは、じゃがとブロッコリーを茹でる。
その傍らで、塩, 胡椒した鮭をバターでこんがり焼く。

鮭が焼きあがるのを待つ傍らで、じゃがに塩, 胡椒を振る。
ボウルにマヨネーズと白ワインを合わせ、そこにじゃがを投入。絡め合わせるべし。

したらば、耐熱皿に鮭, ブロッコリー, じゃがを載せ、軽くマヨを絞りチーズを振りまして。
トースターで焼き目を付けたら出来上がり☆
・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
ブロッコリーとじゃがが微妙に残ってしまったため、サラダに流用。
じゃがは荒く潰し、千切りキャベツの上にとろーり載せる。んで、ブロッコリーを添えるべし。
・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
って、コトで、結構なボリューム系グラタンだよ。ん? それでももぅちょい欲しい???

ぱすたってな訳で。
『ブロッコリーとベーコンと大葉のパスタ』。作ってくれました。

(流石にグラタンのうち1皿は、翌日に持ち越しでありますw)
----------------------------------
ではいざ。ああ、こんがり鮭とホックリじゃがの取り合わせが幸せ。ブロッコリーの茹で加減も上出来っ。
パスタも、オリーヴと大葉がそれぞれ味を引き締めてくれて、めっちゃ美味しい♪

ではいざ、乾杯っ☆

今回も目標は、『早くて安くて、美味し楽しい』

あっ、あれっ!?
お疲れ様ー、今日は帰り早かったのか。オナカ空いてる?
うん、じゃー急いで作るねー。
----------------------------------
ってな訳で先日の居酒屋またたび亭。
アテは『ホワイトソース & ミートソースグラタン, トマトマリネ』。

ホワイトソースは、何度かご紹介しております『時間短縮テクニック編』で調理。
 1.バターと玉葱スライス, ベーコンをフライパンに投下。じっくり弱火で炒める。
 2.玉葱が透き通ってきたら一旦火を止め、小麦粉を少量投下。
 3.粉を玉葱に絡め合わせたら、牛乳も少量投下し、再び火にかける。
 4.ダマが出来ないようにかき回しながら、牛乳をあと2~3回に分けて投入。塩, 胡椒, コンソメ等で調味し、お好みのトロミ一歩手前まで煮詰めるのみっ。
・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
#ホワイトソース調理の傍らで仕上げておくコト:
 1.マカロニを茹でる
 2.グラタン皿に薄くバターを塗る
 3.小分け冷凍済みのミートソースを解凍する
・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
したらば。
グラタン皿にマカロニを敷き、ホワイトソースとミートソースをとろーり載せまして。
トースターで焼いたらグラタンの出来上がり☆
(焼成待ちの間に調理器具を洗って、テーブルセッティングもすべし)

まりねぐらたん

ひゃっほー、間に合ったよーん。
玉葱を切り始めてからココまで、15分で完了よっ。
 ・本日の嬉♪:「あの短時間で美味しいソースが作れるのって凄い」
  (すみません、たまには?調子乗らせて下さひーーー)
 ・本日の『嗚呼』:「写真ヘタだなー」
  (た、確かに最近、写真の腕が落ちた気が……)
・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
ひまたんで、ではいざ。
仕込んでおいたトマトマリネも添えまして。

ではいざ、乾杯☆

ピンクッションとバンブーの投げ入れ

近所で見つけた、超激安花屋さん。
もーホントに安い。信じられない程安い。
お花の種類はそんなに多くないし、入荷数も不安定だけれど。それが逆に「今日は何があるかな♪」と楽しみに。
ってコトで、ちょくちょくお世話になっております。

ピンクッション、アップ
ピンクッションとバンブーの投げ入れ今回はピン・クッションとスパイラル・バンブーを購入。
ピン・クッション:70円、スパイラル・バンブー:80円ですよ、ええ、そりゃもうっ。
(#参考:都内で確認しましたピン・クッションは1輪 525円デシタ)

今度は鉢植えを買って来たいなーと思っています。
狙うはグニー・ユーカリ。1鉢 100円だったかな。にやり。
----------------------------------
そんなこんなで先日の居酒屋またたび亭。
アテは『野菜たっぷり豚肉サラダ, 水餃子, ブルスケッタ』。

先ずはブルスケッタに添えるトマトソースの仕込み。
トマトは湯剥きし、タネを除いてざく切りに。
塩, 胡椒, オリーヴオイル, レモン汁, タバスコ各適量を振り、しばし冷蔵庫で寝かせておく。

鶏ガラスープ顆粒を切らしていたため、水餃子は和風スープにて頂くコトに。
以前冷凍保存しておいた餃子を利用。
和風出汁, 味醂, 醤油を火にかけ、解凍した餃子, もやし, 水菜を頃合を見て投下するのみ。

豚スライスは塩, 胡椒, 小麦粉を叩き、ごま油で焼く。
その傍らでモヤシとキャベツを軽く茹でる。
野菜のお湯を切ったら器に載せ、豚肉, 水菜を散らす。梅干を載せたら出来上がり☆
今回は醤油とごま油のドレッシング(←作ってくれた)で頂きます。

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
では。ブルスケッタに、トマトマリネとブラックオリーヴを添えましたら。

ぶるすけった頂きます

ではいざ、乾杯☆

コレ作ったのって、一体何年振りだろ。

珍しく休日が重なった我ら。
折角だから、ちょいと時間のかかるモノでものーんびり作ってみるかぃ? 普段は15分前後でばばっと仕上げているしねぃぃ……ってコトで。

作ってみましたよっと。
餃子♪
(『時間のかかるモノ』とか言いつつ、皮は市販のモノですw)

0102

野菜類を大量に微塵切にして、大量のタネを練り練り練って、ノーマル版やら紫蘇入り版やら作ってみて。
んであとは、手分けしてぱっぱと包むべし。ちゃちゃっと52個出来ましたw

んでは。
焼いて蒸してごま油たらして、水で溶いた小麦粉をまわしかけて。
そんな風に焼き焼きしつつ、乾杯ーーっ☆

#余剰分は、焼かずに冷凍しましたー。

0304


添えますは白菜の浅漬。箸休めとして作ってみました。
白菜はざくざく切って塩揉みし、ぎゅぎゅっと絞ったら昆布茶と創味のつゆ各適量で和えるのみ。

と、マッシュルームのガーリックバターソース(←作ってくれた)も添えて。


ではいざ、改めて。
乾杯ーっ☆