AX

で、ついにメガネを新調っ♪

ちょ……も、もぅ限界。

お目々イタイ。

この3日間ばかり、ずーっと耐え続けてきたけれど。もぅ無理、もぅこれ以上は無理ーーーっっっ。
・~・~・~・~・~・~・~・~・
そんなこんなで。初めて会社でメガネ姿を晒してしまったのが、この前の金曜午後。
(普段、日中はコンタクトレンズを愛用しております)

このメガネ、最近不評なのよね……だからギリギリまで我慢していたけど……今後ちょくちょく、会社でもメガネをかけるコトになっちゃうかもな。
それに「メガネは、基本的には家の中でしか使いません」なスタンスでいたから、実は10年も度を調整していなかったコトもあり。いい加減に替えなきゃと思ってたし……。

めがねーってな訳で。
買っちゃいました☆

うふうふふ。
ナカナカのお気に入りであります♪
---------------------------
そんなこんなな先日の居酒屋またたび亭。
アテは『キウイとブルーチーズのサラダ / 鶏のトマトスープ煮込み』

ブルーチーズのサラダ・キウイとブルーチーズのサラダ
担当:葉。葉?
具材はレタス、玉葱スライス、キウイ、ブルーチーズ。
えぇと、ドレッシングどうしようかな……って、あ、また作ってくれちゃう?
ってコトで、ブルーチーズと豆腐のドレッシングを作って貰っちゃいました。

鶏トマトスープ・鶏のトマトスープ煮込み
担当:彼氏さん
具材は鶏ムネ肉、トマトソース(先日の余剰分)、玉葱、エリンギ。
圧力鍋で一気にトロトロに仕上げます。

・~・~・~・~・~・~・~・~・
全体ーではいざ。
あああ、このブルーチーズとキウイの取り合わせが堪らないっ。ドレッシングも絶妙。お箸ならぬ、フォークが進むっ。
じんわりトロトロの玉葱と、キノコの風味が溶け込んだトマトスープも美味しっ。さっぱりした鶏ムネ肉によく染みます。

ではいざ、乾杯☆
スポンサーサイト

地味でいてハードでいて楽しい、相変わらずな日々の再来

himarote-01himarote-02

最近またまた、どっぷりとアクセス漬けです。MS Accessと、エクセルデータベース関数。

テーブルをデザイングリッドに放り込んで、リレーション組んで抽出条件書いて、えーとこのクエリは今後も使いそうだから保存しといてー……(sample)、んでexcelにエクスポートしてココを参照先として……等々、ぶつぶつ言いながらがちゃがちゃとキーボード叩いているのは、地味なれどそれでいてめっっちゃアタマも神経も使うけれど、楽しいです。
---------------------------
そんなこんなな先日の居酒屋またたび亭。
アテは『じゃがいもと豚肉と白菜のソテー / トマトソースの洋風そうめん』

・じゃがいもと白菜のソテー
担当:葉。
じゃがいもは薄いいちょう切りにし、多めのオリーヴオイルでじっくりこんがり。
焼き焼きの傍らで白菜をざく切り。
芯の部分→豚スライス→もやし→白菜の葉の部分、の順にフライパンに投下。ざくざくっと炒め合わせるのみ。

・トマトソースの洋風そうめん
担当:彼氏さん。
トマトソースは、生トマトとコンソメで作ってくれたモノ。トマトの酸味と旨みを引き出しまする。
茹で立て素麺に添え、彩りにパセリを散らして頂きます☆
そてーそーめん

・~・~・~・~・~・~・~・~・
旨みを染み込みに染み込ませた、じんわりトロトロのじゃがが美味しっ。
トマトソースも、フレッシュな酸味と深いコクが堪りませぬ。

んではいざ、乾杯☆

またたび亭近況

そうそう、ちょいと前にmixiボイスでもご報告致しましたが。
ついに買っちゃったのですよ、PSP。
(今まで使っていたのは、お借りしていたモノ)

PSP色はコチラ。
青バカ:葉っぱが、珍しくも青より惹かれてしまった、落ち着いた深いグリーン。

さぁ。

狩ーーるぞーーー☆
---------------------------
そんなこんなな先日の居酒屋またたび亭。
アテは『

ここ数日、「終業後スタジオへ駆け込み、バレエとジャズを1時間ずつ受けたら帰宅は22:00。それからシャワー浴びて髪を乾かしたらもぅ22:30だよーーーん」な生活とが続いておりました。
ってな訳で、またまた作って貰ってしまった……最近作って貰ってばかりだなぁ。
・~・~・~・~・~・~・~・~・
・トマトと豆腐とレタスのサラダ
醤油ベースのドレッシング(←も作ってくれた)が合う合う合う。
沖縄で買ってきたスーチカー(豚の塩漬け)の細切りも、絶妙なアクセントに。

・昆布茶の和風スパ
昆布茶風味がシンプルに美味しっっ。海苔も効いてる。

saladpasta

・~・~・~・~・~・~・~・~・

……と、もう1枚おまけ。別の日の居酒屋またたび亭。
アテは『オムライス』。

omulet rice一応、合作。
ベシャメルソースは葉担当。
更に薄焼き玉子を焼こうと思っていたものの、玉子焼き係りの座はお譲りするコトに相成ってしまひました。まぁ仕方無い、このヒトの作るオムレツはホント美味しいんだし。

チキンライスにほわほわのオムレツを載せ、とろけるチーズを散らし、ベシャメルソースをとろーりかけましたら。

ではいざ、乾杯☆

【1/24(sun)付:後編】The Role of the Dice / またたび亭風景

【前編より続く】

『行ってみようって、きっとイメージ変わるから』とは、たまに言われていたし。
そりゃ、昔々の元々はAscot Gavotteみたいなモノみたいなモノ(……)でもあったはずだし。
折角近くまで来ている訳ですし。時間もあるし。
・~・~・~・~・~・~・~・~・
ってコトで、寄ってきました。東京競馬。

0102

つか、広いっっっ。施設広すぎなほどだよーーー。それに意外と綺麗。フロアによっては本当に綺麗。
広大な芝生を眺めているのも気持ち良い。

で、折角なら参加してみるべし、買ってみるべし。
名前だけで選びました。Role of the Dice。

……え゛? 1位?
100円が660円になりましたよ。わーい、ビール2缶分勝ったよー。
---------------------------
そんな1/24(sun)の居酒屋またたび亭。
アテは『渡り蟹と白菜のパスタ / タコスセット』。

タコスの皮、タコス用シーズニングは買ってきたモノ。
挽肉を炒めてシーズニングで味付け、15~20分程煮込んでいく。
その傍らで、トマトは種を除いて刻み、レタスとチーズは千切りに。
本当は自家製サルサソースとか作って添えたかったけれど、それはまた今度ー。

パスタは作ってくれたモノ。
沖縄のスーパーで買ってきた渡り蟹の缶詰をたっぷり使用。
オイルソースで頂きます。
03
・~・~・~・~・~・~・~・~・
では。タコスの皮を温めましたら。
包みながら、ではいざ乾杯っ。

0405

あああ、パリッパリのタコス♪ 美味しっ。
パスタも、蟹の美味しさが白菜及びスパゲティにじんわりと絡み合ってめっちゃ美味し♪

ではいざ、『水曜どうでしょう:サイコロ3』を観ながら。
プレミアム・モルツで乾杯☆

【1/24(sun)付:前編】ぷれみあむ・もるつ祭☆

「府中でも行く?」
「えー、それはいつか皆で行こうって……」
「いや、 競 馬 じ ゃ な く て 。」「あ゛、違うの?」
・~・~・~・~・~・~・~・~・

ってな訳で。
行ってきましたよーんよーん。府中本町より徒歩15分♪ プレミアム・モルツ発祥の地:サントリー武蔵野工場☆


01と……言いますか。
なぜ、行かなかった、学生時代のわたし。
新小平からJRで1本、僅か3駅(8分)で府中本町に着くというのに。
*当時、西武国分寺線:鷹の台より徒歩5分、JR武蔵野線:新小平より徒歩10分のアパートに住んでおりました。
今となっては、当時の自分を叱責したいホドですよ、えぇ。

さておいて。

いやーーー、思っていたよりもずっと楽しかったでありますよ。
まぁ皆さんお察しの通り、見学開始までは、『工場見学もイイけどー。やっぱ試飲が楽しみー☆』なんていう不届き者だった訳ですが。

0203

コレ意外と見入っちゃうよ聞き入っちゃうよ。
実際にプレミアム・モルツを製造している、本物の工場の内部。
日曜ゆえに稼動はしていなかったけれど、それでも年甲斐も無くわくわくしっぱなしでした。
今度は、平日に休みが取れたトキにでも。工場が動いているトキにも観に来たいなと感じた次第。

0405
0607

では。見学ツアーを満喫したあとは。

お待ちかね、試 飲 タ イ ム ☆
プレミアム・モルツの無料試飲でありますよ♪

08-beer

我ながら単純なれど……やっぱ、美味しーーーい。
普段飲むプレミアム・モルツよりも、格段に美味しく感じました。

試飲可能時間は15分程。1人2杯までお代わり可能っ(プレミアムモルツ or モルツを選択可)。

09

武蔵野ビール工場 工場来場証バナー


・~・~・~・~・~・~・~・~・
あああ、良い酔いな時間であった。
折角なら寄ろうか、まだ時間もあるし。【後編へ】

開眼のパスタランチ

rotehimarote

先日ランチで食べたニョッキに感動。

実は今まで、『ニョッキ=もっちりねっちょりしたheavyなパスタ』なイメージで、ニガテ分野として認識してきたのですが。
今回食べたのは、口の中に入れた瞬間にふわっと溶けましたよ、スフレみたいな軽い食感でサフランの風味がふわっと広がりましたよ、もぅすんんごく美味しかった☆ ニョッキって、こんな美味しいモノもアッタノカ。開眼。

すいすい食べていたら、流石に最後のほうは『オナカいっぱいだよー』な状態になってしまひましたが。あの『ふわっと溶けてすぅっと消える』具合にはヤラれました。アスパラとひき肉のクリームソースニョッキ。

ニョッキの作り方を調べてみたら、意外なほど簡単に、しかも楽しく作れそうだし。
今後、ニョッキも葉レパートリーに追加していこうっと♪ じゃがいものニョッキ作りたーーーい☆
・~・~・~・~・~・~・~・~・
そんなこんなで、退社後スタジオへ駆け込み、踊って踊って練習して、帰宅が22:00でシャワーを浴び終えたのが22:30。さぁぁではいざ……
---------------------------
いざ、先日の居酒屋またたび亭。
アテは『チリビーンスサラダ / 焼きおにぎりのお茶漬け / 冷奴、柚子胡椒で』

・チリビーンズサラダ
やや、葉定番
普段は「ミックスビーンズ、挽肉、ベーコン、玉葱、トマト、レタス、トルティーヤチップス、チーズ」で作っておりますが。
今回使用した食材は、「ミックスビーンズ、挽肉、ポーク缶詰、レタス、島らっきょう、トルティーヤチップス、チーズ」。

ポークランチョンミートは、スライスして炒める。
そこに挽肉を投入、ある程度炒め合わせたらケチャップや水等も投下。
傍らでレタスを洗って千切り、島らっきょうもスライスしたりしてスタンバイ。トルティーヤチップスは砕き、チーズは散らす。
んで、温かーいソースをたーっぷりとろーりかけますよっと♪

supper・焼きおにぎりのお茶漬け
作ってくれたもの。
温かーいご飯を三角形に握って、表面をごま油でこんがり焼いて。
豚挽肉団子と、じんわーり美味しい和風出汁で頂きます☆
種々の食感もまた美味しっ。

・冷奴、柚子胡椒で
美味しーい出汁醤油と、美味しーい柚子胡椒で冷奴を食べるだけ。だけ。が、美味しい!
・~・~・~・~・~・~・~・~・
ではいざ、乾杯☆

さぁて、先日の居酒屋またたび亭風景。

ひまたん♪ってな訳で。
慌しい日常生活へと再び巻き込まれてしまふコト、1週間。

そんな日々だからこそ。
帰宅後や休日はやはり、時間をゆったりと愉しみたいなと。そう感じる次第でありまする。
----------------------------------
そんなこんなな先日の居酒屋またたび亭。
アテは『旅の思い出すぺしゃる』。

しつこくも沖縄ネタですみませんー。
沖縄にて大ヨロコビで買い捲ってきた食材をフル活用していきますよっと♪
#今後もちょくちょく、沖縄食材が登場する予定ですー。

『麩ーちゃんぷるー / 鶏の酒蒸、コーレーグース風味 / アーサ冷奴 / ポーク玉子 / じゅーしー』

麩ーちゃんぷるー酒蒸、コーレーグース風味

・麩ーちゃんぷるー:
車麩は水で戻し、きっちり絞る。
それを卵液に放り込み、美味しーい卵液をめいっぱい吸わせる。
ポーク、キャベツ、もやし、麩の順にフライパンに投入。味付けは塩・胡椒・顆粒出汁の素(カツオと昆布版)
ふんわり優しい玉子味、んでも香ばしい食感の麩を楽しみまする。野菜も合うっ。

・鶏の酒蒸、コーレーグース版:
作ってくれたモノ。
酒蒸に、コーレーグースをじっくり染み込ませたとか。
最初はさっぱりあっさり、んでも途中からじんわりとくる塩とコーレーグースが絶妙っ。

アーサ冷奴ポーク玉子

・アーサ冷奴:
乾燥アーサを水で戻し、冷奴の上にたっぷり。出汁醤油で頂きます。
アーサ(ヒトエグサ)は岩海苔に似た海草。岩海苔よりも繊細で優しい味わいであります。

ポーク玉子
ポークランションミートっ。スライスして表面をこんがり焼き、卵で閉じるのみっ。あああ沖縄の大衆食♪

全景・じゅーしー:
沖縄風炊き込み御飯。
具はにんじん、椎茸、豚肉、ひじき、油揚げ等。見た目よりもあっさり味でいて、どんどんお箸が進んでしまふ一品。
----------------------------------
ではいざ。乾杯っ☆

【Jan 2010 : Okinawa, travelling notes最終章】〆:大充実の2泊3日に。

notes, 再掲
#日記タイトルの"travelling notes"は「旅メモ(travel notes)」の意(travellingはイギリス綴り。travelingはアメリカ綴り)、そして大好きな葉加瀬太郎氏のアルバム"Traveling Notes"より。
=======================

ってな訳で。
沖縄本島、僅か2泊3日という日程ではありましたが(しかも彼氏さんにとっては初の沖縄)
その分、1ヶ月前からシミュレーションを重ね楽しみにしながら計画を練り、『でも計画に縛られるコトにはならないよう』にも配慮し。
おかげで、短い滞在ながら、ハードにしかしゆったりと存分に楽しめたと思います。

~~~後日談~~~
旅から帰った翌々日、1/12(tue)。
「届いたよー」「え、もう!?」

意外と早く届きました。手作り琉球ガラス作品。


0102
03「14」の刻印入り(その12参照)

~~~~~~~~~~

んでは改めて。充実の素敵な3日間に。
乾杯☆

0405
0607
1209

【Jan 2010 : Okinawa, travelling notesその12】王国村でsouvenir製作→搭乗

ブルーシールのソフトクリームを食べつつ一息つきましたら。
やや時間を気にしつつも、のんびり楽しみまする。各種伝統工芸品の手作り体験が出来る、王国村
#体験はせずとも、琉球王国城下町を再現した園内風景や、工芸品鑑賞だけでも充分楽しめます。

village-01village-02
village-03

ミンサー織や紅型体験の様子を鑑賞しつつ。
あ、あ、あれやってみたい。イイ? 時間が足りなければ、ビールの瓶詰め体験は諦めるー。

ってな訳で、琉球ガラスの手作り体験。所要時間:10分程。
受付のお姉さん:「お客様が作ったものだという印に、14番という小さな刻印を裏に入れますね」。

最初に職人さんがちゃちゃっと説明してくれるのだけれど……え、え、えぇぇもぅやるの!? ひぃぃ。
「あー、もっと吹いて下さい」「ちゃんと水付けてー。水切っちゃダメ」「あ、違う違う。(軽く溶かしなおす)はいもう1回ー。」「はい、ゆっくり回してー、でも止めないでー」

い、意外と自力で成し遂げる量多し。
「はい、最後にここに、真っ直ぐ下ろして。ok-、真っ直ぐ引き上げて」「……上がりませんー」なんて、終始軽くパニック続き。

village-04village-05
village-06village-07

そうこうしているうちに、あっという間に15:00に。駐車場へ向かいます。
運転手さん、お待たせしましたー。那覇空港までお願いしますー。

那覇空港着は15:40頃。
名残惜しくも、運転手さんにお礼を言って下車。

搭乗手続きして、早めの夕食をつまみ、ショップも軽く覗いて。いよいよ、搭乗。
ap01ap02

【Jan 2010 : Okinawa, travelling notesその11】珊瑚の鍾乳洞

おきなわワールド着は13:15。運転手さんとは15:00~15:15頃で待ち合わせ。

先ずは玉泉洞ーーー。

gyoku-01gyoku-02

こ、こんな大きかったっけ。
ってか、暖かいよ。洞窟ってひんやりしたイメージがあるけど、生暖かいよ。

gyoku-03gyoku-04

これでもか!というホドの鍾乳石の本数。計100万本の鍾乳石が林立するとか。
全長5kmのうち、公開されているのは約890m。珊瑚を主成分とした石灰岩が創りあげ続けている、神秘の造形。

gyoku-05gyoku-06

楽しみながら歩いていたら、鍾乳洞を出た時刻が14:00。いとやばし。向かうぞ王国村。

【Jan 2010 : Okinawa, travelling notesその10】グラスボートで海底散歩(動画アリ)

12:20、新原ビーチ着。
飛行機の時間を考えると、もしもボート出航のタイミングが合わなければ、グラスボートは諦めざるを得ないかm……おぉっ、出航12:30, 乗船時間は20分程?

運転手さんから『ok-, 行ってらっしゃい』なgoサインをget。
海を眺めながら、素朴な待合小屋で黒糖とさんぴん茶を頂きつつ、船を待ちます。

mibaru01mibaru02

では。
行くぞーーー☆

mibaru03mibaru04

猛スピードで沖へ向かうボート。
要所要所で止まっては、船底のガラス越しに海中風景を楽しみまする。

mibaru05mibaru06

写真は殆どブレてしまい、載せられるのはこの程度。
ってコトで、動画で雰囲気だけでもお裾分け。
#但し、乗り物酔いし易い方は動画だけでも酔う可能性アリです。再生するかは自己責任でご判断下さいー。

http://www.youtube.com/watch?v=P2ztX_vOVcQ


http://www.youtube.com/watch?v=7F2_WD5krOU


http://www.youtube.com/watch?v=KTrKBV1jsgE


大きな珊瑚礁の上では、ココが浅い海かのような錯覚を覚えるけれど、実際はかなり沖に出ているなぁぁ。

んでは。
運転手さーん、お待たせしましたー。おきなわワールドまでお願いしますー。

【Jan 2010 : Okinawa, travelling notesその9】東海岸を臨む(動画アリ)

「おきなわワールドに行く前にグラスボートに乗ろうと思ってるんですが、おきなわワールドから近いグラスボートって、新原からになりますか?」

ってな訳で。新原ビーチへ向かうコトに……

タクシーの運転手さん:「この方向なら、無人島とか見える綺麗なビーチに寄れるけど、どうします? 無理にとは言わないけれど」
「どうしよ」「どうしよっか」「折角なら寄ろうか」「そだね、じゃお願いしまーす」

ってな訳で急遽目的地変更。
先ずはそのお勧めビーチへ向かいます。

到着は12:00頃。ちょいと時間はかかったものの、さとうきび畑や町並みといった車窓風景、明るい運転手さんのうちなーぐち(沖縄弁)を堪能できて良し☆
んでもって、お互いの利害の一致により、ココでタクシーは観光タクシー化。
定額料金で、本日のコースを空港までナビゲートしてくれるコトに。

ってな訳で。
あざまサンサンビーチ

01-SunSun02-SunSun
03-SunSun04-SunSun

http://www.youtube.com/watch?v=5uNM7PgJHhQ


ここでもまた、その美しさに息を飲みつつ。
限られた時間内ではあったものの、なんだかゆったりと時間を楽しめた気がします。

ちょいと高台にも登って貰ったりして、改めて海を見下ろすと。
遠浅の青い海に浮かぶは神の島:久高島と、無人島:コマカ島

05-SunSun


あああ、寄って良かった。
では、改めて。新原ビーチへ。

【Jan 2010 : Okinawa, travelling notesその8】色とりどりの亜熱帯食材

いよいよ、最終日。あああ早いもんだなぁぁ。

わさわさわさっと荷物を纏め、近くのコンビニにて宅急便として発送。時刻8:30。
さぁ、向かいますは……料理を作るのが好きな人には特に、是非オススメしたいスポット……牧志公設市場

色とりどりの亜熱帯の魚たち、島らっきょうや海ぶどうといった現地食材、お馴染みのミミガーやチラガーなどなど。
カラフルで独特な食材が、所狭しと並びます。

makishi-01makishi-02
makishi-03makishi-04
makishi-05makishi-06
makishi-07makishi-08

到着は9:00。
島らっきょうの塩漬けを買ったり、ヤシガニに喜んだり、アバサー(はりせんぼん)の調理法に耳を傾けたり、スーチカー(豚の塩漬け)やミミガーを買ったりしているうちに、あっという間に10:00に。おぉぅ、ブランチ食べませう。

市場2Fの食堂街にて、えーと……え、イイのイイの? 頼んでイイの? わーいじゃぁオリオンビールー☆

……本日のブランチは『ゆし豆腐定食(グルクンの唐揚げ付き)』『ごーやーちゃんぷるー』。
『ちゃんぷるー』とオーダーしても、ご飯と汁物が付いてくるのが沖縄流。おまけでもずくの酢の物も付けてくれました。

makishi-09
makishi-10makishi-11

さぁぁぁて、オナカいっぱい☆
市場を出、そのままお土産物購入へ突入。
ちょろりとしか時間が取れなかったけれど、ナカナカ楽しかったよナカナカ良い買い物出来たよ。『ハブの卵』は記憶にしっかりと留めておこう。

makishi-12makishi-13


んでは、時刻11:00。タクシーを拾います。

【Jan 2010 : Okinawa, travelling notesその7】R58南下ドライヴ、そしてokinawan night

さぁて。遊んだ遊んだ。
一旦帰りませう。またまた運転よろしくお願いしますーーー。

東シナ海に沈んでいく太陽を眺めつつ、国道58号を南下。一路、宜野湾市普天間の実家(離れ)へ。

chatan_01chatan_02
chatan_03chatan_04

カーナビ:「この先、5km以上、道なりです」
chatan_05chatan_06
#この後、カーナビがカーナビらしいコトを言うのは、到着10分前になってからでした。

chatan_07chatan_08


車を置いたのは18:00過ぎ。ほぼ1日中の運転、お疲れ様でしたー。

一息ついて、シャワーも浴びましたら。今度はタクシーで向かいます。
今宵は「創作沖縄料理」で〆ますよっと。

時刻20:00過ぎ、OKINAWAN FOOD CHATAN到着。
サンセットビーチは真っ暗だけれど、北谷アメリカンビレッジの観覧車なんぞを向こう岸に臨みながら……ではいざ、乾杯☆

chatan_09chatan_10
chatan_11chatan_12

ラフテー、じーまみ豆腐の揚げだし、南国の魚(←名前失念)のお刺身。

chatan_13chatan_14
chatan_15chatan_16

1$=100yenなんて表記も北谷っぽい。
もずくの天ぷら、豆腐ようetc, etc.

chatan_17chatan_18
chatan_19chatan_20

chatan_21アメリカ人カップル、沖縄の人のファミリー、若いアメリカ人集団といった、いかにも『沖縄中部』な客層。
小洒落つつも開放的で落ち着く店内で、オリオンビールや泡盛カクテルを楽しんでまいりました☆

chatan_22その後は家の近所にてまたまたスーパーに寄り、今宵も地元食材に目を輝かせる。
へろっへろになって帰宅。では、おやすみなさーいぃ。

【Jan 2010 : Okinawa, travelling notesその6】瀬底島から、東シナ海(動画アリ)

行きたい、是非行きたい。
ココは寄りたいの、是非寄ってみたいの。きっととんでもなくキレイだよ、行こー行こー行こー行こー。

00んな訳で。
水族館後のスケジュールに組み込んでいた瀬底島
沖縄本島:本部町より、瀬底大橋を渡りまして。5分程車を走らせましたら……。

目の前に広がるは、この景色!

0102
0304

気温15℃程?
膝下までざぶざぶと遠浅の海に入って行っちゃったよーん。きゃっほう。

0506
0708

エメラルドグリーンの海、真っ白な砂浜、トコロドコロに生い茂る亜熱帯の植物。そのコントラストの美しさは勿論、波打ち際もまた感動モノです。
打ち寄せられた無数の珊瑚の欠片。波が来る度に洗われて、しゃらしゃらしゃらしゃらと軽やかな音を立てながら転がります。

http://www.youtube.com/watch?v=0pS080WUpSA


東シナ海の向こうに見えるは、先程まで居た水族館。

09
1011

スケジュールの進行状況は順調。見事に予定通りで、瀬底ビーチ到着は15:30頃。
ってな訳で絶景に飲み込まれ、ついついのんびり遊んでしまう。出発は16:15頃と相成りました。

#瀬底島内の道路は狭ーいトコロも多し。充分に安全に配慮されたし。
12

1314

では、いよいよ。2日目の〆へ向かいます。

【Jan 2010 : Okinawa, travelling notesその5】美ら海水族館♪(動画アリ)

では。本日のメインイベントその2。

説明不要なホドの人気と知名度を誇ります、美ら海水族館。到着は13:00頃。
そのスケールの大きさ、大充実の内容に大ヨロコビ☆

東シナ海と伊江島。公園内に入って先ず目に飛び込んでくる風景。

0102

0304
0506
0708

水族館内。

0910
1112

キモ可愛いアナゴ
http://www.youtube.com/watch?v=DY8gjaGOye4


……ってかこうして観ると、ジンベエザメを動画で撮っておくべきだったな。
(アナゴがキモ可愛いなんて撮ってる場合じゃ無かったよ……)

ジンベエザメは3匹もいたよ、巨大水槽の中を悠々と泳いでいたよ。
海ガメも巨大マンタも飛ぶように泳いでいたよ、真下からも眺めたよ。

1314
1516

イルカのショーを観て、名残惜しくも移動。時刻15:15頃。

1718
1920

イルカショー
http://www.youtube.com/watch?v=Z5sVkKKu0so



そして、本日のメインイベント:その3へ向かいます。

2122

【Jan 2010 : Okinawa, travelling notesその4】手作り、素焼きシーサー(当日持ち帰り可☆)

国道58号を更に北上。

シーサー編01シーサー編02

絶景を眺めつつ、名護市許田を過ぎまして。県道84号線に入っちゃうのね? わたしそのルート、殆ど知らないに等しいから、ナビとガイドブックと標識だけを頼りに頑張るからね? う、うん、目的地はパイナップルパークに入る途中にあるから、パイナップルパーク方面ならきっと案内は沢山出てるだろーし、大丈夫だよ大丈夫。信じてっっっ。あっっっアレだよきっと、ほら、アレだ! 良かった、辿り着いたぁぁぁ。
---------------------------
ってな訳で。本日のメインイベントその1:シーサー作り体験

色付けもロクロもいいけど、土をコネコネして素焼きにしてみますよ♪
しかも『後日発送』ではなく、『20分で焼き上げますので、本日お持ち帰り頂けます』ってのが嬉しいじゃないですか。楽しそうなのを見つけてくれたではないですか。

意外と熱中してしまふ。
ふと顔を上げては、お互いの作品に突っ込みいれたりしつつ(「フルフルみたい」「咆哮?」etc.)、また結構真剣に土を練る。

シーサー編03シーサー編04
シーサー編05シーサー編06
シーサー編07シーサー編08

シーサー編09練り上げはこんな感じ。

・~・~・沖縄notes・~・~・~・~・~・
諸説はあるものの、シーサーは2対で1セットが基本の形式。
主流は向かって右側がオス、口を開けているほう。左側がメス、口を閉じているほう。
開けた口で幸せを呼び込み、閉じた口で幸せを逃がしませぬ。
・~・~・~・~・~・~・~・~・
10:00に琉球窯に到着。コネコネ→焼成完了時には12:00になっていた。
のんびりゆるり楽しめたなぁぁ♪

えぇと、じゃぁお昼どうしようか。うん、やはり沖縄そばか。
って、県道84号は別名「そば街道」ですと!?(←ガイドブックをみる) うん、じゃぁやはりそばだ!

中山そばにて、私は「中山そば(中)(=ソーキそば)、彼氏さんは「三枚肉そば(大)」をオーダー。じゅーしーおにぎりは分け分けして、ではいざ、頂きます♪

シーサー編10シーサー編11

あっさりながらも、しっかりと鰹出汁が効いていて、じんわり美味しっ。
途中、紅生姜やコーレーグースも入れて頂きました♪

んでは。本日のメインイベント:その2へ向かいます☆

【Jan 2010 : Okinawa, travelling notesその3】絶景ドライヴ ~万座毛~

「起きてー」
「……ぅぅぅぁにゃーぁぁぁぁ……」
「7:30過ぎるよー」
「起きますぅぅうぅぅ……」

むきゅ。むきゅ。食べ過ぎた。遅くまで飲んだのも影響しているわ。
ささささておいても頑張って起きるですよ。今日はハードスケジュールなんだから。わたしってよりずっと、運転手様がハードな1日なんだから。ら。ふぁぁぁはぅはぅぅ。
---------------------------
ってな訳で。
本日は、車を運転して頂きます(ありがとう☆)。

デジカメ写真の撮影時刻によると、宜野湾市普天間周辺の出発時刻は8:00a.m
順調に国道58号線を北上していきまするーーー。

……沖縄本島経験者なら以下、皆分かってくれると信ずる……。

恩納村に入ったあたりからの国道58号!
南部の市街も、中部の「沖縄・アメリカちゃんぷるー文化」も最高に好きだけれど。
北部の58号! 延々と東シナ海沿いを走る58号っ。海沿いを真っ直ぐ走る道路、並ぶはヤシの木! あれは何度経験しても 大 感 動 します☆

0102

……ってな訳で。
寄りますは『押さえておきたい観光スポット:万座毛』。到着は9:00。

まだ朝早め(沖縄では充分過ぎる程に早め)ってコトもあり。
海の色が思っていた程美しくなかったのは、案内者として残念ではありますが。

でもでもでもっ、それでも充分、感動級にキレイっっっ!でした♪

0304
0506
0708
0910
1112

サーターアンダギーを朝食代わりに買い、さんぴん茶のペットボトルも買いまして。
さぁ向かいます、本日のメインイベントその1へ♪

【Jan 2010 : Okinawa, travelling notesその2】沖縄料理三昧の夜

メモを1点、『その1』冒頭に載せております。気になるコトありましたら先ずはご参照下さい。
=======================
首里城公園を出たのは18:30頃。
タクシーを拾い、一路国際通りへ。

国際通りを歩きながら、お土産候補やら変わった物品やらを眺めては盛り上がりつつ、目指すお店は……アレ。アレ。この辺のはずなんだけどな。

地図を片手にお店に電話。確認すると、目と鼻の先にありました。人気有名店:ゆうなんぎぃ
創作沖縄料理を出すお店も増えている中、伝統的沖縄料理を楽しめ、うちなーんちゅ(沖縄の人)にも観光客にも愛されている様子で、しかも『少量ずつを多種類堪能』も出来る嬉しいお店♪

『予約を入れたい場合は18:00までに入店』とのことで、予約は取らなかったのですが(実際入店したのは19:30頃だし)。幸い待ち時間5分程で席に着けました☆
ってな訳で、オーダーしますはA定食。2人で分け分けして頂きます。

A定食内訳:フーイリチー(= 麩ーちゃんぷるー ; 麩の炒め物)、ラフテー、クーブイリチー(昆布の炒め物)、じーまみ豆腐(ピーナツの豆腐)、ミミガーの三杯酢、スクガラス豆腐、グルクンの唐揚、ご飯、いなむるちー(沖縄のお味噌汁)。3,050円也。

料理1料理2
料理3料理4

狭くも活気溢れる明るいお店。
オリオン瓶ビールで乾杯☆しつつ、料理も雰囲気も堪能。
途中で海ぶどうを追加オーダー、お酒も泡盛に切り替えて、那覇の夜は更けていく。
料理5(海ぶとう)
泡盛1泡盛2
・~・~・~・~・~・~・~・~・
では、タクシーで国道58号を北上。時刻21:00頃。 那覇市街を抜け、沖縄と米国の文化の混ざり合った沖縄中部は宜野湾市まで。21:30前に到着。
母に挨拶の後、離れを使わせて貰う。

買ってきたよーん
全体その後は2人で近所のスーパーに寄り、現地食材に目を輝かせて貰ったりして。
22:30頃最帰宅、シャワーを浴び、買ってきた塩ちんすこうや母の作ってくれていたお惣菜をつまみつつ。

ゴーヤー和えサラダ大根カラフルサラダ

23:00過ぎ。では、お疲れ様でした♪
ではいざ、乾杯☆

【Jan 2010 : Okinawa, travelling notesその1】羽田→那覇空港→首里城

#日記タイトルの"travelling notes"は「旅メモ(travel notes)」の意(travellingはイギリス綴り。travelingはアメリカ綴り)、そして大好きな葉加瀬太郎氏のアルバム"Traveling Notes"より。
=======================
そんなこんなで。

「ん? 休みが合うなんて、しかも数日連続で合うなんて、珍しいね。折角なら旅行でも行かない?」
「いいねー。近場でのんびり1泊とか……」
「折角だし、沖縄とかどう? 2泊3日で。」

そんな会話で始まった沖縄計画。

08 Jan 2010(fri), 12:00。羽田空港にて落ち合う。
先ずは羽田空港にてランチ。行ってきます☆
lunchひこうき

飛行機離陸の遅れにより、到着は16:00。現地はあいにく小雨。でもコートは不要。
先ずはゆいレールで首里駅、首里駅よりタクシーで首里城公園へ。

着いたよ守礼の門
守礼の門21_0
1色塗り中
ブレたけど中
玉座模型
改めて


続いては沖縄料理堪能編っ。乞うご期待♪

前夜祭

居酒屋またたび亭、ネット本店
lager.kirin.co.jpからのアクセスがあって思わず狂喜。ななななんて素敵なhost名w 流石、やってくれるじゃないですか、キリンビール株式会社様。

---------------------------
そんなこんなな居酒屋またたび亭。
過去写真放出すぺしゃる。

未掲載のままとなっていた写真の中からの抜粋であります。

salad写真1:『半熟玉子とレタスのカラフルサラダ』
葉作。とろーり玉子とあっさり胡麻ドレッシングで頂きます。

morning写真2:『モーニング アラカルト』
彼氏さん & 葉の共作。チキンピカタ、トマトマリネ、目玉焼き、エビとツナとセロリのサラダ、スープ、ミニクロワッサン。ミニクロワッサンのみ市販品。

pasta写真3:『あっさりボンゴレ』
彼氏さん作。アサリとトマトと紫蘇のパスタ。

---------------------------
ではいざ。
明日午後よりまた、楽しみな予定目白押しです♪

ではいざ、乾杯☆

秋刀魚と白菜のパスタ

登録だけしておきつつ、1年以上放ったらかしにしていたtwitter。最近つぶやき始めました。
良ければ相手してやって下さい。http://twitter.com/happa405 です。
余談ですがSkypeアカウントも同じくhappa405、ヤフーメッセならleaves405_0131、ICQは13844467です。まぁ流石にICQは殆ど繋いでおりませぬがw。
himarote
----------------------------------
upそんなこんなな先日の居酒屋またたび亭。
アテは『秋刀魚と白菜のパスタ』。

お正月まったりモード中な、3rd Jan 2010のアテ。
食材無いよー、どうしよ。
秋刀魚の蒲焼缶詰あったよね? 使ってイイ?
んじゃ、白菜とスパゲティも使わせて貰うよんよんよん。

ってな訳で。あり合わせ食材で調理開始っ。
 パスタをアルデンテ1歩手前まで茹でる。
→その傍らで、白菜をフライパンに投下。パスタの茹で汁少々を加え、水分を飛ばしながら軽く茹でる。
→水分が飛んだら、胡麻油少量を投下。秋刀魚缶詰の身を入れ、ほぐしながら炒め合わせる。
→フライパンにパスタ投下。缶詰の汁も入れ、茹で汁も適量投下。
→味見。うわ、濃い。茹で汁投下、しかしこれでは味がぼやけるコト確定。味を引き締るべく、昆布茶投下。更に、水分が飛ぶ一瞬前に胡麻油を回しかける。よし、美味しく纏まったぞーぃ☆

見た目はイマイチですが……美味しかったデスよっっ♪

んな訳で。
ではいざ、乾杯ー☆

まったりしつつも慌しく過ぎてしまったholidays

すっかりお正月モードも終了、慌しい日常が舞い戻ってきた感溢れる今日この頃ですが。
『のんびりしつつも慌しく過ぎていったお正月休み』のキロク。
----------------------------------
先ずは1/2。
初詣に行ってきましたよ、勿論初めてお参りする神社だよ。

って、ここのおみくじ可愛い☆ しかもお守りとして1年持っていて良いのか。可愛いだけにこれは嬉しい♪んでは引いてみるよ……

 … … き ま し た 大 吉 ☆ 

神社おみくじ
・~・~・~・~・~・~・~・~・
【全体運】
人間関係が活発な動きを見せるときとなります。新しい人脈が広がり、有力者と良好な関係を築いたり、良いスポンサーを獲得するにはチャンスです。人の集まる場所には積極的に出かけ、社交性を発揮するよう心がけてください。また、友人関係や異性関係も広がりを見せますので、恋人のいない人にとっても好機です。ラッキーな出会いからトントン拍子に結婚へと発展する可能性もあります。

【今年の幸運の鍵】
金銭に余裕が出たら貯蓄に回して。行動範囲を広げるのに役立ちます。
◎ラッキーアイテム:黄色のポーチや携帯ケースがツキを招きます。
◎ラッキースポット:ホテル、デパートなど

・~・~・~・~・~・~・~・~・
文章もなんだかフレンドリーな印象ですな。今年も素敵なコトに沢山出会えますように☆
----------------------------------
1/3はバーゲンに行って、服や靴をごっそり買っちゃったり……ってか、買うつもりが買ってくれちゃったり、旅行の準備をしたり。
そんなお正月休みでありました。
----------------------------------
そんなこんなな先日の居酒屋またたび亭。
アテは『鶏の酒蒸、生姜風味 / 白菜と玉葱の味噌炒め / オムレツ』。

またまた作って貰ってしまっタ。オムレツのみ葉作。

酒蒸味噌炒め
全体酒蒸は、生姜が絶妙のアクセント! じんっっっわり美味しい♪
味噌炒めは見た目よりもずっと、葉好みな"じんわり優しい味"。
オムレツにはとろけるチーズを巻き込みました。

ではいざ。乾杯☆

年越しpartyの模様ー。

海苔巻(写真左手前)一口サラダ
担当:葉
#葉定番、レタスの玉子海苔巻。全形海苔3枚使用。


サーモンとタコのマリネサーモンとタコのマリネ
担当:彼氏さん。


ローストビーフローストビーフ
担当:彼氏さん
#じんわりしっとり。わさび醤油かマスタードで。


トマトマリネトマトマリネ
担当:葉


ラザニア巨大ラザニア
担当:彼氏さん(ミートソース、トマトソース)、葉(ベシャメルソース)
#8人前。直径約25cmの大皿を使用。別名、火山w



花準備の合い間に挿しますは、お正月アレンジメント。
担当:葉
#ひっさびさの投げ入れ。腕の落ちっぷりを感じた次第ですが、どうにか纏まりました。



では、乾杯☆この他、サーモンのグラタン等々も追加でserveした訳ですが。
酒宴開始3~4時間後、葉っぱは力尽きました。
ご心配おかけしてしまってすみませぬでした皆様。ぐっすり眠らせて頂いちゃいましたよ。

素敵な時間を共有させて頂けたコトに感謝。

ではいざ、読んで下さっている皆様にも。
明けましておめでとうございます♪
ではいざ、乾ぱーい☆