AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すうっと呼吸して体を引き上げて……思いっ切り笑い転げたら、バレエ復帰っ

・~・~・~・~・~・~・~・~・
#バレエ用語解説は基本的に全て英語で書かれております(殆どの解説は動画へのリンク付きです)。
ご興味ありますかたは、ご参考まで。

---------------------------
おねんねひまたんrote

ちょいとした偶然により、バレエレッスンを受けられるコトに。
今まで受けられずにいたのよねー、時間が合わなくて。泣く泣く諦めていたのだけれど、今回は受けられるっっっ。

そんな訳で。会社からスタジオへ直行、レッスンスタート。
バーについてストレッチ、プリエルルベと言った動きの基礎、バトマンエシャッペ等々。
『コレ、体の芯は勿論、足裏・足指の筋肉にめっちゃ効くだろうなー』なんて感じつつ、センター(フロア)に出てパッセバランスやパドブレをみっちり丁寧に確認。

……やはりイイな、バレエも。
動きを細部まで丁寧に磨き、強くしなやかな、すっとした芯を確立していくこと。
勿論上記はジャズでも鍛錬していくことだけれどねぃ。なんだか気持ちの芯もすうっと伸びていく感じ。
それにバレエって、上達には欠かせないんだよなー受けたいよー受けたいよー、今後も受けたいよーーー。

そんな思いを改めて強くしながらも、バレエレッスン終了。その後は。

……スタジオで皆できゃいきゃいと大騒ぎ。
話して笑ってトコトン笑って笑い転げましたよ。スタジオでひっくり返って笑う程の大盛り上がり。

そんなこんなで解散。練習終了から2時間も経ってから解散w
やはり……

「時間的にどうしても間に合わないけれど、来月から後半20~30分だけでも、受けても構わないですか?」

きゃっほーーーーー快諾ありがとうございますーーーー!

ってな訳で、葉っぱ。
来月よりバレエ復帰も致します! 精進するぞー。
---------------------------
そんなこんなで先日の居酒屋またたび亭。
アテは『秋刀魚と大根下ろしのパスタ / きのこドレッシングのデリサラダ』

パスタは珍しく携帯電話で撮影したため、(いつも以上に?)写真がヘタでゴメンナサイ。

パスタ(スパゲティを使用)を茹でる
→その傍らで秋刀魚をこんがり焼き、別皿に取り分けておく。すだちを絞りかける。
→大根も下ろしておく。
→秋刀魚を焼いたフライパンでソース作り。ベースはオリーヴオイルと白ワイン。
→アルデンテ一歩手前まで茹でたパスタを、ソースのフライパンへ投下、秋刀魚も投下。ざざっと合わせる。
→微量の醤油等で調味。お皿に盛ったら、大根下ろしとすだちを添えて完成っ。

サラダは作ってくれたもの。
ナッツ類を散らしてデリ風に。きのこ風味のドレッシングが合う合うっ。

パスタsalad

ではいざ、乾杯っ。
スポンサーサイト

カレーとアリスとお散歩な休日、アリス編

カレー編より続く】

・~・~・~・~・~・~・~・~・さてさて。
『オナカいっぱーーーーい』とか言いながら浜町~日本橋をお散歩。道に迷ったりしながら、のんびり40~50分は歩いたんじゃなかろうか。
やっと本題に入ります。アリス展。

いやはや。
想像していた以上の内容の充実っぷり。

各種初版本やルイス・キャロル(チャールズ・ドジソン)直筆の手紙まで観ることが出来るとは。
(不肖葉っぱ、AliceやSherlock Holmesあたりを入り口にその世界や文化に惹かれ、英国バカへの扉を開けて20数年。今、英語をメイン武器として仕事しているのも、そもそもの原点はココ。)

マリー・ローランサンやサルバドール・ダリの描いたアリスの挿絵まで多数展示されていたよ、やはり捉え方や描き方が興味深いね。
Oxfordの街並みを中心として、ロンドン市街やイングランドの写真もあったよ、ドーバーの白い壁の美しさにも感動だったよ。

1#何箇所か「撮影ok」なポイントもありまする。以下、撮影okスポットにて。
23


・~・~・~・~・~・~・~・~・
4そんなこんなで。
目一杯食べて、目一杯歩いて、目一杯堪能して参りましたよっと。
付き合ってくれてさんくす。楽しんでくれたようで何より。

ではでは、楽しい1日に。
乾杯っ☆

sento・~・~・ 本日のおまけ写真 ・~・~・
三越本館を出ますと。
コレと目が合い(?)ました。

奈良まほろば館のせんとくん。

カレーとアリスとお散歩な休日、カレー編

行きたい。
コレ行きたい。

『小さな小さなスペースでの展示会、あとはグッズを沢山買ってね♪』っぽい様子だったら興味は無かったのだけれど。
協力企業・協力大学に"マクミラン・チルドレン・ブックス、オックスフォード大学、竹久夢二美術館"ときましたら。あ、なんかしっかり作っていそうではないか。
それにそれに、英国風景写真の展示まであるのなら。行きたい行きたい観たいーーー。

ってコトで。
行って参りました、日本橋三越本店。『不思議の国のアリス展 ~ルイス・キャロルのお伽の世界~』。

・~・~・~・~・~・~・~・~・
先ずはのんびり出発。
地下鉄半蔵門線:三越前駅で降りれば良いものを、何をどう間違ったものか、地下鉄日比谷線:人形町駅に降り立つ。
まぁ良いや、ふらりのんびりお散歩しましょー。

途中でお昼ご飯。
『お蕎麦が良いかなー、バーガーショップも良いねー』とか話していたのに、香りに負けた。通りがかりに香りに負けた。更に「割引中だよ」の言葉に負けた。

curry頂きまーーーす!

めっちゃ美味しかった。
けど途中で量に負けかけた。けど美味しかった! ナンも底面パリッパリで上面ふんわり。
カレー以外の単品も、タンドゥーリチキンやらフィッシュパコラやら豆のおせんべいやら、興味惹かれるもの沢山
近所にあったらちょくちょく行くのにー。

・~・~・~・~・~・~・~・~・
さてさて。


【以下、アリス編に続く】

感動モノの即効スペシャルケア / とろりキノコのランチプレート

ここ1週間程、肌がカサッカサでみっともなかったのですよ。えぇ、唐突な書き出しですが。

なーんかねー。調子悪かったのよね。頬がカサッカサ。
しばらく化粧水・乳液でのスキンケアを(比較的)丁寧めにしてみたけれど、一向に改善せず。

仕方ない。
貧乏性ゆえに、「ここ一番」のトキに使おうと大切に大切にキープし続けてきた、アレを使うか。
その効果と即効性で名高い高級品:SK-llのフェイシャル トリートメント マスク。

(↑……の、サンプル品)
(↑サンプル品ってトコロがまた貧乏性っぷり炸裂)
(↑ってか、「ここ一番」なら舞台前の調整に使うかもなーなんて、自分でもそう思ってた)
(↑でもでも、「舞台なら結局ドーラン塗るから、肌状態まで分からないよなー」と考え、1枚しかないマスクの使用は先送りに)
(↑ってか要は、ドーラン負けしてカサッカサになったのかなとか思ってみたり)

ま、まぁそれはさておき。
使ったわけですよ、とうとう。
『一滴たりとも無駄にするまい!』と、マスクをしたら仰向けになるなんて貧乏sh……マスク後はベッドに横になり静かに目を閉じて、有効成分ピテラが浸透するのを感じながら心穏やかに瞑想。

SK-ll FTMんで。10分程しましたら。

……うわ。本当にコレは凄い。肌もっちもち!
内側から押し返してくるような弾力感と柔らかさ。木目も綺麗に整っている。
それに、ストレッチマスクのおかげか。フェイスラインも明らかに引き締まったよーーー。

な、なんか大絶賛してしまっているな。
でもホント、この効果と即効性は絶大!

いつか私が大富豪になることでもあれば、ピテラ風呂に入ってピテラシャワーを浴びたい……なんておバカな妄想まで一瞬で広がっちゃったくらいの凄さ。

#次の「ここ一番」の為に買っておこうかなーなんて調べてみたら、マスク1枚のお値段に怯んで今回は購入を断念。妄想と言えども、ピテラ風呂なんて雲の上ドコロか銀河系の遥か彼方のお話。

---------------------------
さておきまして。
あああ、久々に長くなってしまった……ので、さらりと解説致します。そんな先日の居酒屋またたび亭。
アテは『とある休日のランチプレート』

zentaiスープ担当:彼氏さん。
サラダは千切りキャベツにほうれん草を散らし、茹でキノコを添えて。

んで、玉葱を炒めます。
キノコも投下します。豚肉も入れます。ほうれん草(茎)も入れ、塩・胡椒・コンソメで味付け。
ほうれん草(葉)も投入、水で溶いた小麦粉も投下しとろみを付けたら。
ご飯に添えて頂きます。

soupsalad


ではいざ、乾杯っ。

ver.2:秋色の投げ入れ、トマトジュースボトル / day 2:とろーりシチューグラタン

bottleさてさて。帰宅後は。
コチラをお気に入りのボトルにひょひょいと挿し直し。
真ん中がスコっと開いちゃったなぁ。またいずれ、改めて挿し直すか。

・~・~・~・~・~・~・~・~・
tomato engeiところでこのボトル。
トマトで有名な立澤農園の新製品:オリジナルトマトジュースのボトルであります。

こちらの立澤農園(トマト園芸)、トマトの季節は、購入希望者で長蛇の列が出来るらしいよ。このトマトジュースもめっちゃ並んで買ったらしいよ、ネットでも現在sold outだよ。

そんな貴重な品をお裾分けありがとうございますーーー☆

実はわたくし、『トマトは大好き、でもトマトジュースはちょいと……』なのですが(あの塩っけと、どろっとした感じがニガテ)。
ここのトマトジュースは本当に美味しい。さらさらグイっと飲んでしまったでありますよ。ボトルも可愛いしね。

---------------------------
ver 2そんなこんなで先日の居酒屋またたび亭。
アテは『とろーりシチューグラタン』であります。

先日のシチューの活用編。
シチューを更に更にとろり煮詰めます。
それを耐熱皿に載せ、バゲットを並べまして。軽ーくオリーヴオイルを垂らし、パプリカパウダーと胡椒を振りましたら……予熱しておいたオーヴンへgoっ。

んでは。上部はこんがり、下部はシチューでじんわりなバゲット。それに絡むとろーりシチュー。幸せに味わいつつ。

ではいざ、乾杯☆

・~・~・~・~・~・~・~・~・
hima#右:充電中の携帯電話の上に鎮座されるひまわりお嬢様。

ver.1:秋色の投げ入れ / day 1:とろーりチキンクリームシチュー

rote舞台疲れも徐々に抜け始め、スローペースになった日常生活を楽しんでおりますですよ。
まぁスローペースと言っても比較論なんだけどねうわははは。

・~・~・~・~・~・~・~・~・
まぁそんなこんなで先日のお花。


『練習・追加練習・またまた追加練習、あああ洗濯しなきゃ舞台消耗品買いに行かなきゃ、でも仕事だ練習だ、あああ時間が無い無い、体力もピンチ!!!』状態だった練習期間。
本番も終わりまして、一息ついて。久々にお花のお稽古を受けるコトが出来ました。

hana花材:ユリ / ケイトウ / ワレモコウ / 紅スモモ

あああー明らかに腕が落ちてしまったナ。
んでも、秋らしい深い色合いが素敵。

---------------------------
そんな先日の居酒屋またたび亭。
アテは『チキンクリームシチュー』

玉葱をスライス→バターと共にフライパンへ→弱火でじっくり炒める。
一旦火を止め、小麦粉少量を投下。具材と練り合わせたら牛乳を少量ずつ加え、中~弱火でとろり煮込んでいく。この時点ではまだサラリとしたゆるめの状態にしておくべし。途中コンソメを加えるコト。

煮込みの傍らで、別のフライパンで鶏に火を通す。じゃがもささっと炒めておく。
それをシチューに合わせ、ことこと煮込んでいく。仕上げ直前にほうれん草も投下。彩りを添えるべし。

本当はブロッコリーを入れたかったのだけれど、高かったので断念。国産は高いし、US産は安かったんだけれど……カビ生えてたよ、某スーパーさん……

そういう訳で。ブロッコリーを断念、ほうれん草を投下してとろーり煮込みましたら。

up全体

ではいざ。乾杯っ。

集って飲んで笑って飲んでな活動再開ー。

挿してみたそんなこんなでですね。いきなりですが。

某リンクタウンさいたま支部、始動でありますよーーーっと。

・~・~・~・~・~・~・~・~・
いやはや。
舞台を観に来てくれた方々とですね。
ホワイエにて、「久々にまた皆で飲もうよ!」って話で盛り上がりまして。以後、メールで善は急げとばかりに連絡を取り合いまして。

飲んで参りましたー♪

練習・練習、また練習。そして次の休みも練習で仕事後もまた練習で……な日々続きだった追い込み期間。
行きつけのこのお店にも、久々に来れたなぁぁ……。
(葉っぱオススメのお店にご案内する形と相成りました)


感謝ではいざ、乾杯っ。


相変わらずの口下手でスミマセン。が、気心知れた仲間たちで飲んで笑って、楽しかったでありますよ。そういや知り合ったのなんて、10年以上前だねぃ。

翌朝早いってのに、しかも未だ飲むわけにいかないってのに来てくれたNちゃん、ありがとうっ。

ってか、舞台でくのいちが使っていた刀が真っ直ぐだったコト。O氏が「忍者刀ゆえ?」と気付いていたのにはびっくり。そんなコト知ってるヒト、居ると思わなかったーーー。
(日本刀は刀が反っているのですが、忍者刀は真っ直ぐなんだそうな。わたしは演出家に教えて貰った。)

後日談:店員さんに「相変わらず良い飲みっぷりだねー」と言われていたらしいことはナイショだ!

おかげで本当に楽しい酔い時間でありました。ありがとうー。

・~・~・~・~・~・~・~・~・
ってな訳で。
そう、折角久々に会えたのですし。
チームさいたまも、今や5倍の規模に膨れ上がった訳ですし。
(当初:メンバーはO氏独り。現在は:O氏、N夫妻とそのジュニア、わたくし。5倍は5倍だ!)

また皆で集って繰り出して、遊び倒したり飲んだり笑ったりしましょうぜぃっ☆

ではでは、活動(?)再開に。
乾杯ーっ。

【真剣に楽しむということ:後編】溢れんばかりの花の香りに囲まれながら

前編より続く】

そんな感じで、どうにか乗り越えた本番でした。

本番ゆえのアレやソレやは、それはありますよ。大小様々なネタは語り尽くせないほどありますよw

そんな中、the last but not least.

応援し、観に来て下さった方々、本当にありがとうございました!
「楽しかった」という言葉が何よりも嬉しいです! 心から感謝。

そして。
ダンスチーム活動というモノ。そう、時間も体力も割いてしまうのです。長期間。
それを理解し、応援までしてくれ、そして更に、本番を楽しんでくれた身近な方々にも改めて感謝を。
口先だけの理解ではなく……身近で支え心から応援してくれるのって、実際は中々無い有難いことなのですよ。

0304
0506
0807

・~・~・~・~・~・~・~・~・
今後も、仕事も生活もダンスも、思いに対し思いで応えていけるよう。
ココロも表現力もテクニックも見せ方も、生き方も人間性も、深めて行きたいなと。いや、深めていく所存であります。

ではいざ。
感謝の乾杯っ。

【真剣に楽しむということ:前編】えぇと。纏まらないので、徒然と……。

楽しむ為に真剣になれ、真剣だからこそ尚楽しめる、伝わる。それがまた楽しいし真剣になれる。
そんなチームを首都圏でも諦めずに探し続けて、そして想像以上に素敵なチームに出会えて、本当に良かったなと。

10年振りに関東に戻ってきて。この先生とこのダンスチームに出会えたコトは、思いもしなかった幸せです。
今後も、ここで成長していきたいと。そう思っております。

ダンス歴がそこそこ長いとは言え、このチームに所属してまだ日が浅い(実質今年5月~)わたしを10曲もの作品に起用して下さったコトにも感涙。ふと『わたしが主宰の立場なら、新人をそこまで起用なんて出来るだろうか……』などと感じ、感謝をより深めたコトだってありました。

次回はもっと成長してもっともっと表現してみせますぜぃっ。

ではいざ、乾p……の、前に。

・~・~・~・~・~・~・~・~・
ダンスチーム活動といふモノ。
カラダを酷使し、時間も(生臭い話で申し訳無いけれど、正直なトコロお金も)割くものなのです。

『会社も忙しく、終業後に練習という生活だと、家に居られる時間なんて本当に限られてしまう。その限られた時間の中で家事を回し、身の回りのコトをこなし……』

『5年前なら、気力だけで余裕で乗り切ったじゃないか!』と自らを鼓舞してみたり。
でも、『かつてはこなせたのに、何なんだこの体力の無さ……』と己自身を情けなく感じたり。
そして、『ダメだ、"仕方が無い"と思ってしまっては、それこそ寄る年波やら次々と降りかかってくる運命(←参照w)やらに飲み込まれてしまう!』と気力を振り絞ってみたり。

0102


後編へ続く】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。