AX

全てに、感謝の乾杯。

PA224060_s.jpg 公演、終えました。
 おかげさまで2日間とも、立ち見が出るほどの大盛況となりました。
 観に来て下さった皆様、本当にありがとうございました!

 あの作品が良かった、この作品も、この箇所が、あの時の衣装が……etc, etc.嬉しく有り難いコメントもありがとうございます☆
PA234067_s.jpgPA234068_s.jpg

・~・~・~・~・~・~・~・~・

PA234061_s.jpg
 ↑イントレ・照明の解体中。by プロの照明スタッフさん。
・~・~・~・~・~・~・~・~・

PA244091_s.jpg43yvy_s.jpg
 花束・公演祝いも本当にありがとうっ☆
---------------------------
 公演後、今月中はレッスンお休み。
 その後11月中の土曜日だけは、衣装の返却のためレッスンも行われます。他の曜日のレッスンはclose。
 12月以降は全レッスンcloseとなります。

 今後スタジオがどの方向に向かっていくのかは、まだはっきり分かりません。
 (もしかしたらいずれ、新たなスタートを踏む可能性もあるかも……と、期待しすぎずに、でも微かながらも希望は持って良いのかな???と微妙なところ)

 現チームの師匠に出会えたこと、師匠の下に集うチームメンバーと出会えたこと。そして皆で同じ舞台を目指し切磋琢磨する濃い時間を共有できたこと。
 心から幸せに思います。
 このスタジオ所属のダンサーであれることを誇りに思うし、明るくパワフルで個性的なメンバーたちと積み重ねてきた時間は人生の宝物です。

 改めて、観に来て下さった皆様、本当にありがとう!
 師匠やメンバー、そして舞台スタッフの方々、支え続けてくれた身近な人たちにも心から感謝を。

 では、一先ずは。カサブランカの濃厚な香りに包まれつつ。
 全てのことに、感謝の乾杯っ。
スポンサーサイト

【後編】最後の輝きを

【前編より続く】


16(sun)-------------
 「今回は髪を切らずとも良いかな」と思ってきたけれど、やはり切ろう。切らなくてもなんとかなるのだれど、やはり気持ちの問題として。ちゃんと美容院にも行って公演に臨もう。

 その前に、メンバー数名でスタジオに集まり、公演パンフレットの修正作業。相変わらずあーだこーだと話したり笑い転げたりしながらの作業。大切な仲間と共有する、大切なひととき。

 2時間半ほどすると、美容院の予約時間。
 ……髪を切って大正解。可愛く前髪(注:可愛いのは前髪)を作って貰えて、昨晩から沈んでいた気持ちがちょこっと晴れる。これは嬉しいね。この嬉しい気持ちも引連れて公演に臨めるわ。
 毛先も切って貰い、ボリュームも大分ダウンして貰ったよ。

------------------
------------------
NEC_0077_s.jpg 週に何度となく顔を合わせ、練習に打ち込んだり笑い転げたりしてきたメンバーたちと、今と同じようには時間を共有できなくなる。その悲しさ。
 けれど、先生はもっともっとお辛いだろうということ。
 何よりも、この前向きで明るく個性的な、パワー溢れる先生とメンバーたちに出会えたこと。密に関わって、時間を共有してこれたこと……その幸せを思うと途端に涙が溢れそうになります。

 心から大好きだと胸を張って言えるこのチームで舞台を踏めるのも、これが最後。
 だからこそ、絶対に良い舞台にしてみせます!

 ふぁいとーーーー!

【前編】最後の輝きを

 週末からの浮き沈み。

14(fri)-------------
 お昼過ぎ、携帯にメール着信。ついに生まれました、先生の娘さんに男の子が生まれました! 祝!

15(sat)------------
 レッスン終了後、次回公演をもってスタジオを解散する旨発表がある。先生の体調が良くないとのこと。

 発表された瞬間、皆固まってしまう。心配やショックや淋しさ、体調回復に努めて欲しい気持ちやらが入り乱れるも、これが苦渋の末の決断で、先生のほうが余程余程お辛いのは察して余りある……。泣くわけにはいかない。必死で涙を抑える。
 皆も同じ気持ちなのであろう。レッスン終了のレヴェランス(ご挨拶の動作)の後は、誰もこの件を口にせずに自主練等の開始。いつも通りのスタジオ風景。

P9083934_s.jpg 風邪気味だったのが悪化。喉が痛い痛い、声が出ない、割れる。
 にも関わらず、スタジオ帰りにちょうど仕事をあがった彼氏に、飲みにつきあって貰うことに。軽く飲まずには帰れなかったんだよぅ(thanks)

 この夜はスタジオ解散の夢までみてしまった。

 最後なら、最後だからこそ。皆で、必ず良い舞台にしてみせよう。
---------------------------

【後編へ続く】

唐揚っっっ

NEC_0058_s.jpg カギィたん。
---------------------------

 先日は衣装・小物制作第2段。
 スタジオに籠って帽子を作るぞ装飾品を作るぞ裾を上げるぞ帯を縫うぞ。

 小道具の花を1輪1輪作っていたら手空きの時間が出来てしまい、ついつい久しぶりにシュトラウス(ブーケ)組んでみたりとかしつつも(「1輪1輪」を使うので、結局すぐにバ

ラすのですが)。
 皆で集中して、ひたすら切る切る縫う縫う。あっという間に6時間半も経っていたよ。

 途中、きゃいきゃい話しながら皆で差し入れを頂いたり。縫った縫った作ったよく笑った。
 こういう時間も、やはり良いな。そう感じる日々。

---------------------------
 そんなこんなな先日の居酒屋またたび亭。
 アテは「鶏の唐揚 / トマトとレタスのサラダ」。

 ピカタにするか唐揚にするかで悩んだけれど、今回は唐揚っ。
 
 鶏モモ肉には酒・醤油・生姜を揉み込んでおく。
 塩・胡椒をし、小麦粉(片栗粉を切らしております)を軽く塗したら、フライパンにて多めの油で炒め揚げにしていきます。
 (その間にサラダを作っていく。今回の材料はレタス・トマト・舞茸・ブラックオリーヴ。)

 火力を随時調整しながら、表面カリっ・中しっとりに仕上げましたら。
 ネギの輪切りを載せ、スダチを添えて頂きまーす。

P9294029_s.jpgP9294028_s.jpg

 あああ、カリッとじんわり。我ながら美味しーーー!
 ではいざ、乾杯!