AX

爽やかな緑の重なりに、アクセントを添える / カレーオムライス

 さて、先日のお花。
 テーマは『下から見上げる形』。
 花材:ナナカマド / グロリオサ / オンシジウム

P5318348_s.jpg

 明るく淡いグリーンの連なりを豪快にいかし、爽やかな印象に纏めてみました。
 グロリオサもまだまだ余っていたのだけれど、爽やかさの中のアクセントとして使用は2本に止める。 

---------------------------
 さて、そんなこんなで先日の居酒屋またたび亭。
 今回は撮り溜めしちゃっている写真の放出です。
 アテは「カレーオムライス」。夫作。5/26(sun)の休日ブランチ編であります。

P5268296_s.jpg

 ・カレーオムライス :夫作。

 玉葱、マッシュルームを炒め、ご飯を投下。ケチャップ、塩、胡椒、コンソメで調味。

 傍らでフライパンに卵を熱する。
 卵の上にケチャップライスを載せ、フライパン上でとんとんくるりと丸めてオムライスの完成。 
 お皿に盛り、温めておいたレトルトカレーをかけて出来上がり。

P5268294_s.jpg

 添えますはレタスとマッシュポテトのサラダ
 マッシュポテトは「薔薇タルト」のときの余剰分を活用したもの。

P5268301_s.jpg

 ではいざ。

 ……「あ、また休日だからって昼間っから紅茶ブランデーか」と思ったそこの貴方。
 今回はなんと、ブランデー抜き(故に炭酸水も抜き)。正真正銘のアイスティーです。 の ん あ る こ ー る !  

 この日は振り入れ日だったため、このブランチを頂いたのち、ダンススタジオに向かいました。

 ではいざ。乾杯っ☆(……は夜までお預けっ)

↓応援のクリック頂けると、励みになります☆ (1日1クリック有効)
 
 
スポンサーサイト

け、掲載っ!? / 自主練後、蒸し鶏サラダと自家製オイルサーディン・オーブン焼き

 5/30(thu)のこと。
 PCアドレス宛のメールをスマフォでチェック。チェ……ん? 何? え!? 嘘ーーー!!!

 け、掲載!
 掲載頂くことになりました!

 「サントリーさん自家製フルーツブランデーコンテスト」に投稿致しました葉っぱによるフルブラ・レシピが、サントリーさんのホームページにて掲載されることになりましたーーー!!!

 7月下旬〜8月頃フルーツブランデー公式サイトの『レシピ検索』内に掲載頂く予定です。

 サントリー様、レシピブログ様、本当にありがとうございます!
 勿論、コメント下さった皆様、「おいしそう」「ナイスフォト」をクリック下さった皆様、ありがとうございます〜☆

 掲載されましたら、改めてお知らせいたします。観て下さったら大変嬉しく思います☆
 
 わーい。わーい。きゃーーー。
 一晩中歌って踊っていられる勢いで嬉しいです。♪I could have danced all night〜 :D
---------------------------
P5228083_s.jpg
---------------------------
 さて、そんな5/30の夜。
 この日は5週目につき、レッスン休講。
 
 ってな訳で。 今宵も会社からスタジオへ直行。
 レッスン休講が何だ。この機会に、スタジオをお借りして自主練だ〜♪

 一番乗りしてこの前の振りを練習、練習。その後ちらほらと他のメンバーさんも来て、皆で一緒に合わせていく。
 色々振り合わせできたよー☆
 ♪1 and 2 ~, 3 and 4 and 5 ~ 6! 7 and 8 and 1!!!♪

 振り入れから間を開けずにみっちり自主練出来るって、すごく良いなぁ。充実した濃い時間になりました♪

・~・~・~・~・~・~・~・~・
 そんな5/30の居酒屋またたび亭。
 アテは「しっとりシャキシャキ、蒸し鶏サラダ / きのこと自家製オイルサーディンのオーブン焼き」。夫作。

 22:00、自主練より帰宅。夫が夕食を準備してくれていました。いつも本当にありがとう~♪

P5308334_s.jpg

・~・~・~・~・~・~・~・~
 ・しっとりシャキシャキ、蒸し鶏サラダ :夫作。

 鶏ささみに胡椒、ナンプラーを振り、片栗粉、コーンミールを塗す。
 シリコンスチーマーで蒸したら、ナンプラー、モルトビネガー、醤油、砂糖、鷹の爪、生姜の擦りおろしを合わせたタレに軽く漬け込む。
 たっぷりレタス、キュウリ、水菜、三つ葉と共に盛り、ミニトマトを添えて完成っ。
 ドレッシングは漬け込み汁と、市販のシーザードレッシング、チリパウダーを合わせたもの。

P5308335_s.jpg

 さっぱり美味♪
 しっとりしたささみを、ふわり優しく包むタレ。
 鶏としゃきしゃきお野菜との相性も抜群☆ 2人であっと言う間に完食~。
 
・~・~・~・~・~・~・~・~・
 ・きのこと自家製オイルサーディンのオーブン焼き :夫作。
 
 ----- 先ずはここ数日楽しんでいるオイルサーディンのご紹介 -----
 恩田さんの自家製オイルサーディン :夫作。
 かたくちいわしは頭を取り、内臓を除いて掃除。よく洗って水気を切る。
 バットに並べ、オリーブオイル、バイマックルー、鷹の爪、塩、粒胡椒を入れる。
 オーブン120℃で4時間前後。骨まで軟らかくなったらok。以上。
 -----------------------

 で、そのオイルサーディンをミニトマト、しめじ、マッシュルームと合わせ、オーブンで焼いて出来上がり。
 
P5308339_s.jpg

 濃厚な風味のoiled sardine♪ そこにキノコの風味やトマトの旨みが加わって、幸せな一皿に☆
 バゲット添えても美味しかったろうな。載せて良し、吸わせて良しで。

 其々の具材を食べても美味しい、一緒に合わせて食べても美味しーい!

・~・~・~・~・~・~・~・~・
 ではいざ、乾杯☆
↓応援のクリック頂けると、励みになります☆ (1日1クリック有効)

振り入れ、開始! / ぱりぱり特大アスパラガス, 修行初日の胡瓜と共に

 さて。5/26(sun)のこと。
 午前中にた~っぷり洗濯物を干したら、午後からは公演の為の振り入れ。
 13:00-17:00の4時間で、振りから構成から全て丸々1作品仕上げます。

DCIM0010_s2.jpg
気合いを入れて臨みます!
・~・~・~・~・~・~・~・~・
 とある小道具を使った、幻想的で美しい作品。
 「自転しながら公転」も久々♪ 各自くるくる回りながら、円に沿ってくるくる進む~。
 集中に集中を重ねた4時間でした。ハードだったけれど、たーのしかったー♪

 これから、どんどん磨き込んでいきます! 
 他の作品たちも、どういうのを踊れるのだろう。楽しみ☆
 
=====================
 ってな訳で、イメトレしつつ帰宅。きたく……あれ!?

 ……無い。無い、無い、無いっ。無いーーー!!!
  ど こ 行 っ た 、 わ た し の デ ジ カ メ っ っ 。

 スタジオか?
 スタジオに置き忘れたか? 嗚呼、電車で落としたのではありませんようにー! せめてスタジオに有っておくれ。

 ってか、練習動画。今日撮った振り入れ動画!
 観たかったのに。確認したかったのに。復習やセルフ駄目出しやイメトレしたかったのに。ひーーー。

 ***翌日、スタジオにあると確認が取れました。ピアノの上に有ったそうです。ホント良かったよぅぅ~。
 た、多分アレだ。練習終了後「葉さん、ここ教えてー」の際、慌ててピアノの上に置いちゃったんだろうな。そしてそのまま自主練に没頭し、おバカ葉っぱ、デジカメのことをすっかり忘れてしまったと……。嗚呼。

 と、兎に角。有って良かったーーー!

 ……ちなみにそんな訳で、この記事の写真は全てスマートフォンで撮影したものになります。
 しかもスマフォ新調したてで、この機種でのカメラ撮影はほぼ初めてという状態……orz


---------------------------
 さて、気を取り直して振り入れ翌日。5/27(mon)の居酒屋またたび亭。
 アテは「ぱりぱり特大アスパラガス / ほ助さんの縞々胡瓜 / レタスとコーンと水菜のサラダ、三つ葉添え」。葉作。

 お裾分けで、立派なアスパラガスを頂きました。

DCIM0020_smatatabi.jpg
この長さ、この厚み!身もぎゅっと締まってるよ~♪

 ともなれば、コレでしょう。葉定番:ぱりぱりアスパラガスっ☆
 会社から帰宅、お風呂入ったら……ではいざ、調理♪

DCIM0038_2_s.jpg

・~・~・~・~・~・~・~・~・ 
 ・ぱりぱりアスパラガス: 葉作。

 作り方はコチラ
 今回アスパラガスが特大だったため、分量は「アスパラガス1本に対し、春巻きの皮を1枚」に変更しています。
 また、フライパンではなく、オーブンで焼きました。
 ……直径26cmのフライパンに、入りきらなかったの……(笑
 折角だからこの長さを活かして作りたかったので、今回は何が何でもオーブンで。

・~・~・~・~・~・~・~・~・
 添えますは「ほ助さんの縞々胡瓜」。修行1回目。
 春巻き焼き上がり待ちの時間を利用して、初挑戦してみました。

DCIM0025_s_sakusei_matatabi.jpg

 や……やはり、難し~い。「難易度高」との解説にも大納得。包丁が思うようには入らない……。要:精進っ。

 でも、見た目が楽しかったり、食感の変化がついたりで、ついつい手が伸びる仕上がりに。
 種を除くだけでも全然違いますね~。
 時間の取れる夜には、これは今後も続けていきたいなー。

***************
 さて。春巻きも焼けましたよ♪

DCIM0036_s.jpg

 嗚呼、ぱりっぱりの皮の先に、じゅわっとアスパラガスの旨みが溢れる。
 美味し~い。ビールっ。

 胡瓜も美味しっ。ぱくぱく進む~。

・~・~・~・~・~・~・~・~・  
 では、レタスとコーンと水菜のサラダ、三つ葉添えと共に。

 ではいざ、乾杯☆

↓応援のクリック頂けると、励みになります☆ (1日1クリック有効)

[ver.2] 【パプリカ練り込み版】ハートの女王の薔薇タルト ∼コテージ・パイ風∼

 さてさて、そんなこんなで先日の居酒屋またたび亭。
 アテは[ver.2] 【パプリカ練り込み版】「ハートの女王の薔薇タルト 〜コテージ・パイ風〜 」。葉作。

 前回作った『ハートの女王の薔薇タルト ∼コテージ・パイ風∼』の、version 2であります。
 約4/5量のマッシュポテトに、パプリカパウダーを練り込みました♪ より色鮮やかに仕上がったよー。

 材料・作り方の記述のうち、前回と違う箇所はグリーンのフォントで表示します☆
 *写真は全て新しいものです♪(工程8の白生地薔薇マッシュを除く)

・~・~・~・~・~・~・~・~・
P5248258_s2.jpg

 では、コンセプトのご提示を再び。
 
 『不思議の国のアリス』からのインスピレーションで。
 赤の大好きなハートの女王の庭に、間違えて白い薔薇を植えてしまい、大慌てで赤いペンキを塗るトランプ庭師たち。
 その薔薇を、イギリス料理の「コテージ・パイ」風、創作じゃがタルトにしてみました♥

 また、「不思議の国の〜」の物語終盤では、『誰がタルトを盗んだのか?』という裁判が開かれます。
 そのタルトへも連想を繋げつつ。

=======================
 右下の写真は、その昔オックスフォードの"Alice's Shop"で購入したティータオルの絵柄の一部。
 全景はコチラの"Looking-Glass Tea Towel Navy Blue"になります。


P5258284_s.jpg ~ 材料:2人分(プリン型4個分)

 牛挽肉:150g
 玉葱: 1/4個
 セロリ: 1/8本
 トマト: 小1個
 塩, 胡椒, GABANナツメグ: 適量
 赤ワイン: 大匙2
 ウスターソース: 小匙2

 じゃがいも: 中2個
 塩, 胡椒: 適量
 牛乳: 大匙1~2
 GABANパプリカ: 適量
 
 == 生地用 ==
 春巻きの皮: 2枚, 溶かしバター: 大匙1前後

 ~ 作り方 ~
 1. じゃがいもは皮を剥き、茹で始める。

 2. 傍らでセロリの筋を除き、微塵切り。玉葱も微塵切り。油(分量外)を引いたフライパンで、じっくり弱火で炒める。
 3. 2を炒める傍らでトマトを切る。種は除いて、小さい賽の目に。
 4. 2のフライパンに挽肉投下。中~強火に。挽肉の色がほぼ変わったら、3のトマトを投下。ざくざく炒め合わせ、塩、胡椒、GABANナツメグを振る。
 5. 赤ワインを入れる。炒め合わせたらウスターソースも投下。汁気が無くなるまで中火で煮詰めていく。胡椒、GABANナツメグで最終調整(味はやや強めに調味しておいて下さい)。火を止める。

 6. 春巻きの皮を適当な大きさに千切り、プリン型の内側にラフに沿わせる。2∼3層重ねたら溶かしバターを塗り、トースターで7分前後焼く。パリッとしたらok。粗熱が取れたら、プリン型と皮との間を、楊枝等でぐるり一周。型から外し易くしておく(未だ外さないこと)
 7. 6を焼いている間に、茹で上がったじゃがいもを滑らかに潰す。牛乳も混ぜ合わせ、塩、胡椒で調味。
*通常のマッシュポテトよりもやや固めに仕上げて下さい。
 このマッシュポテトの4/5量にGABANパプリカパウダーを混ぜ込み、赤生地を作る。
 お好みの色合いになるまでパプリカパウダーを混ぜ込んで下さい。


 8. では、薔薇のマッシュポテトの成形です。要は、紙粘土細工の薔薇の作り方と同じです。
 8-1. マッシュポテトで、直径1.5~2cmくらいの小さな球を何個か作る。
 8-2. ↑を、平べったく楕円に伸ばす。ラフな形でall right。
P5137894_s_s.jpg P5137895_s_s.jpg
 8-3. 8-2をくるっと丸め、花芯を作る。その外側に、楕円ポテトを重ねていく。
P5137896_s_s.jpg P5137897_s_s.jpg
P5137902_ss.jpg 薔薇の完成。
 これを赤生地で2個、赤生地と白生地のミックスで1個、白生地で1個作る。

 *ミックス生地用の花びら→
P5248174_s_s_s_s.jpg

 9. プリン型に入れたままの春巻きカップに、7のマッシュポテトを薄く敷く。その上に、粗熱の取れた5の挽肉を敷き詰め、更にマッシュポテトを薄く重ねる。8-3の薔薇を載せる。

P5248210_s.jpg

 10. トースターを予熱。溶かしバターを薔薇に塗る。トースターで焼き、プリン型から外して出来上がり。

・~・~・~・~・~・~・~・~・
P5248276_s.jpg

P5248231_s2_s.jpg
さくっと盛ったレタスまで薔薇っぽくなった。

・~・~・~・~・~・~・~・~・
 ではいざ……。

P5248265_s.jpg

 あああ、やはり美味しっ。
 風味を深め、味の引き締めにもなるナツメグ。玉葱とセロリの甘み。挽肉の旨みに、滑らかなマッシュポテト。
 それにホント、英国じゃが料理とバスペール・エールの相性の良さったらもう。

 『不思議の国のアリス』、『鏡の国のアリス』。オックスフォードの街並みや、"the golden afternoon"に思いを馳せつつ。

 ではいざ、乾杯っ☆

人気おかずの料理レシピ
人気おかずの料理レシピ

↓応援のクリック頂けると、励みになります☆ (1日1クリック有効)

いけばな, a tropical summer / レタスたっぷり、チリビーンズ・サラダ

 さて。先日のお花。
 花材:スパイラルバンブー / アンスリウム / スプレーバラ / モンステラ

P5228069_s.jpg

 夏らしい雰囲気の作品になりました。
 ひよひよっと伸びる線をいかしつつ、足元はバラでこんもりと。

P5228080_s.jpg
足元部分。先生にもお褒め頂いたよ♪

---------------------------
 そんなこんなな先日の居酒屋またたび亭。
 アテは「レタスたっぷり、チリビーンズ・サラダ」。葉作。

 葉定番のチリビーンズ・サラダ。
 それを、GABANナツメグとハウスカレーパウダーでupgradeしてみました☆

 アルコール分解能力が高いというトマトをたっぷり♪
 更に挽肉と豆で、肝臓の働きを良くするタンパク質、酒飲み必須栄養素のビタミンB1も摂れます。
 酒飲みさんにも嬉しいボリュームサラダです。

P5228097_s.jpg

 ~ 材料 ~

 === チリビーンズ: 600mlのタッパーにいっぱい分(常備菜として) ===
 合挽肉: 300g
 玉葱: 1/4個
 セロリ: 茎を1本
 トマト: 1個
 ミックスビーンズ: 200g
 GABANナツメグ: フライパンに広がる挽肉全体に振りかかる量
 ハウス カレーパウダー: フライパンに広がる挽肉全体に振りかかる量を3往復
 チリペッパー: フライパンに広がる挽肉全体に振りかかる量
 ケチャップ: フライパン4周分程度
 ウスターソース: 大1~2
 赤ワイン: 80cc前後
 塩、胡椒: 適量
 タバスコ: お好みの量
 
 === サラダ: メイン料理として1人分 (サイド料理として取り分けるなら2~3人分)===
 レタス: 3枚
 トマト: 1個
 マッシュルーム: 2個
 スライスチーズ: 1枚

P5238153_s.jpg

 ~ 作り方 ~
 1. 先ずはチリビーンズの調理。セロリの筋を除いたら、玉葱、セロリを微塵切り。オリーブオイル(分量外)と共にフライパンへ投下。弱火でじっくり炒める。
 2. 1が透き通ってきたら挽肉を投下し、火力を上げて炒める。挽肉の色が変わってきたら、トマトとミックスビーンズも投下。炒め合わせていく。
 3. 2を塩、胡椒で調味。ケチャップ、ウスターソースも入れ、GABANナツメグとハウスカレーパウダー、チリペッパーも振る。赤ワインを入れ、ぐつぐつことり煮込む。

 4. 1~3と同時進行でレタスを洗って千切り、トマトも洗って切る。マッシュルームは汚れを払い、石突きを落としてスライス。チーズも千切る。
 お皿にレタス、トマトを盛り付け、チーズ、マッシュルームを散らしておく。

 5. 4のサラダに、3の熱~いチリビーンズをとろ~りかける(170cc前後)。タバスコを数滴振り、仕上げのカレーパウダーを一振りして出来上がり♪

P5228113_s.jpg

・~・~・~・~・~・~・~・~・
 調味料の分量は目安です。お好みで加減して下さい。葉っぱは勿論、ビールに合う辛めが好きです♪(笑

 カレーの風味がふわり、後味ピリリ☆なチリビーンズで、しゃきしゃきレタスがばりばり進むっ。冷・温の取り合わせもまた病み付きに。ほくほくの豆も美味しーい。

 GABANナツメグでぐっと味が引き締まり、一段上の大人の味に仕上がりました♪
 嗚呼、ビールが進むよーーー。

 *ご飯の上に載せればタコライス風にもなります。
 ってな訳で夫。チリビーンズは多めに作ってあるので、明日にでもタコライスにして食べてね~。

 ではいざ、乾杯っ☆

==========================
人気おかずの料理レシピ
人気おかずの料理レシピ

↓応援のクリック頂けると、励みになります☆ (1日1クリック有効)

銀だらの味噌焼き / ポリポリしゃくしゃく、浅漬け3種

 さて。今年も5/26(sun)より振り入れ開始。いよいよ公演体制へ突入です……!
 今年はどんな作品たちを踊れるのだろう、表現できるのだろう。
 気が引き締まると共に、湧きあがる期待が抑えきれない。楽しみ!

 さぁ来いっ、練習漬けの夏!

---------------------------
 そんなこんなで先日の居酒屋またたび亭。
 アテは「銀だらの味噌焼き / ポリポリしゃくしゃく、浅漬け3種」。夫作。

 この日、夫はお仕事お休み。
 葉っぱが会社から帰ったら、アテを準備してくれていました。
 しかも『最近お肉が続いたから、そろそろ魚も食べたいな』という葉のリクエストに応えてくれたもの。ありがとうー!

P5208060_s.jpg

・~・~・~・~・~・~・~・~・
 ・銀だらの味噌焼き: 夫作。

 タラに味噌だれを塗ってしばし放置。フライパンで焼いて出来上がり♪
 味噌だれは「恩田さんのランバダ味噌」を使いました。

P5208050_s.jpg

 *「恩田さんのランバダ味噌」…命名:夫。基本はコチラの味噌だれです。
 お野菜にも肉にも魚にも豆腐にも、何にでも合います♪ 美味っ。夫はご飯のお供にもしています。
 ちなみに何故ランバダなのかは、全く以て不明。

 なんと、芍薬の花びらを添えるなんて演出も披露してくれたよ。
 お皿の対角に2箇所、ひらひらり。卓上の芍薬を愛でつつ、器の花びらも愛でる。おお、風流ではないか。

 しっとり柔らかな鱈に、味噌の風味がふわり優しく絡む。美味しっ。

・~・~・~・~・~・~・~・~・
 ・胡瓜と大根のお漬け物 大葉風味 / セロリの浅漬け / キャベツの浅漬け

 「胡瓜~」は葉作。作り方はコチラ
P5208065_s.jpg

P5208064_s2.jpg

 セロリの浅漬け:夫作。
 塩、ナンプラー、モルトビネガーで漬けたもの。しゃくしゃく美味っ。セロリlove☆ 

 キャベツの浅漬け: 夫作。
 セロリと一緒に、塩、ナンプラー、モルトビネガーで漬けたもの。優しい歯触りと、ふわり漂うナンプラーの風味。

・~・~・~・~・~・~・~・~・
 嗚呼、幸せーーー♪

 ではいざ。慌ただしい1日をswitch off。
 さあ、心ゆったりと……(ビールはぐびぐびと!?)

 ではいざ、乾杯っ☆

↓応援のクリック頂けると、励みになります☆ (1日1クリック有効)

胡瓜と大根のお漬物 大葉風味

 さてさて。またたび亭風景紹介の続きです。
 今回は「胡瓜と大根のお漬物 大葉風味」のご紹介~。

P5198045_s.jpg

 ・胡瓜と大根のお漬物 大葉風味: 葉作。

 胡瓜: 2本
 大根: 刻んで大根と同量になるくらい
 大葉: 10枚
 塩、胡椒、出汁、創味のつゆ(麺つゆ): 各適量

 胡瓜と大根はあられ切りに。大葉は繊切り。
 具材を全て合わせ、塩、胡椒、出汁、創味のつゆで和える。冷蔵庫でしばし冷やすのみ。以上っ。

P5228130_s.jpg
(アップの写真は別の日に撮ったもの。漬け込み2日目の状態です。)

 漬けて10分くらいでも食べられます。冷蔵庫で3~4日は持ちますよー。
 
 しゃきしゃきポリポリの歯触りが美味しい♪ 大葉の香味も爽やか。嗚呼、ビールーーーっ。
 夫にも好評で嬉☆

・~・~・~・~・~・~・~・~・
 豆腐には創味のつゆをかけ、柚子胡椒を載せて頂きます。

 きんぴらは前々日に仕込んでいた常備菜ゆえに。
 この夜はお漬物を和えてお豆腐を切って、3品盛りつけたらあっと言う間に晩酌準備の完了〜。

 今宵は牛と牛蒡とお揚げの金平 / 胡瓜と大根のお漬物 大葉風味 / 冷奴」の3品で、美味しくお酒を頂きまーす。

 撮影完了後、外出していた夫が帰宅。おかえりー。一緒に飲むかい~。

======================
P4297806_s.jpg
陽だまりのロテ君。

 では。とある休日の夕方。
 初夏の日長を愉しみながら、ゆるりと呑みますか。

 ではいざ、乾杯っ☆

↓応援のクリック頂けると、励みになります☆ (1日1クリック有効)

牛肉と牛蒡とお揚げのきんぴら

 そんなこんなで先日の居酒屋またたび亭。
 アテは「牛と牛蒡とお揚げの金平 / 胡瓜と大根のお漬物 ~大葉風味~ / 冷奴」。葉作。

・~・~・~・~・~・~・~・~・
 今回は(今回も?)「時間の無い夜でも、ぱぱっと10分で」がコンセプト。
 そう、例えば「残業後、電車に揺られること1時間半。やっと最寄駅のスーパーへ。さぁ、ぱぱっと作って飲んで呑んで寝て、明日に備えるぞー」な某葉っぱみたいな方にも打って付け!

 ってな訳で今回、「牛蒡と人参の繊切りパック」を使って、とことん手抜き時短・簡単に努めます♪

 Mogさんの美味しそう〜な「牛肉のきんぴらごぼう」に触発されまして。
 牛丼の具を使ってお手軽に、そして葉定番の「お揚げをプラス♪」でお出汁じゅわりに仕上げてみましたよ。
 調理したのは5/17(fri)夜のこと。
 作っておけば後々重宝する常備菜っ。

P5198045_s.jpg
写真は5/19(sun)の夕餉風景になります。

・牛肉と牛蒡とお揚げの金平: 葉作。

 ~ 分量:4~5食分 (常備菜として) ~
 すき家 牛丼の具: 1袋分
 牛蒡と人参の繊切り: 2袋
 麺つゆ: 大2
 水: 微量
 塩: 適量
 油揚げ: 1枚

 ~ 作り方 ~
 1. 牛蒡と人参の繊切りを水洗いし、胡麻油(分量外)で炒める。その傍らで油揚げを油抜きし、短冊に切っておく。牛丼の具も解凍。
 2. 1の牛蒡が透き通ってきたら、牛丼の具をタレごと投下。油揚げも投下。麺つゆ、水、塩で調味。煮含ませ、火を落としてしばし味を馴染ませたら完成。

P5188010_s.jpg

 超時短料理。でいて、じわ~り沁みてくる美味しさ。
 例えどんなに慌しく時間の無い夜でも、一口食めばその瞬間に心身ゆるりリラックス・モードへ。
 そんな幸せ常備菜となります。
 お好みで七味を振ってもまた美味し。

 さあ、今宵も。じわり沁みるアテと美味しいお酒で、張り詰めていた心身をふうっと緩めましょう。

================

「すき家 牛丼の具」の料理レシピ
「すき家 牛丼の具」の料理レシピ


 ではいざ、乾杯っ☆

↓応援のクリック頂けると、励みになります☆ (1日1クリック有効)

オムライス ∼ ゆるり休日ブランチ編 ∼

 さてさて、先日の居酒屋またたび亭。
 アテは「チキンオムライス」。葉作。
 とある休日のブランチ編であります。
 
P5198025_s.jpg

 ∼ 材料:2人分 ∼
 ハウスのカレーパウダー香る、『ごろり骨付き鶏と豆のミルク煮込み ∼カレー風味で∼』: スープ皿1杯分(含:手羽元2本)
 ご飯: 1人前
 玉葱: 1/4個
 バター: 大1~2
 塩、胡椒、ケチャップ: 適量

 卵: 2個
 塩: 少量

 ∼ 作り方 ∼
 1. 手羽元は骨から外し、細かく切っておく。カレー風味ミルク煮込みは温めておく。
 2. 玉葱を微塵切りし、バターと共にフライパンに投下。弱火でじっくり炒める。透き通ってきたらご飯を投下。火力を上げ、ざくざく切るように合わせていく。
 3. 2を塩、胡椒で調味。1の鶏肉とケチャップを入れ、更にざくざく合わせる。
 4. 3の傍らで薄焼き玉子を焼く。卵2個分を一気に焼いて後で二分するも良し、1個1個焼くも良し。
 5. ケチャップライスを盛り、薄焼き玉子でくるりと包む。
 6. 食べる際に、1のカレー風味ミルク煮込みをかけて頂きます☆

P5198038_s.jpg

 玉子をたっぷり使ったふわとろオムライス好きだけれど、
 薄焼き玉子で包んだシンプルなタイプも大好き♪
 葉が作る時は薄焼き、夫のときはふわとろにする率高し。

 ゆるゆる休日のリラックス・モードで、オムライスも気負わず簡単に、ゆるりと巻くことに。
 今回、仕上げにセロリの葉を飾ってみました♪

P5137890_s.jpg

 葉っぱはサラリーマン、夫はここのところ夜型勤務。
 生活時間帯の合わない夫婦ゆえ、一緒にご飯を食べられたの、ちょっと久し振りだねー。

 そんなこと話しつつ、休日ブランチを頂きましたよっと。

 ではいざ、乾杯っ☆

人気おかずの料理レシピ
人気おかずの料理レシピ

↓応援のクリック頂けると、励みになります☆ (1日1クリック有効)

ごろり骨付き鶏と豆のミルク煮込み ∼カレー風味で∼

 そんなこんなな先日の居酒屋またたび亭。
 アテは「ごろり骨付き鶏と豆のミルク煮込み ∼カレー風味で∼」。葉作。

P5177983_s.jpg

 ∼ 材料:(4~5皿分) ∼
 手羽元: 10本
 塩、胡椒: 適量、ハウスのカレーパウダー:作り方の「2」をご参照ください

 新玉葱: 1/2個
 セロリの茎: 1本(筋は除いておく)
 バター: 大1
 小麦粉: 大1~2
 ミックスビーンズ: 150g
 エリンギ: 2本

 牛乳: 600cc, 水:300~400cc
 粒コンソメ: 2個

 ∼ 作り方 ∼
 1. 玉葱とセロリは薄くスライス。バターと共にフライパンに入れ、点火。弱火でじっくり炒めていく。
 2. 1を炒めつつ、手羽元に塩、胡椒、更にハウスのカレーパウダーを振る。カレーパウダーは肉の表面が7~8割茶色くなるまで振り、軽く揉み込んでおく。
 3. 1が透き通ってきたら一旦火を止め、小麦粉を投下。具材にしっかり絡み合わせたら、少量の牛乳を投下。よくかき回しながら、トロリと滑らかに合わせていく。弱火で再点火し、よくかき回しながら、残りの牛乳を数回に分けて加えていく。

 4. 3を煮込みつつ、エリンギを切る。ミックスビーンズとほぼ同じ大きさに。
 5. 鍋に油(分量外)を引き、中~強火に。2の手羽元を入れたら、表面を焼く。そこに3を入れ、水とコンソメも加える。強火にし、煮立ったら中火に落とす。
 6. 5にエリンギ、ミックスビーンズを投下。中弱火で30~40分、ことり煮込む。一旦放置し、軽く冷ます。
 7. 食べる直前に再点火。温め直し、お皿に盛る。仕上げにカレーパウダーを一振り。お好みでセロリの葉を飾る。完成っ。

P5177981_s.jpg

 今回は、さらりとしたミルク煮込みにしてみました。
 『小麦粉を増やす』『水を少な目にする』等で、どろっとしたテクスチャーにも出来ます。さすればミルクシチューに。
 更にカレーパウダーを多めにすれば、ホワイトカレーにもなります。

・~・~・~・~・~・~・~・~・
 さておき。
 嗚呼、さらりとしつつも、とろり柔らかなミルクの風味が鶏によーく絡む。後味にふわっとカレーの香り。
 すっとフォークの入る鶏の柔らかさ。ほくほくの豆。美味しっ☆

 ではいざ、乾杯☆

==============
 おまけ写真:翌日編。 

P5188005_s.jpg

P5187989_s2.jpg

 より一層味が馴染んで、一層美味♪
 それに、煮崩れる寸前のほろほろの豆って、なんでこんなに美味しいんだろう。幸せ。

P5188000_s.jpg

 ではいざ、乾杯っ☆

人気おかずの料理レシピ
人気おかずの料理レシピ

↓応援のクリック頂けると、励みになります☆ (1日1クリック有効)

花:letters / 手作りコーンチップス

 さて、先日のお花。
 『生花と、異質の材料を使う』がテーマ。

 異質。異質。何を使おう。
 クリアファイルかなー、プラスチックのカトラリーも楽しいかも。エアパッキン(通称「ぷちぷち」)も良いかもなぁ。どーしよ。

 そんなこと考えているうちに、目に入ってきた物。
 ……これだ!!! これだ、今まさに私が表したいもの!
 『こう使いたい、こんな風に、こう表現したい』と、どんどんインスピレーションが溢れ出してきた~! 

・~・~・~・~・~・~・~・~・
 ってな訳でお花作品。
 タイトル: letters / 花材: 芍薬、封筒

 1通1通の封筒其々に、大切に封じた想い。
 沢山の方々からの沢山の励ましを、器の上に表現してみたよ。

P5157969_s.jpg

 この作品は、Mogさんへの応援です♪
 みんな待ってるよー。早く元気に退院してきてねー!

---------------------------
 そんなこんなな先日の居酒屋またたび亭。
 アテは「手作りコーンチップス」。夫作。

 実際は4月後半頃の宴風景であります。
 葉っぱが会社から帰ったら、先に帰宅していた夫が作ってくれていました。いつもありがとう♪

P4247756_s.jpg

 ~~~ 材料 ~~~
 コーンミール 100g
 小麦粉 100g
 片栗粉 少々
 塩 小匙2
 オリーブオイル 適量
 水 少々
 ローズマリー

 ~~~ 作り方 ~~~
 材料を全て合わせて捏ね、アルミホイルの上になるべく薄く伸ばす。包丁で切れ目を入れておく。 
 トースターで15分、余熱で5分程焼き、粗熱が取れたら切れ目に沿って割る。
 お好みのソースや野菜を添えて出来上がり♪

P4247758_s.jpg
================
 ザクッとポリポリした食感に、コーンミールの香り。
 サルサソースや野菜と合わせるともう、摘まむ手もお酒もendless☆

 陽気にサルサでも踊りたくなる宴となりましたよ♪
 (*実際「サルサ踊ろうか?」と訊いたら、華麗にスルーを喰らいました。踊って見せても、尚スルーを喰らいました。なんでだー!・笑)

 と、ともあれ。

 ではいざ、乾杯っ☆

↓応援のクリック頂けると、励みになります☆ (1日1クリック有効)

ハートの女王の薔薇タルト ∼コテージ・パイ風∼

 さてさて、そんなこんなで先日の居酒屋またたび亭。
 アテは「ハートの女王の薔薇タルト 〜コテージ・パイ風〜 」。葉作。

 『不思議の国のアリス』からのインスピレーションで。
 赤の大好きなハートの女王の庭に、間違えて白い薔薇を植えてしまい、大慌てで赤いペンキを塗るトランプ庭師たち。
 その薔薇を、イギリス料理の「コテージ・パイ」風、創作じゃがタルトにしてみました。

 また、「不思議の国の〜」の物語終盤では、『誰がタルトを盗んだのか?』という裁判が開かれます。
 (元ネタはMother Goose Nursery Rhymesの"The Queen of Hearts")
 そのタルトへも連想を繋げつつ。

 ……す、すみません。今回、工程数が多いため、レシピ形式で書くと長くなっちゃいました……。
 GABANスパイスで作りましたよっと♪ ありがとうございます、ハウス食品様、レシピブログ様☆

P5137915_s.jpg

・~・~・~・~・~・~・~・~・
 *notes : Sir John Tennielの挿絵の著作権は既に消失しています。
 右下の画像は、"Painting the Rose Bushes", the Victorian Webより。


 ~ 材料:2人分(プリン型4個分)

8_1_240.jpg 牛挽肉:150g
 玉葱: 1/4個
 セロリ: 1/8本
 トマト: 小1個
 塩, 胡椒, GABANナツメグ: 適量
 赤ワイン: 大匙2
 ウスターソース: 小匙2

 じゃがいも: 中2個
 塩, 胡椒: 適量
 牛乳: 大匙1~2
 
 == 生地用 ==
 春巻きの皮: 2枚, 溶かしバター: 大匙1前後

 == 仕上げ用 ==
 GABANパプリカ: 適量, 溶かしバター: 大匙1~2


 ~ 作り方 ~

 1. じゃがいもは皮を剥き、茹で始める。

 2. 傍らでセロリの筋を除き、微塵切り。玉葱も微塵切り。油(分量外)を引いたフライパンで、じっくり弱火で炒める。
 3. 2を炒める傍らでトマトを切る。種は除いて、小さい賽の目に。
 4. 2のフライパンに挽肉投下。中~強火に。挽肉の色がほぼ変わったら、3のトマトを投下。ざくざく炒め合わせ、塩、胡椒、GABANナツメグを振る。
 5. 赤ワインを入れる。炒め合わせたらウスターソースも投下。汁気が無くなるまで中火で煮詰めていく。胡椒、GABANナツメグで最終調整(味はやや強めに調味しておいて下さい)。火を止める。

 6. 春巻きの皮を適当な大きさに千切り、プリン型の内側にラフに沿わせる。2∼3層重ねたら溶かしバターを塗り、トースターで7分前後焼く。パリッとしたらok。粗熱が取れたら、プリン型と皮との間を、楊枝等でぐるり一周。型から外し易くしておく(未だ外さないこと)
 7. 6を焼いている間に、茹で上がったじゃがいもを滑らかに潰す。牛乳も混ぜ合わせ、塩、胡椒で調味。
*通常のマッシュポテトよりもやや固めに仕上げて下さい。

 8. では、薔薇のマッシュポテトの成形です。要は、紙粘土細工の薔薇の作り方と同じです。
 8-1. マッシュポテトで、直径1.5~2cmくらいの小さな球を何個か作る。
 8-2. ↑を、平べったく楕円に伸ばす。ラフな形でall right。
P5137894_s_s.jpg P5137895_s_s.jpg
 8-3. 8-2をくるっと丸め、花芯を作る。その外側に、楕円ポテトを重ねていく。
P5137896_s_s.jpg P5137897_s_s.jpg
P5137902_ss.jpg 薔薇の完成。これを計4個作る。

 9. プリン型に入れたままの春巻きカップに、7のマッシュポテトを薄く敷く。その上に、粗熱の取れた5の挽肉を敷き詰め、更にマッシュポテトを薄く重ねる。8-3の薔薇を載せる。

 10. トースターを予熱。溶かしバターとGABANパプリカを溶き合わせ、薔薇に塗る。トースターで焼き、プリン型から外して出来上がり。

・~・~・~・~・~・~・~・~・
 要は「挽肉を炒めて味を付け、耐熱皿に載せたらマッシュポテトで覆って焼く」。これが基本のスタイルです。

 ではいざ……。

P5137912_s.jpg

 美味し~い♪
 ナツメグでグッと奥行きの深まった挽肉の風味。野菜の優しい甘み。とろり滑らかマッシュポテト。
 パリッパリの春巻きの皮。

 次回は半量程のマッシュ生地にパプリカパウダーを練り込んで、部分的にもっと鮮やかな赤を出してみたい。
 そんなこと話しながら、ぱくぱく食べてしまいました。美味しっ。

 嗚呼それに、ポテト料理とバスペール・エールの相性の良さったら。幸せ。

P5137919_s.jpg

 ではいざ、乾杯っ☆

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 ↓↓↓ パプリカ練り込み版の「第2弾」はコチラ♪ ↓↓↓
 [ver.2] 【パプリカ練り込み版】ハートの女王の薔薇タルト ∼コテージ・パイ風∼


人気おかずの料理レシピ
人気おかずの料理レシピ

↓応援のクリック頂けると、励みになります☆ (1日1クリック有効)

きのこたっぷり、すき焼き風煮込み

 さて、土曜のこと。夜からは相変わらずダンスレッスン。
 クラシック・バレエでぎっちりみっちり身体に基礎を叩き込み、その後はジャズをとことん踊る。
 今宵は明るく楽しい激しい曲。ああ、たーのしかったー♪

 続く日曜。
 やーーーーっと晴れたよー! 気持ち良~く晴れたよー!

 洗濯物をたーくさん干してご機嫌。からりと乾きそう。幸せ♪

---------------------------
 そんなこんなで先日の居酒屋またたび亭。
 アテは「さっと簡単、すき焼き風煮込み」。葉作。

 流石に平日の疲れがしぶといぃぃ。凝ったお料理を作る気力が湧かず……。
 それなら。折角ならこの機に使ってみるか。牛丼の具♪

 そう、当選致しましたー! 「すき家 牛丼の具」のレシピモニター。
 ありがとうございます、トロナジャパン様、レシピブログ様☆

P5127956_s.jpg
・~・~・~・~・~・~・~・~・

 ~ 材料:2人分 ~

 すき家 牛丼の具: 2袋分
 葱: 1/2本
 油揚げ: 2枚(油抜きしておく)
 エノキ: 半パック
 しめじ: 半パック
 豆腐: 1/2丁
 ほうれん草: 少量
 三つ葉: 少量
 水: 100cc程

 ~ 作り方 ~

 1. 葱は薄皮を剥き、適当な長さに切る。ほうれん草、三つ葉も洗って切っておく。エノキとしめじ、豆腐も切る。
 2. 油(分量外)を引いた中火のフライパンに葱を投下。途中、豆腐も投下。焦げ目が付いてきたらエノキ、しめじも投下。軽く炒めておく。
 3. 2と同時進行で、「牛丼の具」を解凍。『すき家"秘伝のタレ"』ごとフライパンに入れる。水も入れ、強火に。煮立ったら中火に落とし、油揚げ、ほうれん草を入れる。ことり煮込み、火を止めしばし放置。
 4. 食べる前に軽く煮込み直す。お皿に盛ったら、三つ葉を散らして出来上がり。
 
 *ポイント:牛丼の具を入れる際、牛肉は他の具材を覆うようにして入れて下さい。
 折角の柔らかい牛肉が固くなるのを防ぎます。他具材への味の染み込みも良くなるよー。

P5127953_s.jpg

 *写真は出来上がる量の半量、1人分です。
 
 夫は仕事で帰宅の遅くなる晩。ってな訳で夫の分はラップをかけて冷蔵庫へ。
 明日のお昼にでも食べてねー。

P5127938_s.jpg

 調味料一切なしでこの美味しさ!
 じ~んわり心身に沁みてくる。嗚呼、幸せ☆
 
================
 写真は金曜、夫が突然買ってきてくれた花束。
 特に何かの記念日でもないのに、サプライズでプレゼントしてくれました。嬉しいー!

P5107906_s.jpg

 ありがとう☆

P5107911_s.jpg

 ではいざ、乾杯っ☆

「すき家 牛丼の具」の料理レシピ
「すき家 牛丼の具」の料理レシピ


↓応援のクリック頂けると、励みになります☆ (1日1クリック有効)

祝宴: きのこサラダ ~葉っぱ風~ / fish & chips, and so on [つくレポ2品☆]

 さてさて、そんな5/6の居酒屋またたび亭。
 祝宴~♪ってな訳で、アテは「きのこサラダ ~葉っぱ風~ / fish & chips, and so on」。夫婦共作。
 2品ともつくレポでもあります☆ 

P5057860_s.jpg

・~・~・~・~・~・~・~・~・
 ・きのこサラダ ~葉っぱ風~ :葉作。

 なんと、『葉っぱさんってこういうの食べていそう』というイメージの元に、Mogさんが作って公開してくれたサラダ!
 しかも、三つ葉だよ胡瓜だよ茗荷だよ。そしてその奥にはたっぷりキノコ。
 ツボを突かれすぎて歓喜。Mogさんありがとう~!

 Mogさんのオリジナル・レシピはこちら → きのこサラダ〜葉っぱ風〜 

P5057850_s.jpg

↓お野菜の下には、た~っぷりキノコ♪
P5057877_s_s.jpg

 シャキシャキのお野菜、とろーり出汁溢れるキノコ。三つ葉の香味。美味しーーーい!
 
・~・~・~・~・~・~・~・~・
 ・fish & chips... and so on : chipsは葉作、fish and so onは夫作。

P5057873_s.jpg

 "and so on"が沢山になってしまい、肝心のフィッシュが見えない事態に!(笑
 具材はタラ、エリンギ、エノキ、茗荷、三つ葉、豆苗。

 衣の配合はコチラ
 コーンミールを入れるのがポイント。カリッとした食感が持続します!

 そして……misaさんの芸術的チップス! chips, the misa-san's special☆
 茹でて冷まして、揚げて冷まして、更に揚げて……と手間を惜しまずに揚げたチップスでありますよ。
 カリッカリのほっくほくで、本当に美味し~い♪

 misaさんのオリジナル・レシピはコチラ → Double Cooked Chips

・~・~・~・~・~・~・~・~・
 で。チップスと言えば、モルトビネガーだ!
 ケチャップも美味しいけれど、「ザ・イギリス」を味わうためにも、ここは是非モルトビネガー♪
 嗚呼、この病み付きになる風味。タラにもチップスにも合いまくり!フリッターにも合う合う~。

P5057862_sSQ.jpg

 さて。エールグラスを出しまして。バスペール・エールを開けまして。

 ……夫(と言うか、当時は「恩田さん」)とblog上でやりとりが始まったのは、2007年夏頃。
 1998年開設のまたたび亭の15周年を、夫も祝ってくれましたよー。 

 ではいざ、乾杯ー!

================
 おまけ画像。
 翌日のお楽しみ。「カリカリ天丼 ~the fritters~」。prepared by 葉。

P5067887_s.jpg

 コーンミール効果で、翌日になっても表面カリッカリ!
 夫は寧ろ、こちらの天丼ver.に激ハマり。
 
 ご飯半人前に水菜、フリッターを載せ、三つ葉を散らす。創味のつゆ(麺つゆ)、モルトビネガーをかけて頂きます。

 ではいざ、乾杯っ☆

↓応援のクリック頂けると、励みになります☆ (1日1クリック有効)

またたび亭15周年☆

 さて。2013年5月6日。
 居酒屋またたび亭、 開 設 よ り 1 5 周 年 を 迎 え ま し た ☆ 

 ○周年の折には度々載せている文章ですが……

・~・~・~・~・~・~・~・~・
 親友にがうりに教わりつつ、初めてwebサイトを立ち上げたのは1998年5月6日。
 以降、沢山の方々にご贔屓にして頂き。online・offlineに関わらず、接触し、話し、出会い、再会し。

 遠方の旧友と連絡を取り合えるだけに留まらず。
 offlineだけでは接する機会が無かったであろう数々の方とも言葉を交わせる、ネットのチカラ。

 交流下さる皆様、いつも本当にありがとうございます。ココロから感謝です!
・~・~・~・~・~・~・~・~・


↓blogならぬ、html(webサイト)で運営していた頃のスクリーンショット。
27_0131_s_s.jpg
*あ、ちなみにこの「夢も希望も」は、夫に出会ってから変わってきましたよぅぅっっ。ご安心ください(笑

========================
 当初より、ダンス練習な日々や食写真とその解説、猫写真を中心に、日々の切り抜きを綴って参りました。
 これからも、酒と肴と舞と猫と花な温かい日々をお送りしていきたく思っております。

・~・~・~・~・~・~・~・~・
 *とある晩、夫の作ってくれたささっと一品。「ミニトマトの焼きベーコン乗せ」
P4117679_s.jpg
 ミニトマトの旨み。トースターで焼いたベーコンの甘さに、大葉の爽やかさ。美味しいっ!

・~・~・~・~・~・~・~・~・

 ではいざ。 
 またたび亭をご愛顧下さる皆様に感謝を込めて。
 
 ではいざ、乾杯☆

↓応援のクリック頂けると、励みになります☆ (1日1クリック有効)

いろいろ野菜のビール・フリッター

 そんなこんなで、G.W.中の某日。
 葉っぱは相変わらず、夜からダンスレッスンな日。
 クラシックバレエの基礎を身体に叩き込み叩き込み、その後はジャズを踊りまくりますよ。今宵は明るい楽しい曲。Lagy Gagaの"the edge of glory"のアレンジ曲でありましたよ。フィナーレ風の華やかな曲 & 振り付け。

 あああ、踊った踊った汗かいた。
 さて、明日もお休み♪ 時間を気にせず、の~んびり飲めるー。

 そう幸せに浸りながら帰ったら。
 先に帰宅していた夫が、アテをスタンバイしてくれていました。うわー、いつもありがとう!
 
・~・~・~・~・~・~・~・~・
 ってな訳で先日の居酒屋またたび亭。
 アテは「いろいろ野菜のビール・フリッター」。夫作。

P4257763_s.jpg

 === 衣 分量 ===

 薄力粉 50g
 コーンミール 50g
 片栗粉 大匙1前後
 ハーブソルト 小匙1くらい
 キリンラガービール(良く冷えた、開栓したてのもの) 生地の固さを見ながら適量

~~~~~~~~~
 衣をさっくり合わせ、具材に絡めたらカラリと揚げる。以上っ。

 ビールはネタ振りではなく、ホントに「良く冷えた、開栓したてのもの」を使うのがポイント。
 しゅわしゅわの泡で、カラリさっくり揚がります♪

P4257764_s.jpg
大葉~♪ パプリカー♪

P4257767_s.jpg
エノキー♪ エリンギー♪

P4257765_s.jpg
胡瓜ー! 意外な食材だけれど、さくっと瑞々しい食感が新鮮!

P4257766_s.jpg
エーリーンーギー♪

 塩かモルトビネガーで頂きます☆

 さて。今宵はの~んびり飲める。
 「飲んで2時間後には寝なきゃ!」な日なら、この時間の揚げ物は怖いけれど。今日はゆるゆるのんびり愉しめるよー。

 ではいざ、乾杯☆

↓応援のクリック頂けると、励みになります☆ (1日1クリック有効)