AX

じゅわり滲みます☆ きのこたっぷり、牛すき煮

 ここ最近のテーブルフラワーは、ダリアさん。

P9280120_s.jpg

 何故か「さん」付けで呼びたくなる風格。

P9280124_s.jpg

 後ろ姿も美しい。

=====================
 さてさて。お陰さまで、チケット売れ行き好調です♪
 皆さまありがとうございますー!!!

 お初の方も、例年来て下さる方も、数年振りの方も、皆様ひとりひとりに心から感謝です☆ わーいわーい、ありがとうございます!
 やはり、観に来てくれると嬉し~~~い。励みになります♪

 という訳でチケット、お陰様で昼の回は残り僅かです。夜の回ならまだ若干確保できます。

 所謂「はっぴょーかい」ではありません。「公演」を行っています。
 かーなーりー楽しい舞台になると、自信を持って断言出来ますぜぃっ。
 是非ご来場くださいませー☆ 必ずや楽しませてみせます♪ そんな舞台を、皆で創っています!

---------------------------
 そんなこんなな先日の居酒屋またたび亭。
 
 Monday, 30th Sep。この日葉っぱは、レッスン無し日。
 月曜。ちょいと残業して、帰宅は20:00過ぎ。
 流石にもう、公演までは。撮るに足るような料理らしい料理を作れるのは、そろそろ最後になるかも……。

 ってな訳で、夫の方がちょっと前に帰宅していたけれど。
 私に作らせて頂きました。ざくざくたっぷり作りましたよ~。

 ってな訳でこの日の居酒屋またたび亭。
 アテは「きのこたっぷり、牛すき煮」。葉作。

P9300152_s.jpg

・~・~・~・~・~・~・~・~・
 ・きのこたっぷり、牛すき煮 :葉作

 牛こまはさっと両面炒める。玉葱、葱も投下。ぎっっちりアク抜きした絹揚げも投下。
 水、出汁、醤油、味醂で煮込む。
 途中、えのき、舞茸もたっぷり加えてグツグツことり。

 煮物系は冷めていく間に味が染み込むゆえに、火を落としたら一旦放置。
 しばしの後、ゆるりと温め直して出来上がり。
 
P9300146_s.jpg

 あっさり、じゅわり。ああ、沁みる。

 ちょっと下降気味だった夫の体調も考慮し、肉でパワーを付けつつも、あっさりじわ旨テイストで心身への癒しにも繋げて欲しいなと。

=====================

 ではいざ、乾杯☆ 

↓応援のクリック頂けると、励みになります☆ (1日1クリック有効)
スポンサーサイト

前日ショック / キャベツとはんぺんのトムヤム・糸こんヌードル

 すんんんんんんんんんんんんんんんごいショックーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!

 本番前日たる10/25(fri)。
 葉っぱさんは休暇を既に申請していたのですよ。上司の承認も頂いていたのですよ。けれど。けれどっ!

 ……別の上司より「どうしてーーーも、その日は出て欲しい。臨時受付をお願いしたい。お休み予定って聞いてるけど、ダメ? ダメ???」と打診を受けてしまっては。再三打診を受けてしまっては。

 やはり、出ない訳にはいかないじゃないか。仕事ナンダシ。会社の方にご迷惑おかけしちゃうし。 

 該当行事は、社外にて行われます。
 現地からの直帰はok出ました。ってな訳で、受付業務完了後、その足でダンス公演会場へ直行しますっ。

 幸い、リハーサルには間に合う。けれど。
 朝のリノ引きには参加出来なくなっちゃったなー……。
 
 重たーーーいリノリウムを運んで敷いて。リノテープでぴったり押さえて。その他会場の仕込みも大変なの。人手が要るの。
 それに、わたし……リノ引きから始まる仕込み、大好きなんだよー。重労働だけれど大好きなんだよー。
 本番前日。マックス状態の高揚感の中、皆で朝早くからひとつひとつ舞台を設営していくこのドキドキわくわく。未だ空の客席を観ながら、「やってやるぞーーー」と湧き上がってくる気持ち。
 
 スタジオの皆にも申し訳ないやら、本人も残念やら。
 まぁ。仕方無い。仕事なのだから(大泣)。

 仕事も、公演も、頑張りマス。どちらも全力で駆け抜けてやるー!
 前日は仕事 & 場当たり & ランスルー(=通し稽古)だ!!!

---------------------------
---------------------------
 そ、そんなこんなな先日の居酒屋またたび亭。
 アテは「キャベツとはんぺんのトムヤム・糸こんヌードル」。葉作。

 Sunday, 29th Sepの食卓風景であります。
 日曜日。葉っぱはこの日、プリミティヴな作品と幻想的な作品の振り固め。
 6時間ほどスタジオに籠って練習を重ねてきましたよっと。

 しかもこの日は、パンフレットにご挨拶を寄稿下さる予定の方が、稽古風景を見学に来て下さることに。 
 しかもしかも、このお方。なんと、東京ディ〇゛ニー・リゾートの演出家の方だとか……!!!(ショウやパレードの演出をされているそうです)
 ひぃぃぃ。感激やら恐れ多いやら。
 衣装も身に着け、練習にも熱が入りに入る。

 帰宅後はシャワーを浴びて……さぁてパパパッと作りますよ~。

P9280136_s.jpg

・~・~・~・~・~・~・~・~・
 ・キャベツとはんぺんのトムヤム・糸こんヌードル :葉作

 糸こんはぎっっっっっちりアク抜き。油揚げも油抜き。
 その傍らで鍋に湯を沸かし、顆粒鶏ガラ、トムヤム・ペーストを投下。
 其々頃合いを見ながら、油揚げ、キャベツ、はんぺんを投下。糸こんも加え、ことり煮込みつつ、醤油や味醂で調味。以上っ。

P9280130_s.jpg

 トムヤム・スープに溶け出すはんぺんの出汁。火の通ったキャベツの甘み。その旨みを存分に含んだお揚げ。ちゅるりん糸こん。

 地味な見た目に仕上げてしまいましたが、味は幸せでした。じわり沁みてくるトムヤム。美味しっ。

 ではいざ、乾杯☆ 

↓応援のクリック頂けると、励みになります☆ (1日1クリック有効)

手作り石鹸♥ / つるりん・ふわり♪ 糸こんの鶏だれ炒め煮

 届きましたよ~ん♪
 蜜蝋キャンドルで有名なくま子さんによる、手作り石鹸☆

 くま子さんのご厚意により、お譲り頂いてしまいました。本当にありがとうございますっ♪
 しかも包みを開けてびっくり。か、可愛いっ。そして、良い香りがほわ~りと。

P9250086_s_s.jpg

 使ってみると、泡はとろりふわり滑らか。クリームに包まれているかのよう。
 奇妙なアレルギー持ちのワタクシ。カサカサの手指も、少しずつしっとり落ち着いてきたかも?

P9250091_s_s.jpg

 残念ながら非売品なのだけれど、そのうちLINEN-jUさんで取り扱いを開始してくれないかなぁぁぁ♥

 そんな淡くも厚かましい願いはさておき。
 くま子さん、本当にありがとうございます~!

---------------------------
 さてさて、そんなこんななFriday, 27th Sepの居酒屋またたび亭。
 
 きたよーキタよー、金曜日♪
 月末の金曜。各種の締めに追われに追われ、ちょいと残業して帰宅は21:00。
 この日お仕事お休みだった夫が、夕食を準備してくれていました。いつも本当にありがとうっ。

 ってな訳で、アテは「鶏のオーブン焼き & 鶏だれと糸こんの炒め煮」。夫作。
 鶏尽くし、もやし尽くしです♪

P9270102_s.jpg

・~・~・~・~・~・~・~・~・
 ・鶏のじわりオーブン焼き :夫作

 塩、胡椒、ナンプラーを振りかけ、オーブンで焼く。以上。

P9270106_s.jpg

 シンプルなお料理ながらも、オーブンでじっくり焼いた鶏ってどうしてこんなに美味しいのだろう。
 旨みがじんわ~り溢れてくる。幸せ。

・~・~・~・~・~・~・~・~・
 ・糸こんの鶏だれ炒め煮 :夫作

 夫が友人からお土産として頂いた「鶏もつ煮込みパック」。
 旨みのたっぷり溶け込んだそのタレを使って、炒め煮にしてみたそうです♪

 具材は、ぎっっっっちりアク抜きした糸こん、竹輪、豚肉、もやし、キャベツ。

P9270107_s.jpg

 濃厚な旨みがぶわり広がる。糸こんのつるつるっぷりも嬉しい。美味しいよー☆

・~・~・~・~・~・~・~・~・
 ・もやしとレタスのサラダ :夫作

 しゃくしゃく美味っ☆

P9270110_s.jpg

 ……またまたまたお野菜が高くなってきましたね。今年の夏はあんなに安かったのに。9月に入った頃から急に値上がりしてきたなぁ。きゅうううう。
 そんな中、価格の跳ね上がりっぷりが穏やか~なモヤシちゃん。我が家の味方デス。美味しいし。love☆

・~・~・~・~・~・~・~・~・

 ではいざ、乾杯☆ 

↓応援のクリック頂けると、励みになります☆ (1日1クリック有効)

蒸し鶏のサラダと、思わぬ食材でヘルシー・カレー

 さてさて、Tuesday, 24th Sepの居酒屋またたび亭。

 火曜。葉っぱは相変わらず、会社からスタジオへ直行。
 今年もまたミュージカル作品を1曲出すのですが、この日はそのミュージカルの通し稽古♪ 熱が入りに入り、帰宅は23:00……を、過ぎたっ。
 バタバタとシャワーを浴びる。先に帰宅していた夫が、夕食を作ってくれていたよ。いつも本当にありがとう~。

 ってな訳でアテは「びっくりヘルシー・カレー / 蒸し鶏のサラダ」。夫作。

P9240077_s.jpg

・~・~・~・~・~・~・~・~・
 ・蒸し鶏のサラダ :夫作

P9240075_s.jpg

 あっさりした鶏から、じゅわ~っと旨みが溢れ出す。その旨みとドレッシングとで頂くしゃきしゃきレタス。
 クルトンのアクセントも堪らんっ。美味しいっ。

 さっぱりじゅわ旨な蒸し鶏って、ビール進みますよね~♪

・~・~・~・~・~・~・~・~・
 ・ヘルシー・カレー :夫作

 「うわぁっ、良い香り♪……こんな時間の『ライス』は厳しいけれど美味しそ……」と目が輝いたその直後。「って、何ぃっ!?」と目を見開くことに。
 カレーライスならぬ、カレー糸こんでありました。すごい。恩田すごい。

P9240072_s.jpg

 ……美味しいっ!
 糸こんとカレーって、意外と合う合う!これにはビックリ!

 夫の作ってくれるカレーは本当に美味しい。香りも味も、幾層にも重なり奥行きがある。
 そんなカレーを一口ずつ、お箸で糸こんに絡めてはパクリ。時折スプーンでカレーもパクリ。
 風味豊かな美味し~いカレーを纏う糸こん。カレーも糸こんもパクパク進むよ。況やビールをや。
 こんな深夜近い時間の夕食でも、安心してその美味しさを堪能できるヘルシーさも嬉しい♪

=====================
P9190042_s.jpg
ぽってりとした薔薇。横顔も美しい。

P9190046_s.jpg
その姿を愛でながら……

 ではいざ、乾杯☆ 

↓応援のクリック頂けると、励みになります☆ (1日1クリック有効)

ガイヤーンと、トムヤム風味のリングイネ

 さて、Wednesday, 18th Sepの居酒屋またたび亭。

 葉は残業後、帰宅は20:00過ぎ。
 この日お仕事お休みだった夫が、夕食を作ってくれていましたよ。いつも本当にありがとう。

 アテは「鶏胸肉のガイヤーンとトムヤム・リングイネ」。夫作。

P9180027_s.jpg

・~・~・~・~・~・~・~・~・
 ・サラダ :夫作

 レタス、茹でエノキ、茹で玉子、水菜に三つ葉。しゃくシャキとろり美味っ。

P9180013_s.jpg

~ ドレッシングのみ、葉作 ~
P9180007_s.jpg
ライム果汁、オリーブオイル、塩、胡椒を合わせたもの。

・~・~・~・~・~・~・~・~・
 ・トムヤム風味のリングイネ、芝海老の香りを添えて :夫作

 小分け冷凍しておいた芝海老出汁を使いますよ。以前芝海老を使った際、頭と殻から取った出汁であります。

 ・ ・ ・ ・ ・ ・
 フライパンで玉葱と鷹の爪を炒め、トマトホール、ガーリック・パウダーを投下。
 バイマックルー、トムヤム・ペースト、芝海老の出汁、鶏がらスープ、ココナッツミルクも投下。塩、ナンプラーで調味。
 ここにアルデンテ一歩手前まで茹でたリングイネを投下。一気にざくざく炒め合わせる。

 バイマックルーの微塵切りと、チリパウダーを振って出来上がり♪

P9180020_s.jpg
 
 盛り付けてくれるのをワクワクと見ながら、夫:「もっと食べられる?」葉:「食べるー!」とテンションの上がってしまふワタクシ。
 夫:『リングイネだから、スパゲティーニよりどっしりくるよ? 大丈夫?』の言葉通り……オナカいっぱーーーいになりながらも、美味しく頂きましたですよ☆

 トムヤムの爽やかな酸っぱ辛さを、ココナッツミルクが穏やかに纏め上げる。
 後味に芝海老の濃厚な風味がふわり。幸せ。
 
・~・~・~・~・~・~・~・~・
 ・鶏胸肉のガイヤーン :夫作

 モモ肉で作るのが一般的かもしれませんが、今回は胸肉を使ってみましたよ。
 何せ安かったしヘルシーにね♪

 甜面醤、酒、ナンプラー、塩、胡椒、カイエンペッパー、ガーリック・パウダー、砂糖を合わせ、胸肉を漬け込む。
 数時間漬け込んだら、オーブン180℃で15~20分ほど焼く。

 バットにこびりついた、旨みたっぷりの焦げを酒で溶かす。煮詰め直して味を調え、ソースとしてお皿に引いて出来上がり。

P9180030_s.jpg

 こっくり腿肉のガイヤーンも良いけれど、このあっさりじわり胸肉ガイヤーン。うわ、美味しいっ!
 わたくし寧ろ、胸肉版にハマりました。2人でぺろりと平らげてしまひましたよ。

・~・~・~・~・~・~・~・~・

 ではいざ、乾杯っ☆ 

↓応援のクリック頂けると、励みになります☆ (1日1クリック有効)

絹揚げ尽くしとタコのカルパッチョ、そしてアサリと卵のレンジ蒸し

 さてさて、16th Sep。月曜・祝日の居酒屋またたび亭。
 アテは「絹揚げ尽くし」。夫作。

P9159964_s.jpg

・~・~・~・~・~・~・~・~・
 ・焼き絹揚げ、たっぷりキノコ添え :夫作

 絹揚げは油抜きしてから焼く。
 えのき、エリンギ、豚スライスも焼く。軽く塩、胡椒。

 絹揚げ、キノコ類と豚肉を盛り付け、三つ葉を添える。
 柚子胡椒(赤)と醤油を合わせたドレッシングをかけて出来上がり。

写真にカーソルを合わせると、ドレッシングがかかります。

 香ばしいキノコに絹揚げ。その風味を、ぴりぴり辛いドレッシングが引き立てる。
 嗚呼、秋だなぁ。美味しいよぅ。

・~・~・~・~・~・~・~・~・
 ・糸こんと絹揚げの煮物 :夫作

 絹揚げは油抜き。糸こんはアク抜き。
 酒、醤油、味醂、出汁を火にかけ、絹揚げを投下。
 ある程度味が入ってきたら、糸こん、豚肉、えのきを投下。ことり煮込む。
 三つ葉をのせて出来上がり。

P9159959_s.jpg

 「要は今回は、焼いたヤツと煮たヤツ、同じ材料を使って2種類作りたかったの」と恩田。

 ほっとする美味しさ。じわーり幸せが染みてくる。美味っ。

・~・~・~・~・~・~・~・~・
 ・蛸のカルパッチョ :夫作

 刺身用の蛸(半額で130円也)を一口大の厚さにスライス。
 葉っぱが以前買ってきた『山形のだし』に、ナンプラー、ライム果汁、胡麻油、白胡麻を投下。
 全てを和えて出来上がり。

P9159961_s.jpg

 ~ 以下、恩田による解説 ~
 「なんかー、その『山形のだし』に、大葉が入ってたのね。
 大葉の風味とナンプラーは相性が良いの。
 胡麻油とナンプラーも合う!あとー。ナンプラーとライムも合う!
 だから全部 ♪ままままままままままま混ぜちゃった。」
 
 最後が何故ラップ調なのかは謎(笑)。
 ともあれ、さっぱり爽やかに・食感も豊かに。美味しかったー!

・~・~・~・~・~・~・~・~・
 ・アサリと卵のレンジ蒸し :夫作

 追加で作ってくれたもの。

 砂を吐かせたアサリを茹で、出汁を取る。身は外す。海老も茹でてカット。

 アサリの出汁に創味のつゆ少量。卵と合わせ、エリンギ、三つ葉、えのきをたっぷり、アサリの身と海老も合わせて器に入れる。
 レンジでチンして出来上がり。

P9159971_s_s.jpg

 エリンギにえのき、三つ葉etc, etc.「ほぼ同じ食材で3品作ったよ~♪」とのこと。

P9159970_s_s.jpg

 … … 美 味 し い っ ♪♪♪

 ぷるんぷるんの生地。口に含むとアサリの旨みがふわぁぁっと広がり、溶けるように滑らかにほぐれる。
 たっぷりのエノキやエリンギからも、きのこ出汁が溢れまくり♪
 三つ葉の香味も良いアクセントに。嗚呼、幸せ♪

・~・~・~・~・~・~・~・~・
 ではいざ、乾杯☆ 

↓応援のクリック頂けると、励みになります☆ (1日1クリック有効)

勇者トポ彦と、グレープフルーツ・ドレッシングのピリピリ海老サラダ

 さて、突然ですが。夫の作品のご紹介。
 「勇者トポ彦」。恩田作。

P9139923_s.jpg

 勇者トポ彦、プリッツ号にて見参。

P9129917_s.jpg

 勇者トポ彦、プリッツ号より降り立つ。

・~・~・~・~・~・~・~・~・

 ……。

 ……何か色々と、ホントすみません……orz
 *つか、無駄な程に造作が細かい。

---------------------------
 そんなこんなでTuesday, 17th Sepの居酒屋またたび亭。
 アテは「ピリピリ海老のサラダ, グレープフルーツ・ドレッシング」。葉作。

 火曜日。今宵も会社からスタジオへ直行。踊って踊って打ち合わせて、帰宅は23:00。夫はまだ仕事の模様。
 さて、作るか。そろそろ海老を使いきらないといけないし……

・~・~・~・~・~・~・~・~・
 ・ピリピリ海老のサラダ, グレープフルーツ・ドレッシングで :葉作

P9169987_s.jpg

 海老は殻を剥き、背ワタを除いておく。
 生臭さと滑りを除くため、片栗粉……あれ。無い。片栗粉切らしてるー!ひぃ。

 じゃ、じゃぁ……生臭さと滑りを除くため、お酒を振っておく^^;;;
 フライパンに胡麻油と鷹の爪、ジンジャー・パウダーを熱し、軽く水気を切った海老をgo!
 塩、胡椒、七味で調味。両面を焼く。

 その傍らでドレッシングの調理。
 グレープフルーツを軽く潰し、その果肉と果汁をサラダオイル、塩、胡椒で和えておく。

 お皿にレタス、ほ助さんの縞々胡瓜(乱切りとスティック)を盛る。
 焼き上がった海老を散らし、水菜や三つ葉も添えましたら。グレープフルーツ・ドレッシングを添えて出来上がり~♪

P9169979_s.jpg

 食べる直前にドレッシングを回しかけます。
 #その後、ドレッシングの入っていた器は、海老の尻尾入れとなります(笑)。

P9169985_s_s.jpg

・~・~・~・~・~・~・~・~・
 ピリピリ辛~い海老。生姜もまた、ぶぉっと香る。
 そこにシャキシャキ瑞々しいお野菜、グレープフルーツの爽やかな酸味。三つ葉も香りを添えて……。うおお、ビール!ビール!
 
 ではいざ、乾杯☆ 

↓応援のクリック頂けると、励みになります☆ (1日1クリック有効)

バター醤油がふわり香る、きのことベーコンのパスタ

 3連休も練習漬け~♪
 そんな連休中も、夜に癒しと安らぎの空気を添えるは蜜蝋キャンドル

P9089855_s.jpg

 このホルダーもお気に入り☆ 名前も素適なのです。「宵待ちあかり」♪

---------------------------
 さてさて、そんな訳で。
 9/14(sat)は、振り入れ & 通常レッスン & 自主練。

 これで、次回公演向けの振り入れは全て完了しました。不肖葉っぱ出演曲は、全8曲。

 それにしても、このバラード。まさかこんなに激しい振り付けだったとは……!

 6日前に入ったバラードは、心洗われるような、透明感溢れる美しい曲(*入った=振りや構成が付いた)
 この度入ったのは……「内に秘めた熱い思いがほとばしる」系。体の奥深くからほとばしる、叫びにも近い激情。それを全身で表現する。素足で踊り狂いますよ♪

 ビートの激しい曲でもない、ガンガンに暴れる訳でもない。それなのにっ。なんだこの全身筋肉痛っぷり……!
 腿が痛い。首回りも、腕の付け根や肩甲骨周りまで張りまくり。しかしこの筋肉痛が嬉しいのだから手に負えない(笑)。

 身体にはキツイけれど。音に乗って表現し、思いを放つのは気持ち良い。
 切なく狂おしく激しく。もっともっと踊り込みたい。表現したい。

 振り入れ後には通常レッスン。その後ちょろりと自主練。帰宅は23:00。
 シャワーを浴び、夕食を食べた(&呑んだ)あたりでぷつりと記憶が途絶える。
 振りの復習も忘れ、眠りに落ちてしまひました。

・~・~・~・~・~・~・~・~・
 さて、翌:9/15(sun)も自主練っ。
 入ったばかりの作品を中心に、踊りに踊り込んできたよ☆

 そんな楽しい楽しい、充実した連休☆(いててて、体中が筋肉痛♪ うをぉぉおぉぅ)

---------------------------
 さて、そんな訳で。動く度に「痛たたた」と嬉しく呻きながらの、9/16の居酒屋またたび亭。
 アテは「きのことベーコンとピーマンのパスタ」。葉作。祝日ブランチ編であります。

P9159946_s.jpg

・~・~・~・~・~・~・~・~・
 ・きのことベーコンとピーマンのパスタ :葉作

 先ずは糸こんにゃく(=白滝)をぎっっっっちりアク抜き。
 その傍らで鍋にお湯を沸かし、パスタ(スパゲティーニを使用)を茹で始める。

 糸こんのアク抜きが終わったら、パスタ鍋の傍らでフライパンにオリーブオイル、鷹の爪、ベーコンを投下。
 香りが立ってきたらバター、エリンギ、しめじ、エノキダケを投下。塩、胡椒。しんなりするまで炒め、最後にピーマンも投下。ざくざく炒め、パスタの茹で汁をお玉1杯投下。乳化させるべし。醤油をちょろり。

 このフライパンに、アルデンテ一歩手前まで茹でたパスタを投下。ざくざく炒め合わせる。
 夫用のお皿に盛ったら、次はこのフライパンに糸こんを投下。ざくざく焼くように炒め合わせ、葉用のお皿に盛る。

P9159935_s.jpg
夫用。

P9159941_s.jpg
葉用。少々パスタも混じった。

 バター醤油とキノコがふわり。ベーコンと黒胡椒の風味をアクセントに。美味しっ。
 ピーマンも鮮やかに彩りを添えてくれたよ。

 ではいざ、乾杯☆ 

↓応援のクリック頂けると、励みになります☆ (1日1クリック有効)

ぽわぽわ風船蔓 / トムヤム・カーガイとサラダ

 花材:風船かずら/ 菊 / ミヤマリンドウと、あと……

 ↓ ……あ゛っっっ

P9119881_s.jpg

 挿し直し~。撮り直し~。

P9119885_s.jpg

 ちなみにこの、もわもわのピンクのお花(1枚目撮影の瞬間に倒れた花)の名前が分からないぃぃ。
 ご存知の方いらっしゃったら、教えて下さいませ~(と言いつつ、アップの写真撮っていませんスミマセン)

---------------------------
 さてさて、そんなWednesday, 11th Sepのこと。
 退社後お花を挿して、帰宅は20:00過ぎ。
 この日お仕事お休みだった夫が、夕食を作ってくれていました。いつもありがとうー。
 
 ってな訳でこの日の居酒屋またたび亭。
 アテは「トムヤム・カーガイとサラダ」。夫作。

P9119907_s.jpg

・~・~・~・~・~・~・~・~・
 ・サラダ, カリカリチキンを載せて :夫作

 鶏胸肉(皮付き)を塩、胡椒でカリッカリに焼き、水菜と胡瓜に添える。
 モルトビネガー、塩、胡椒、オリーブオイルをかけて出来上がり♪

P9119899_s.jpg

 カリカリの鶏から染み出す旨みと、野菜の瑞々しさ。かりシャキ美味っ。

・~・~・~・~・~・~・~・~・
 ・トムヤム・カーガイ :夫作

 なんと車麩入りのトムヤム・カーガイ!
 
 先ず煮込むは、鶏胸肉、玉葱、えのき、しめじ。
 鶏がら、バイマックルー、トムヤム・ペースト(*追記アリ)、ライム果汁、ナンプラー、ココナッツ・ミルク、砂糖で煮込むべし。
 終盤に車麩も投下。
 お皿に盛りつけたら、三つ葉を散らして出来上がり。

P9119902_s.jpg

 酸っぱ辛くて美味しーーーい。
 あっさり鶏胸肉も、このスープに良く合う合う。
 そして車麩!この美味し~いスープをたっぷり含んだ、とろ~り滑らかな車麩。堪らんっ。

 *** 追 記 ***
 「味がおかしい、どうも決まらない~。トムヤムとしての酸味のバランスに納得がいかない」と訝しがりながら、どうにか好みの味に仕上げていた夫でありますが。
 この翌日、使っていたのがトムヤム・ペーストではなく、海老ペースト(チリインオイル)なことが判明しました。

 ど、道理で。
 帰宅した瞬間、「うわぁぁっ、美味しそうな香り!!! あ゛っ……でもこの香り、恩田大丈夫っ!?^^;」になる訳だ。
 *夫は熱せられた海老独特の強烈な香りがニガテです^^;;;(海老自体は好きでも嫌いでもない)

・~・~・~・~・~・~・~・~・
 そ、それを乗り越えてまで。美味しいトムヤム・カーガイを作り上げてくれてホントありがとうっ。

 ではいざ、乾杯ーーーっ☆ 

↓応援のクリック頂けると、励みになります☆ (1日1クリック有効)

深夜の糸こんカルボナーラ

 さてさて、Tuesday, 10th Sepのこと。
 葉っぱはこの火曜も会社からスタジオへ直行。踊って踊って練習を重ねて、帰宅は23:00。

 うっひー。作るぞー。夕食作るぞー。
 シャワーを浴びたらパパパーっ♪と調理。
 ちょっと作ってみたいものを思い付いていたので、遅い時間ながらウキウキと調理しましたよー。

・~・~・~・~・~・~・~・~・
 ……ってな訳でこの晩の居酒屋またたび亭。
 アテは「糸こんカルボナーラ」。葉作。

P9109876_s.jpg

・~・~・~・~・~・~・~・~・
 ・糸こんカルボナーラ :葉作

 糸こんにゃく(=白滝)はぎっっっちりアク抜きし、臭みと滑りを除いておく。
 フライパンにオリーブオイルと鷹の爪、ベーコンを投下。香りが立ってきたら、糸こんを投下。強火でザザザーッと炒める。
 その傍らでボウルに卵を溶き、牛乳も合わせておく。黒胡椒をガリガリガリガリガリガリ挽く。
 
 炒めた糸こんをボウルに投下。空気を含ませながら掻き合わせて完成っ。

P9109878_s.jpg

 撮影後「頂きまーす」と手を合わせたら、夫が「それ卵大丈夫? もうちょい火を通す?」とお皿を回収。
 フライパンでちょいと火を入れ直し、よりトロミも付けてくれましたよ。
 *夫は私の帰宅のちょいと前に、仕事から帰ってきたそうです(夫は夕食済み)。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 グアンチャーレでも無ければ、ペコリーノ・ロマーノでも無い(*参照:「ガチなカルボナーラ」)。
 というか、スパゲティーでもスパゲティーニでもなければ、ブカティーニでも無い。
 「ガチなカルボナーラ」とはある意味対極にある、「糸こん & ベーコン、チーズは無し(*切らしていた)」でありますが。

 美味しかったよ~♪ カルボナーラ風味を糸こんで存分に愉しみました☆ これは「こういうお料理」として充分アリっ♪

・~・~・~・~・~・~・~・~・
P9049768_s.jpg
デルフィニウム大好き。こちらの品種名は「コスモ」。

---------------------------
 では、今宵もまた。
 慌しい1日を終え帰ってきて。時間こそ短くとも……晩酌のこの時間だけは、心ゆったりと愉しむ安らぎのひと時にしよう。

P9089857_s.jpg

 LINEN-jUさんの蜜蝋キャンドルで、寛ぎの空間を展開しましたら。

 ではいざ、乾杯☆ 


↓応援のクリック頂けると、励みになります☆ (1日1クリック有効)

鰹のたたき、生姜ココナッツソース添え

 さてさて、Sunday, 8th Sep。

 この日葉っぱは、公演のための振り入れ。
 3時間で1作品の振りやら構成やら、全て入れ終えてきました。
 5名で踊る、美しい作品です。聴いていると涙が滲みそうになる程美しい曲。踊っていて、自然と笑みがこぼれる。
 3部のオープニング作品となります。磨き込むぞーーー☆

・~・~・~・~・~・~・~・~・
 振り入れ終了後も自主練を重ね、へろへろになって帰宅な日曜の夕方。
 この日お仕事お休みだった夫が、夕食を作ってくれました。いつもありがとう!

---------------------------
 ってな訳でこの晩の居酒屋またたび亭。
 アテは「鰹のたたき、生姜ココナッツソース添え / 鰹と夏野菜のスパイシー・ミルク煮込み」。夫作。
 
P9089836_s.jpg

・~・~・~・~・~・~・~・~・
 ・水菜と胡瓜とトマトのサラダ :夫作

P9089831_s.jpg

 しゃきしゃき美味っ。

・~・~・~・~・~・~・~・~・
 ・鰹のたたき、生姜ココナッツソース添え :夫作

 鰹は表面をさっと焼いて氷水に取り、締めておく。
 ココナッツミルクにナンプラー、擦り下ろした生姜を加え、混ぜ合わせる。
 そのソースをお皿にまぁるく引き、切り分けた鰹のたたきを載せる。
 柚子胡椒を添えて出来上がり。

P9089834_s.jpg

 とろり滑らかで、ふわりとエスニック香るソース。これが鰹のたたきに合う合う合うー!
 一口一口切り分けてはソースに絡め、口いっぱいに広がる風味を堪能してはグビグビごくり(笑)。
 
・~・~・~・~・~・~・~・~・
 ・鰹と夏野菜のスパイシーなココナッツミルク煮込み :夫作

 具材は鰹、蕪、南瓜、茄子、エリンギ。 
 ナンプラー、生姜、ココナッツミルク、ターメリックで、鰹と野菜を煮込む。最後に水菜もぱらりと。

P9089861_s.jpg

 トロリ柔らかな風味でいつつ、後味ふわりスパイシーなソース。いろんな具材の風味も溶け込んで。
 軽く火の通った鰹も、口の中でほろっと解れる。風味を含んだ野菜も堪らんーーー。

---------------------------
 では、蜜蝋キャンドルの揺らめきとほのかな香りに安らぎを得つつ。

P9089849_s.jpg

 日曜の夜。残り少ない休日のひとときを愉しみながら……

P9089846_s.jpg

 ではいざ、乾杯☆ 

↓応援のクリック頂けると、励みになります☆ (1日1クリック有効)

ろて君;どこかで見た格好 / トロ茄子とウィンナーとキノコのアヒージョ

 とある日の、ろて君。

P9089809_s.jpg

 ごろんごろん。

P9089811_s.jpg

 ドコかで見た格好だなぁ(笑)。

P9089813_s.jpg

 ごろろーん♪

---------------------------
 さて、そんなSaturday, 7th Sepの居酒屋またたび亭。
 
 土曜の夜も相変わらずレッスンでありますよ。土曜の帰宅は通常22:00~22:30頃。
 冷蔵庫内の有り合わせ食材でちょこちょこと料理をしていたら、夫も一品作ってくれたよ。いつもありがとう~。
 葉作のお料理は撮らなかったので、今回は夫作のお料理のみ掲載ー。
 
・~・~・~・~・~・~・~・~・
 ・トロ茄子とウィンナーとキノコのアヒージョ :夫作

 ウィンナー、トロ茄子、茄子、エリンギを、オリーブオイル、ガーリック・パウダー、ナンプラーに投下。生唐辛子も投下。
 ぐつぐつグラグラ、ぐわぐわぐわっっ……!!!と煮立てたら完成。

P9079794_s.jpg

 美ー味ーしーいーよー。
 熱い熱い熱い具材。噛むとプチっと旨み弾ける。

 「パクっ → 熱っ旨っ → ぐびぐび、ぷはぁ♪ → ぱくっ → 美味し~~~っ♪ → ぐびぐびぐびっ」の無限ループへようこそ☆(笑)

・~・~・~・~・~・~・~・~・
 ではいざ。
 LINEN-jUさんの蜜蝋キャンドルを灯し、その揺らめきと香りに癒されつつ……

P9069785_s.jpg

 ではいざ、乾杯☆ 


↓応援のクリック頂けると、励みになります☆ (1日1クリック有効)

久々の手書き振りメモ / ピーマンの肉詰めと、 茄子とブロッコリーの甜麺・豆板醤

 幸い、振り覚えは早い方。
 (*振り覚えのコツを訊かれることもちょくちょくありますが、要は「集中力」と、そして「慣れ」だと思いマス。)

 今まではイメトレと動画で乗り越えてきたけれど。今回のバラードが、何故かなかなか頭に入らない~~~。

 ってな訳で。ひっさびさに、「振りで忘れがちな箇所を手書きでメモする」という作業を行いました。

FuriMemo.jpg
ちなみに、5年半前にも振りメモを晒しましたが……私の字は「読めない!」として有名です(笑)
 
 動画も便利だけれど、「今すぐサッと見たい」ってときには、手書きメモが一番便利だと思う。電車がそこそこ混んでいてデジカメを出す訳にはいかない場合でも、手書きメモなら出せる。

 さて。しっかりイメトレして、何度もシミュレーションを重ねて、叩き込まなくてはぁぁぁ。「バトマン・ロンデからアームスうにょうにょ」で、「最後にぴろぴろ」。頑張るっっっ。

・~・~・~・~・~・~・~・~・
 通勤電車の中でアタマに叩き込み、レッスン開始前のスタジオでマーキング(マーキング:実際の振りをイメージしながら、軽ーく踊ること)。昼休みには動画で確認。

 おかげでやっと、アタマとカラダに入ってきたよ。
 さぁ、ここがスタート地点。ここから踊り込んで磨き込んで、作品にしていきますよっと☆

---------------------------
 さてさて、そんなこんなでWednesday, 4th Sepの居酒屋またたび亭。
 アテは「ピーマンの肉詰め、オーブン焼き / 茄子とブロッコリーの炒め煮込み」。夫作。

 夫はこの日、お仕事お休み。
 葉が会社から帰ったら、またまた夕食を作ってくれていたよ。いつも本当にありがとう。

P9049780_s.jpg

・~・~・~・~・~・~・~・~・
 ・ピーマンの肉詰め、オーブン焼き :夫作

 挽肉にはバイマックルー、レッドカレー・ペースト、ナンプラー、塩、胡椒を入れて練る。
 卵とパン粉も投下して練り、半分に割ったピーマンに詰める。
 オーブンでじっくり焼いて出来上がり。

P9049762_s.jpg

 じっくりオーブンで焼かれたが故の、じわぁぁぁっと溢れる旨み。
 堪らん。美味しい。
 
・~・~・~・~・~・~・~・~・
 ・茄子とブロッコリーの炒め煮込み :夫作

 上記「ピーマンの肉詰め」で、多めに作っておいた挽肉ダネを活用。
 挽肉ダネと茄子、舞茸、エリンギ、ブロッコリー、トマトを炒め合わせ、甜麺醤、豆板醤etc.で仕上げたもの。

P9049767_s.jpg

 これがまた、コク深~い☆
 色んな旨みがじわりと美味しい。お箸もビールも進む~♪

・~・~・~・~・~・~・~・~・
 ではいざ、常陸野ネストビール(アンバーエール)で……

P9049776_s.jpg

 ではいざ、乾杯☆ 


↓応援のクリック頂けると、励みになります☆ (1日1クリック有効)

マッシュルーム豚巻きフライと、たぬき結び弁当

 先日の花。花材:百合 / ガーベラ / ハラン

P9049758_s.jpg

 すっきり、且つコロンと。
 もっと高さを出せたら良かったなぁ。その反省はまたいずれ活かそうっと。

---------------------------
---------------------------
 さて。また作るか。
 夫用弁当~。

 この前の記事でも書きましたが。
 葉っぱが夕食を作る際は、「当日の葉っぱの夕食」兼「翌日の葉っぱのお弁当のおかず」兼「翌日の夫のお昼用」として作ることも多い。

 今回は。
 「夫用のお弁当のおかず」をメインに据えよう。そのおかずを葉弁当にも詰めて、そして今宵のアテにもしようっと。

 では、先ずは。
 揚げるぜぃ、「ころりんマッシュルームの豚巻きフライ」

・~・~・~・~・~・~・~・~・
 ってな訳でMonday, 2nd Sepの居酒屋またたび亭。
 アテは「ころりんマッシュルームの豚巻きフライ」 :葉作。

 要はコチラの、リアルフライ版。今回は粉付けて揚げますよー。

 マッシュルームは石突を落し、汚れを払う。
 豚こまには塩、胡椒。マッシュルームに巻き付け、きゅっと押さえる。所謂「ぎゅっくる作業」©金魚さんですね。

 それに小麦粉を塗し、卵液に潜らせ、パン粉を付けましたら。
 フライパンで炒め揚げにしていきます。熱した油にそうっと投下……じゅわわわわ~♪

P9029734_s.jpg
揚げては網に移し、油を切ってお皿に。そして揚げ第2弾へ。
=====================
 それにしても。
 朝晩は涼しくなってきたとは言え……やはり揚げ物していると暑ーーーい(調理日:9/2)!やっとれん!

 ってな訳で。カシュっっっ!!!

 もー飲まずにやってられるかっての(笑)。
 ビールをグラスに注ぎましたら。フライのじゅわじゅわバチバチという音を聞きつつ……ではいざ、右手に菜箸、左手にビアグラスで……フライング乾杯ーっ♪

 いえーい、flying(不正スタート)とfrying(揚げている)とで、ダブル・ミーニングなフライング乾杯だぜぃっ☆……と、謎のテンションに突入。

 ……ぷはー、美味しっっっ☆

P9039739_s.jpg
ひゃああああ今回は出汁巻きが粗いよーーーぅぅぅ^^;;;

 フライを揚げ焼きにする傍らで玉子焼きを焼き、レタスの玉子海苔巻も作る。
 そして我らが「たぬきむすび」も。今回は、ご飯に麺つゆを含ませる『ほ助さん版』だよ~☆

---------------------------
 ではいざ、多めに作っておいたおかずをアテに。

 ではいざ、乾杯☆ 

↓応援のクリック頂けると、励みになります☆ (1日1クリック有効)

ボンゴレ・ペペロンとトロ茄子、キリッと旨辛ドレッシングのサラダ

 さてさて、そんなこんななSunday, 1st Sepの居酒屋またたび亭(記事がやっと9月に追い付いた~)
 アテは「ボンゴレ・ペペロンとトロ茄子、そしてキリッと旨辛ドレッシングのサラダ」。夫作。

 今日こそ私が作りたかったのに……平日の会社 & ダンス疲れで、洗濯後はバッタリと伏せてしまったぁぁぁ。
 見兼ねた夫が、作ってくれました。いつも本当にありがとう。

P9019728_s.jpg

・~・~・~・~・~・~・~・~・
 ・トロ茄子のステーキ :夫作
 
 切込みを入れナンプラーを振り、しばし放置。
 その後オーヴンで表面こんがり焼く。

P9019726_s.jpg

 まさにトロリ。なのだけれど、ふわっと溶ける感じではなく、歯応えもしっかり。あああ、美味しっ。

・~・~・~・~・~・~・~・~・
 ・ボンゴレ・ペペロンチーノ :夫作

 夫「ボンゴレだったら、トマト入れるのと入れないの、どっちが良いー?」
 葉「トマト入れるほうー!」
 夫「うーんと、じゃあえっと、トマト入れない♪」 葉「え゛っ」

 さ、さておき。

 スパゲティーニを茹で始める。
 傍らでフライパンにオリーブオイル、鷹の爪、ガーリック・パウダー。
 香りが立ってきたらアサリを投下(アサリはよーく砂を吐かせておくこと)
 白ワインを振ったら蓋。アサリの口が開いてきたら蓋を取り、ケイパー、バジルを投下。
 アルデンテ一歩手前まで茹でたスパゲティーニを入れ、ざざざっと煽り、炒め合わせる。

P9019733_s.jpg

 口いっぱいに広がるアサリの旨み。幸せ。

・~・~・~・~・~・~・~・~・
 ・シンプルなサラダ、アサリ出汁のキリッと辛いドレッシングで :夫作

 具材は茹でモヤシ、レタス、トマト。

 そしてドレッシングは、上記「ボンゴレ・ペペロン」のアサリ出汁(「白ワインで乳化させる」ところまでのソース)に、野沢菜ちりめん、ライム果汁、ナンプラー、オリーブオイルを合わせたもの。

P9019727_s.jpg

 このドレッシングがまた、美味しーーーい。
 キリッと辛めで、旨みもたっぷり。お野菜ばりばり進むよ~。

・~・~・~・~・~・~・~・~・
 ではいざ、乾杯☆ 


↓応援のクリック頂けると、励みになります☆ (1日1クリック有効)