AX

焼きトマトがポイント☆ 新鮮なカレースパイスがふわり香る、しっとり豆腐ハンバーグ

 さて。

P7119333_s.jpg

 GABANのレッドペパー(パウダー)、ターメリック(パウダー)、クミン(パウダー)、フェヌグリーク(パウダー)
 モニター当選致しました。ありがとうございます♪

 今回のお題は、「オリジナルブレンドのカレーパウダーでカレー&スパイシーおつまみをつくろう!」
 さあ、早速活用させて頂きましたよ☆

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 そんなこんなでTuesday, 12th Jun.
 葉、会社から帰宅は20:00前。
 この日お仕事お休みだった夫が、夕食を作ってくれました。いつもありがとうー。

 ってな訳でこの日の居酒屋またたび亭。
 アテは「新鮮なカレースパイスがふわり香る♪ しっとり豆腐ハンバーグ」。夫作。 

P7129343_s.jpg
料理:夫、スタイリング:葉っぱ

・~・~・~・~・~・~・~・~・
 ・新鮮なカレースパイスがふわり香る♪ しっとり豆腐ハンバーグ :夫作

 ~分量:4個分~

 合挽き肉:500g
 木綿豆腐:1/2丁
 玉葱:大1/2個
 パン粉:少々
 卵:1個
 赤ワイン:少々
 塩、胡椒:少々
 生バイマックルー:3枚
 GABANレッドペパー:少々
 GABANターメリック:少々(やや多目)
 GABANクミン:少々
 GABANフェヌグリーク:少々

 トマト:小1/2個

P7129334_s.jpg

 ~ 作り方 ~

 1. 木綿豆腐は水切り。生バイマックルーは繊切りに。したらば、トマト以外の上記材料を全て混ぜ、捏ねる。

 2. 1を成形し、油(分量外)をひいたフライパンで両面焼く。
 
 3. 2の傍らでトマトをスライス。キッチンペーパーで軽く水気を除いたら、トースターでこんがり焼く。

 4. 焼き上がったハンバーグに、3の焼きトマトを載せて出来上がり☆

P7129336_s.jpg
カトラリーを選んでセットしつつ、焼き上がりを待つ^^
お気に入りのカトラリーたる、
19世紀 ヴィクトリアン時代の英国アンティーク:マザー・オブ・パール 白蝶貝のナイフ & フォークをセレクト♪

P7129339_s.jpg
付け合わせは、塩、黒胡椒を効かせた焼きポテト。そしてグリーンサラダ。

P7129341_s.jpg
では、頂きまーす♪^^

P7129344_s.jpg

 挽肉の旨味、そしてその旨味を存分に含んだ豆腐。ふんわり、し~っとり!
 生のバイマックルーの独特の爽やかさに、ほんのりカレースパイスの風味がまた堪りません。
 それに、焼きトマト!ジューシーな酸味が、このハンバーグにすごーーーく合うっっっ。
 「焼きトマトのっけたい~」と我儘言ったワタクシ^^;、夫よりfine playとの言葉を頂きましたですよ(笑)。夫、いつもありがとー。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 ではいざ、乾杯っ☆


カレーの料理レシピ
カレーの料理レシピ  スパイスレシピ検索


↓応援のクリック頂けると、励みになります☆ (1日1クリック有効)

 ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

ドラセナ茂る池の中から / カレーとカレードリア

 さて、とある日の花。
 花材:バンブー、アンスリウム、エリンジウム、ドラセナ(ソング オヴ インディア)

P7099330_s_20160723144534429.jpg
お稽古場にて撮影

 ドラセナの茂る池の中から、アンスやバンブー、エリンジウムがすっと伸びるような、そんな作品に纏めてみました。
 夏らしく、水面もいかしてみましたよー。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 おまけ写真。
 帰宅し、本日の花材をそのままざっくりと花瓶に放り込みました。
 夫、もし花を挿すなら使ってねー。

P7099331_s.jpg

◆◇◆…………………………………◆◇◆

 そんなこんなでThursday, 7th Jul.
 葉、会社から帰宅は20:00前。
 先に帰宅していた夫が、夕食を作ってくれました。いつもありがとうー。

 ってな訳でこの日の居酒屋またたび亭。
 アテは「カレーライス」。夫作。 

P7079319_s.jpg
料理 & スタイリング:夫

・~・~・~・~・~・~・~・~・
 ・豆腐サラダ :夫作

 繊切りキャベツと水菜、豆腐にトマトのサラダ。

P7079318_s.jpg

 しゃっきり、美味♪

・~・~・~・~・~・~・~・~・
 ・カレーライス :夫作

 鶏肉、じゃが、玉葱のカレー。

P7079317_s.jpg

 とろ~りコク深く、美味しっ。

◆◇◆…………………………………◆◇◆

 翌:Friday, 8th Jul.
 葉、会社から帰宅は20:00前。
 この日お仕事お休みだった夫が、夕食を作ってくれました。いつもありがとうー。

 ってな訳でこの日の居酒屋またたび亭。
 アテは「カレードリア」。作。 

P7089324_s.jpg
料理 & スタイリング:夫

・~・~・~・~・~・~・~・~・
 ・カレードリア :夫作

 前日のカレーのリメイクです^^

 耐熱皿にご飯を敷き、カレーをたっぷりとかける。
 スライスチーズを載せてパルメザンチーズを振り、オーブンでこんがりと焼いて出来上がり♪

P7089322_s.jpg

P7089325_s.jpg

 小皿に取り分けて頂きます☆

 とろーりカレーとこんがりチーズが堪らない~。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 ではいざ、乾杯っ☆

↓応援のクリック頂けると、励みになります☆ (1日1クリック有効)

 ブログランキング・にほんブログ村へ

花アルバム更新 / しっとりポークソテー

 あ、あれ。
 気付けば何だか久々な更新になっちゃった~~。

 と、ともあれ。
 「いけばなアルバム」、更新しました。
 もし良ければ、ご覧下さいませ~。

◆◇◆…………………………………◆◇◆

 久々登場。忍びのよな子様。

1465305119651_s.jpg
こちらはphoto by 夫

 くりくりお目々^^

◆◇◆…………………………………◆◇◆

 さて、そんなこんなでWednesday, 6th Jul.
 葉、会社から帰宅は20:00前。
 昼に一旦帰宅していた夫が、夕食の下準備をしてくれていました。いつもありがとうー。

 ってな訳でこの日の居酒屋またたび亭。
 アテは「ポークソテー」。夫作(ワタクシは焼いただけ)。 

P7069312_s.jpg
料理 & スタイリング:夫

・~・~・~・~・~・~・~・~・
 ・ポークソテー :夫作

 夫が漬け込んでくれていた豚肉を両面焼きます。
 これまた夫が、サラダを盛り付け済みの器を冷蔵庫に入れてくれていたので、そのサラダにポークソテーを盛って出来上がり。

P7069311_s.jpg

 しっとり柔らかく焼き上がった豚の旨味♪
 シンプルに美味しいーーー☆

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 ではいざ、乾杯っ☆

↓応援のクリック頂けると、励みになります☆ (1日1クリック有効)

 ブログランキング・にほんブログ村へ

【花28冊目】いけばな、2016

P4308771_s.jpg Apr. 2016
 約2年のブランクを経て、いけばな再開。その再開1回目の作品。
 花材:丹頂アリウム、カラー、イボタ。
 (ソリダコも有りましたが、敢えて使用せず)

P5148897_s_2016051514020658a.jpg May 2016
 花材:芍薬、ナナカマド、小菊、スターチス。株分けしていけてみました。

 *メモ:芍薬は、花より寧ろ葉!葉が難しい。
 『葉の一段目・二段目』等々も考慮しつつ適切に葉の処理をして、その美しさをいかし引き立てること。

 葉の処理、枝の切り方 etc., etc. まだまだまだまだ、要:勉強と痛感!!!><
 そんな中、全体のバランスや、小菊の挿し方(咲いた小菊ではなく、咲き切っていない小菊を敢えて選んで挿しました)をお褒め頂き、本当に嬉しかったです^^


P6119101_s.jpgP6119102_s.jpg Jun. 2016 その1:作品その1「基本立真型・投げ入れ」。
 久々の基本。『第一歩』的な基本中の基本!それだけに、かなり緊張しました。
 添木留めで挿しています。
 
 花材:雪柳、バラ
 ←の「基本立真型・投げ入れ」に、更に花材を入れて華やかにしてみたもの。

P6259252_s.jpg Jun. 2016
 花材:向日葵、スターチス、入才ラン
 (バラも準備頂いていたけれど、今回バラは使わずこの3種で)

 観る角度によって、微妙に表情を変える作品に纏めてみました。

P7099330_s.jpg Jul. 2016
 花材:バンブー、アンスリウム、エリンジウム、ドラセナ(ソング オヴ インディア)

 ドラセナの茂る池、そのドラセナの間からバンブーやアンスが生え、エリンジウムがアクセントを添える。
 そんな作品にしてみましたよ。

P7239371_s.jpg Jul. 2016
 花材:リンドウ、ヒペリカム(実)、カークリコ
 (カーネーションも準備頂いていたけれど、今回は使用せずこの3種で)

 カークリコの葉が爽やか!
 ガラスの花器を使い、夏らしく水面をいかしてみました。

エビちゃん ~夫、趣味探しの旅~ / トマトと枝豆の冷製カッペリーニ

 「夫、趣味探しの旅」の続きですよ~。

 夫曰く、「水質が整ってきた」とのことなので……。

1466159154557_s.jpg
こちらは photo by 夫

1466159157838_s.jpg
こちらも photo by 夫

 とうとうやって来ましたよ、エビちゃーーーん。

P6209222_s.jpg
以降、いつもの如く photo by 葉
*特に記載のない限り、またたび亭に掲載している写真はわたくしが撮ったものですよー

◆◇◆…………………………………◆◇◆

 さて。こちらは先日の花を食卓用に挿し直したもの。挿し手:葉。

P6299273_s.jpg

 入才ランでちょっと遊んで、向日葵を高低差をつけつつポンポンポンっと入れてみました^^

◆◇◆…………………………………◆◇◆

 さてさて、そんなこんなでWednesday, 29th Jun.
 葉、会社から帰宅は20:00頃。
 先に帰宅していた夫が、夕食を作ってくれました。いつもありがとうー。

 ってな訳でこの日の居酒屋またたび亭。
 アテは「トマトと枝豆の冷製カッペリーニ」。夫作。 

P6299282_s.jpg
料理:夫、スタイリング:葉っぱ

・~・~・~・~・~・~・~・~・
 ・トマトと枝豆の冷製カッペリーニ :夫作

P6299281_s.jpg

 トマトの酸味に、枝豆の食感。つるっとした食感のカッペリーニ。美味☆

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 ではいざ、乾杯っ☆

↓応援のクリック頂けると、励みになります☆ (1日1クリック有効)

 ブログランキング・にほんブログ村へ

入才ランの間を風が抜ける / キノコと枝豆のカルボナーラ

 Jun. 2016
 花材:向日葵、スターチス、入才ラン。
 (バラも準備頂いていたのだけれど、今回バラは使用せず纏めることにしました)
 
P6259252_s_20160710202059534.jpg
お稽古場にて撮影

 観る角度によって、微妙に表情を変えます。
 間を風が抜けていくような作品に、そして夏らしく水面をいかして涼しさを出してみましたよ。

◆◇◆…………………………………◆◇◆

 ってな訳でSaturday, 25th Jun.の居酒屋またたび亭。
 アテは「キノコと枝豆のカルボナーラ」。作。 

P6279269_s.jpg
料理 & スタイリング:夫

・~・~・~・~・~・~・~・~・
 ・サラダと浅漬け :夫作

 水菜とトマトのサラダに、胡瓜と大根の浅漬けを添えて。

P6279265_s.jpg

 しゃきしゃき美味☆

・~・~・~・~・~・~・~・~・
 ・キノコと枝豆のカルボナーラ :夫作

 た、卵の使い切り作戦も兼ね、カルボナーラにしましたよ。

P6279264_s.jpg

 エリンギに舞茸、ベーコン、枝豆を具材に。

P6279272_s.jpg

 パルメザンチーズを振り、粒黒胡椒をガリガリと挽いて……。

P6279271_s.jpg

 濃厚まろやか~☆  

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 ではいざ、乾杯っ☆

↓応援のクリック頂けると、励みになります☆ (1日1クリック有効)

 ブログランキング・にほんブログ村へ

カリッカリのポークとレタスのサンドウィッチ

 さてさて、ユニ・チャーム 「クックアップクッキングペーパー」のご紹介~。
 モニター当選致しました☆

P7059303_s.jpg

 編み込み三層構造シートにより、従来のキッチンペーパーにはない強度を実現♪
 ギュギュっと絞っても破れないし、濡れても食材に貼り付かない☆

P7059304_s.jpg

 水切りだけでなく、肉・魚のドリップ吸収に、蒸し料理や出汁漉しにも大活躍!
 野菜の保存や落し蓋にも重宝しますよ~。

P7059305_s.jpg

 開け方もちょっと変わっています。

P7059306_s.jpg

 開けるとこんな感じ。

P7059308_s.jpg

 ふわっふわの手触り♪

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 さて、この水切りっぷり、食材に貼りつかなさっぷりを活かして。
 カリッカリに焼いたポーク(ランチョンミート)とレタスのサンドウィッチを作りますよ♪

 ~分量:(1人分)
 ポーク(ランチョンミート):薄くスライスしたもの5枚
 キャベツの繊切り:1~2掴み
 水菜:1~2掴み

 マヨネーズ:少量
 食パン:(8枚切りで)2枚

 ~ 作り方 ~
 1. フライパンに油(分量外)を引き、ポークを両面カリッと焼く。

P7069313_s.jpg

 2. 1のポークを、 「クックアップクッキングペーパー」の上に取る。

P7069314_s.jpg
余分な油をぐんぐん吸い取ってくれる~! おかげでカリッカリの仕上がりに。
しかも、普通のクッキングペーパーなら食材に貼り付いちゃうところなのに。
「クックアップクッキングペーパー」な全く貼り付かない!

P7079315_s.jpg
しっかりと液体分が切れたおかげで、サンドしても他の食材やパンがヘタらない♪

 3. 食パン2枚の片面にマヨネーズを伸ばし、2のポーク、キャベツ、レタスを挟む。
 きゅっと押したら、切り分けて出来上がり☆

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 ではいざ、乾杯っ☆


しっかり水切り料理レシピ
しっかり水切り料理レシピ



↓応援のクリック頂けると、励みになります☆ (1日1クリック有効)

 ブログランキング・にほんブログ村へ

豆腐のグラタン、恩田編

 義母よりお裾分け頂きました。
 元気なトマトに大根、枝豆, etc., etc. いつもありがとうございます♪

 トマトはサラダやトマトソースに、大根もサラダやお漬物にと活用させて頂いておりますが。
 枝豆はやはり、

P6219236_s.jpg
元気がぎゅぎゅっと詰まった枝豆♪

 茹でて塩振って……が一番美味しそう☆

 塩揉みして、軽く塩を振った湯で茹でて、ザルに空ける。
 水気を切ったら仕上げにちょろりと塩を振り、更にざくざくとザルを振る。粗熱が取れるまで放置。

P6219237_s.jpg
塩揉みしてから茹でても……

P6219240_s.jpg
尚この産毛の元気っぷり♪ *産毛も口当たり柔らかになって、食べる際に全く気にならなかったです。
勿論、枝豆はプリッとほくほく♪ 美味しさギュギュっと詰まっていて、ほんのり塩が効いて。美味しかったー^^

◆◇◆…………………………………◆◇◆

 そんなこんなでThursday, 23rd Jun.
 葉、会社から帰宅は20:00頃。
 先に帰宅していた夫が、夕食を作ってくれました。いつもありがとうー。

 ってな訳でこの日の居酒屋またたび亭。
 アテは「豆腐のグラタン、恩田編」。夫作。 

P6239248_s.jpg
料理 & スタイリング:夫

・~・~・~・~・~・~・~・~・
 ・豆腐のグラタン、恩田編 :夫作

 元々は葉定番の「豆腐グラタン」。その恩田版も度々登場してきた訳ですが。

 おおお、今回、こうキタかーーー!

P6239247_s.jpg

 「水切りもしないそのままの豆腐を潰してソースにしてみた」そうな。これはヘルシー、美味しそう☆
 豆腐ソースの上にはパルメザンチーズを振り、オーブンで焼く。仕上げにパセリを一振り^^

P6239249_s.jpg

 中にはマカロニ、鶏肉、トマト♪

 「このままでも美味しいけれど、今後こんな風に改変してみても楽しそう~」と会話が弾みましたよー。
 いずれそのうちの数案、食卓上に実現してみたいな^^

・~・~・~・~・~・~・~・~・
 ・箸休め :夫作

P6239245_s.jpg

 恩田作の浅漬け2種(胡瓜、大根)と、枝豆を添えて。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 ではいざ、乾杯っ☆

↓応援のクリック頂けると、励みになります☆ (1日1クリック有効)

 ブログランキング・にほんブログ村へ

もっちもちでキメ細かな、濃厚な泡で…… 100%天然由来の「リペア洗顔クリーム」

 さてさて。
 今度は「洗顔によるダメージを防ぐ美容洗顔」のご紹介ですよー。

P6099074_s.jpg
リソウ リペア洗顔クリーム、お試しさせて頂く機会に恵まれました^^

 洗顔が肌にかける負担が、乾燥肌や敏感肌、肌老化を引き起こしてしまうことも。
 そこでこの、「100%天然由来処方により、美容効果と優しさを実現した洗顔フォーム」。 
 ちゃんと汚れは落としながらもお肌に優しく、その後の基礎化粧品の浸透を高めてくれる効果も☆
 肌本来の美しさを引き出してくれるそうです♪

 「『汚れは落としながらも肌に優しく』なんて、そこまで上手く行く~?」と思うなかれ。
 何せ、リソウコーポレーションさんの、リペアシリーズですよ?

  以前、「リペアUVクリーム」を使わせて頂いて。
 肌への軽さ、それでいてちゃんと紫外線はカットしてくれて、更に肌も潤わせてくれるその『優しい多機能っぷり』に魅せられたのですもの。そのリソウコーポレーションの「リペア」シリーズだもの。

 これは期待大っ!^^

P6099072_s.jpg

 しかもしかも、泡立てネットがついていただけでも嬉しかったのに。
 (*公式サイトによると、「初回購入時には泡立てネットプレゼント」らしいです♪^^)

P6099070_s.jpg

 泡立てネットの、このリングーーーー!
 更には、吸盤フックまでーーーーー!

 そう、泡立てネットって、置き場所に困ったりするのですよね。『洗面台や浴槽のふちに直置きはちょっと嫌だし……。ドコ置こう?』と。
 そこでこのリング付き泡立てネット、吸盤フック。洗面台やバスルームの、好きな場所に付けられる。水切りも出来る☆ これは嬉しい~^^

 このさり気ない心遣い
に、ちょいと感激してしまいましたよ。

P7039292_s.jpg
その泡立てネットを使って、もっこもこに泡立てます♪

 このモッコモコの泡が、本当に気持ち良い~。濃厚でキメ細かく、もっちもち!
 もっちもちの泡をポンポンポンっと肌に置き、もこもこっと軽~く伸ばしていくと。たっぷり・ふわっふわの泡が顔を包んで、なんだかちょっと幸せ^^

 日々日常の中のちょっとした贅沢を味わえる感。

 洗い上がりは、スッキリしつつも潤いに満ちた感じ。ツッパリ感はなし。
 肌がちょっと明るくなるような、そしてちょっとキメが整うような。そんな仕上がりがお気に入りです♪

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 ではいざ、乾杯っ☆


リソウコーポレーション 「リペア洗顔クリーム」


↓応援のクリック頂けると、励みになります☆ (1日1クリック有効)

 ブログランキング・にほんブログ村へ

舞台はナマモノで、機会は「作る」もの / 赤坂の休日

 自他を振り返って思うこと……。
 「今回公演が開催されたからといって、次回も必ず開催されるか」なんてことは、誰にも(当事者にですら!)分からない。

 だからこそ、長年。
 観たい、聴きたいと興味を引かれたものに対しては、「機会があれば行こう」ではなく、「機会を『作って』行こう!」というスタンスでいます。

 いい歳こいたオトナの身。
 種々の都合あるなか、機会を「作らない」限り、そうそう都合なんかつく訳がない。
 (*尤も、過度の無理は勿論NGだと思います)

 そして、自分の時間が有限なの同様、パフォーマーの時間もまた有限なのだから。
 だから私は、興味持ったものは行くの!都合をつけるの、調整するのっ。
 そして、舞台はナマモノなのだから。一度として同じ本番は無いのだから!><

 ……長々と書いて結局何が言いたいのかというと。
 そういう訳で、観て参りました、宝塚歌劇雪組公演「ローマの休日」♪♪♪

2016-0627-223214763-DI-2_s.jpg
そう、このオペラグラスは、今後の観劇のために買っちゃったもの♪

 夫:「ってか、そのゴテゴテの画像デコレーション、どうなのよ」
 葉:「いや、だって、個人を特定し得る情報(PII; personally identifiable information)だよー? 日付、最低でも席番だけは伏せたいじゃん。」

 (かの有名なブログ記事:「『会いに行ける観劇オタク』にならないために ──私がツイートを全消しした理由」
 これ、観劇は勿論、イベント参加やshopping, etc., etc.においても言えることだと強く共感しています!!!)

 夫:「そうじゃなくて……。国旗に花に帽子にリボンって。センス無っっっ!!!」

 あ……。

 嗚呼 orz

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 と。ともあれ。
 退社後に夫と待ち合わせ、行って参りましたよ、赤坂ACTシアター☆

DCIM1016_s.jpg

 やはり、行って良かったです♪
 テンポ良くサクサク進みながらも、序盤はクスリと笑っちゃうトコロ満載、後半はしんみり涙ドコロありで。
 (序盤の笑いから、終盤の客席の固唾を呑み水を打ったような静けさへの変遷ときたら……!!!)
 
 主演の早霧せいなさんは勿論のこと、彩凪翔さん良かったーーー。
 今年4月に、約10年ぶりに観た宝塚で、ガトガトにもっていかれちゃった訳ですが。
 今回の翔さんのイケメンっぷり何なんですか。ええ、そりゃ、もう……!

 ダンス好き、特にジャズダンス好きとしては、新聞社内のダンス、市場でのダンス、ローマ市街での群舞にも心惹かれました。
 勿論、フィナーレの群舞も!

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 「専用劇場」では無いだけあって、仕方ないのかも知れないけど……。
 場面転換での、スタッフさんたちが幕裏で立てる騒音;「ドタドタドタドタ、バタバタバタッ……!!!」「ゴロンゴロンゴロン、ゴロゴロゴロゴーン!!!!!!」「ガランゴロン~ガラガラガラ!!!」には正直「え!? 嘘でしょ!?」とハラハラしたけれど^^;;;
 (舞台にはそこまで明るくない夫も、「役者がソロで歌ってる幕裏での、あの凄い騒音には冷や冷やした」そうな^^;;;)
 場面転換の演出自体は、テンポ良くてメリハリあって良かったのに。「歌が邪魔されるかも!?」程の、通常有り得ないレベルの騒音だったのが、そこだけが本当に残念。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
DCIM1018_s2.jpg
写真よりも……

DCIM1017_s.jpg
生で動いているお姿のほうが、断っっっ然麗しい・格好良い・可愛いですよ~っっっ><

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 んでも。
 演技も歌もダンスも、演出も構成もホント良かったです♪
 誰もが知っているであろうあの名作:「ローマの休日」を、2時間ちょいの舞台ミュージカルとして、一部の役は膨らませてより光を当て、よりお笑い要素も膨らませて、それでいて名シーンは取りこぼさず。
 そして、つかの間の幸せだからこそ、笑うからこそ、終盤のあの切なさが身を切る訳で。

以下、一瞬だけネタバレ有ります。原作:「ローマの休日」を観たことないまま観劇予定の方は、自己責任でpls.
 (*「思い出に残る地は?」「(略)……ローマ。ローマです。」のあの名シーン。翔ちゃんアーヴィングと、せいなさんジョーの表情、あの表情だけの一瞬のやり取り、最高でした。
 勿論あれもね。それに続く名シーン、写真を渡しちゃうところもね。)

ネタバレ終わり

 全編通して、すごくすごく、幸せなひとときでした^^

 *更に、カーテンコールでビックリ。
 「本日は、元雪組トップスター:壮一帆さんもご観劇下さっています!」とのこと。最後の最後でまた、客席が沸きましたよー。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
CM160628-214454001_s2.jpg
観劇後の一杯。
わたくしはピーチ・フレーバーのベルギー・ビールをオーダー。
甘くて飲み易かった♪
(あれほど大好きだったビールを飲めなくなって、丸1年。
以前は眉をひそめたであろう甘いビールを、「美味しくて飲み易い」と感じる自分にもちょいビックリした・笑)

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 ではいざ、乾杯っ☆

↓応援のクリック頂けると、励みになります☆ (1日1クリック有効)

 ブログランキング・にほんブログ村へ