AX

キラキラで爽やかに甘く……ガラナ・アンタルチカのジュレ・ハイボール☆

 さてさて。「ガラナ・アンタルチカ」って、ご存知ですか?

 なんでも、ブラジルで人気の微炭酸ドリンクらしいです。
 「ガラナ」というのはアマゾン流域・熱帯地方特有の植物で、ブラジルでは古くから滋強飲料や薬用品へと加工し愛用されているそうな。

P6109085_s.jpg

 その「ガラナ・アンタルチカ」。185ml入り、どどんと30缶!!!
 モニター当選致しました♪

P6109088_s.jpg

 お題は「『ガラナ・アンタルチカ』を使ったカクテルのレシピ」。
 という訳で、先ずはそのまま飲んでみて、どうアレンジするか考えてみますよ♪

P6109091_s.jpg

 ……冷蔵庫で冷やしたのち、そのまま飲んでみた感想。
 葉「かき氷のシロップ!」 夫「それだ!」
 香りは縁日のかき氷シロップそのもの。味も、ほぼそれ。そこに穏やかな炭酸。
 ふーむ、この甘さを活かしたカクテル、考えるの楽しそうではないか^^

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 ってな訳で某日の居酒屋またたび亭。
 食後のカクテルは「ガラナ・アンタルチカのジュレ・ハイボール」。葉作。

 ~ 材料:容量約220mlのグラス2杯分 ~

 【ジュレ用】
 粉ゼラチン:5g (235ml~250mlのゼリーが作れる量)
 ガラナ・アンタルチカ(185ml):1缶
 水(80℃以上のお湯):50ml
 
 【カクテル用】
 ブランデー:30ml
 ジュレ:大2~3
 氷:2~3個(製氷器で作った氷のサイズで2~3個)
 炭酸水:50ml
 ガラナ・アンタルチカ(185ml):0.5缶

 ~ 作り方 ~

 1. 先ずはジュレを作る。
 粉ゼラチンをお湯で溶き、粗熱が取れたらガラナ・アンタルチカ(185ml):1缶を注いで静かに混ぜる。

P6199192_s.jpg

P6199195_s.jpg
しゅわしゅわわ~

2. 1のジュレ液を冷蔵庫で冷やし固め、

P6199197_s.jpg

P6199198_s.jpg

 箸などでかき混ぜ、クラッシュさせる。

 3. グラスにブランデーを注ぎ、氷を入れる。
 そこに、クラッシュさせたジュレを入れ、炭酸水を注ぐ。更に仕上げに、ガラナ・アンタルチカを少量注いで出来上がり☆

P6209224_s.jpg

P6209225_s.jpg

 キラキラのジュレが、(なけなしの)乙女ゴコロをくすぐります。食感(飲み感?)のアクセントにもなって良し♪
 ジュレが次第に溶けて、カクテルの甘さが徐々に増していくのもまた楽しいです。
 しゅわしゅわっと爽やかな甘さのカクテル☆
 
P6209230_s.jpg

 仕上げの「ガラナ・アンタルチカ」も必須ですよ~。
 ブランデー・カクテルは「微量の甘さ」が足されると、風味にグッと奥行きが出ます!
 それに今回のカクテルでは、ガラナの良さが引き立ちますよ~☆

P6209226_s.jpg

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 ではいざ、乾杯っ☆


ガラナ・アンタルチカのカクテルレシピ
ガラナ・アンタルチカのカクテルレシピ



↓応援のクリック頂けると、励みになります☆ (1日1クリック有効)

 ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
コメントはどうぞお気軽に♪
最新記事は勿論、過去記事へのコメントも大歓迎です☆
頂いたコメントには全て、こちらのコメント欄にてお返事書かせて頂いております☆

blogをお持ちの方は、是非URLも残していって下さいね~。
(**但しコメントスパムや、アフィリエイトで埋め尽くされたblogへの誘導コメントは削除致します**)

管理者にだけ表示を許可する