AX

舞台はナマモノで、機会は「作る」もの / 赤坂の休日

 自他を振り返って思うこと……。
 「今回公演が開催されたからといって、次回も必ず開催されるか」なんてことは、誰にも(当事者にですら!)分からない。

 だからこそ、長年。
 観たい、聴きたいと興味を引かれたものに対しては、「機会があれば行こう」ではなく、「機会を『作って』行こう!」というスタンスでいます。

 いい歳こいたオトナの身。
 種々の都合あるなか、機会を「作らない」限り、そうそう都合なんかつく訳がない。
 (*尤も、過度の無理は勿論NGだと思います)

 そして、自分の時間が有限なの同様、パフォーマーの時間もまた有限なのだから。
 だから私は、興味持ったものは行くの!都合をつけるの、調整するのっ。
 そして、舞台はナマモノなのだから。一度として同じ本番は無いのだから!><

 ……長々と書いて結局何が言いたいのかというと。
 そういう訳で、観て参りました、宝塚歌劇雪組公演「ローマの休日」♪♪♪

2016-0627-223214763-DI-2_s.jpg
そう、このオペラグラスは、今後の観劇のために買っちゃったもの♪

 夫:「ってか、そのゴテゴテの画像デコレーション、どうなのよ」
 葉:「いや、だって、個人を特定し得る情報(PII; personally identifiable information)だよー? 日付、最低でも席番だけは伏せたいじゃん。」

 (かの有名なブログ記事:「『会いに行ける観劇オタク』にならないために ──私がツイートを全消しした理由」
 これ、観劇は勿論、イベント参加やshopping, etc., etc.においても言えることだと強く共感しています!!!)

 夫:「そうじゃなくて……。国旗に花に帽子にリボンって。センス無っっっ!!!」

 あ……。

 嗚呼 orz

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 と。ともあれ。
 退社後に夫と待ち合わせ、行って参りましたよ、赤坂ACTシアター☆

DCIM1016_s.jpg

 やはり、行って良かったです♪
 テンポ良くサクサク進みながらも、序盤はクスリと笑っちゃうトコロ満載、後半はしんみり涙ドコロありで。
 (序盤の笑いから、終盤の客席の固唾を呑み水を打ったような静けさへの変遷ときたら……!!!)
 
 主演の早霧せいなさんは勿論のこと、彩凪翔さん良かったーーー。
 今年4月に、約10年ぶりに観た宝塚で、ガトガトにもっていかれちゃった訳ですが。
 今回の翔さんのイケメンっぷり何なんですか。ええ、そりゃ、もう……!

 ダンス好き、特にジャズダンス好きとしては、新聞社内のダンス、市場でのダンス、ローマ市街での群舞にも心惹かれました。
 勿論、フィナーレの群舞も!

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 「専用劇場」では無いだけあって、仕方ないのかも知れないけど……。
 場面転換での、スタッフさんたちが幕裏で立てる騒音;「ドタドタドタドタ、バタバタバタッ……!!!」「ゴロンゴロンゴロン、ゴロゴロゴロゴーン!!!!!!」「ガランゴロン~ガラガラガラ!!!」には正直「え!? 嘘でしょ!?」とハラハラしたけれど^^;;;
 (舞台にはそこまで明るくない夫も、「役者がソロで歌ってる幕裏での、あの凄い騒音には冷や冷やした」そうな^^;;;)
 場面転換の演出自体は、テンポ良くてメリハリあって良かったのに。「歌が邪魔されるかも!?」程の、通常有り得ないレベルの騒音だったのが、そこだけが本当に残念。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
DCIM1018_s2.jpg
写真よりも……

DCIM1017_s.jpg
生で動いているお姿のほうが、断っっっ然麗しい・格好良い・可愛いですよ~っっっ><

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 んでも。
 演技も歌もダンスも、演出も構成もホント良かったです♪
 誰もが知っているであろうあの名作:「ローマの休日」を、2時間ちょいの舞台ミュージカルとして、一部の役は膨らませてより光を当て、よりお笑い要素も膨らませて、それでいて名シーンは取りこぼさず。
 そして、つかの間の幸せだからこそ、笑うからこそ、終盤のあの切なさが身を切る訳で。

以下、一瞬だけネタバレ有ります。原作:「ローマの休日」を観たことないまま観劇予定の方は、自己責任でpls.
 (*「思い出に残る地は?」「(略)……ローマ。ローマです。」のあの名シーン。翔ちゃんアーヴィングと、せいなさんジョーの表情、あの表情だけの一瞬のやり取り、最高でした。
 勿論あれもね。それに続く名シーン、写真を渡しちゃうところもね。)

ネタバレ終わり

 全編通して、すごくすごく、幸せなひとときでした^^

 *更に、カーテンコールでビックリ。
 「本日は、元雪組トップスター:壮一帆さんもご観劇下さっています!」とのこと。最後の最後でまた、客席が沸きましたよー。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
CM160628-214454001_s2.jpg
観劇後の一杯。
わたくしはピーチ・フレーバーのベルギー・ビールをオーダー。
甘くて飲み易かった♪
(あれほど大好きだったビールを飲めなくなって、丸1年。
以前は眉をひそめたであろう甘いビールを、「美味しくて飲み易い」と感じる自分にもちょいビックリした・笑)

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 ではいざ、乾杯っ☆

↓応援のクリック頂けると、励みになります☆ (1日1クリック有効)

 ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
コメント

読ませていただいて「ハッ!」としちゃいました。
いい歳した大人には色々あって自分で時間やら何やら作らないと好きなことする機会はやってこないのですよね。
本当にそう思います。
葉っぱさん、行動力があってやっぱり素敵。

ビールが飲めなくなるとか好みや体質って急に変わることあるのですね。
わたしも多々あります。
ことに、アレルギーが年々ひどくなってる気がします。

あーわたしも行動してよかった!って思えることしたくなってきました。
ありがとうございます。
何かを得た気分です!

わわっ!宝塚ですか〜
いいですねぇ^_^

私も2回観に行ってるのですが
やっぱり生はイイ♪
出待ちしているファンの方の嬉しそうなお顔ったら
もう恋をしてるお顔ですものね〜^_^

最近は能とか歌舞伎を観に行ってたのですけど
久しぶりに宝塚もいいなぁ^_^

少し前にタッキー宝塚も観に行ったんですよ(^m^)

コメントありがとうございます☆ (お返事)

★.。.:*・゚☆.。.:*・゚★.。.:*・゚☆.。.:*・゚★.。.:*・゚☆.。.:*・゚★

・イブさん

うわーー。何かを得たと仰って下さるなんて。
こちらこそありがとうございます☆

オトナにはそりゃ、アレやソレやコレやが有って、そしてコレの先には更にソレが有って、ソレに付随してコレが有って…… etc., etc. ホントびっくりする程色々ありますよね(笑)。
そしてそれは、もしかしたら年々増えていくのかなぁ~。

たーくさんの事情有るが故に、「出来るかなぁ?」「予定が空いていたら」ではなく、
「決行する!」と決めて調整しないと、なかなかチャンスに巡り合えないと思っています^^
(そして勿論、生活に支障をきたすような過度の無理だけはダメだと思いますが)

アレルギーーーー。
わたしも酷くなっていっています。
イブさんもアレルギー持ちなんですね(TT)
お互い、ちょっとでも症状が落ち着きますように~。


★.。.:*・゚☆.。.:*・゚★.。.:*・゚☆.。.:*・゚★.。.:*・゚☆.。.:*・゚★

・akoakkoさん

宝塚はこれで4回目(しかも間に約10年のブランクあり)というニワカですが、
そう、やはり生舞台は良いですよね!

どの舞台においても言えることですが、映像化されたものと生舞台って
全っっっ然迫力が違う!
生舞台だからこその息遣いと臨場感。生舞台だからこそのパワー♪

同じ公演を複数回観に行く方々のお気持ち、本当によく分かるもの。
「ナマモノ」ゆえに、毎回毎回其々の楽しさがある。
*わたしは残念ながら、同一公演の複数回観劇は(まだ←まだ!?)無いのですが……。

おお、能や歌舞伎ですか~! 格好良いですね☆
我が家では、もう少ししたら劇団四季も観に行きたいと話しています♪


★.。.:*・゚☆.。.:*・゚★.。.:*・゚☆.。.:*・゚★.。.:*・゚☆.。.:*・゚★
コメントの投稿
コメントはどうぞお気軽に♪
最新記事は勿論、過去記事へのコメントも大歓迎です☆
頂いたコメントには全て、こちらのコメント欄にてお返事書かせて頂いております☆

blogをお持ちの方は、是非URLも残していって下さいね~。
(**但しコメントスパムや、アフィリエイトで埋め尽くされたblogへの誘導コメントは削除致します**)

管理者にだけ表示を許可する