AX

ある土曜の練習後風景

ひまたん「今日もお疲れー」「お疲れ様っしたー」
「葉ちゃん今日はドコか寄るの?」
「いえ、今日はスーパーだけ寄って帰りますー」
「えー何買うの???」
「ゴボウとー、人参とー。ビール☆」

「……。」「???」

「最後のオカシイから」
「え゛っっっ最後のが一番重要ですよ!!!」

「今晩は金平ごぼうとビールか」
「あああバレバレっっっ」
----------------------------------
ってな訳で、本日の居酒屋またたび亭。
アテは『金平ごぼう / ほうれん草玉子海苔巻 / ミニトマト / 沢庵(出来合い)』。
・~・~・~・~・~・~・~・~・
【金平ごぼう】
牛蒡を2mm角の細切りにし、酢少量を入れた水に晒す。
その間に洗濯機を回しつつシャワーを浴びる……ってハイ、相変わらずレシピと無関係な個人的事情が入ってゴメンナサイ。

引きさておいて、洗濯物を干し終わり髪を乾かしたら(シツコイ)人参も2mm角の細切りに。
んで、フライパンに胡麻油を熱し、先ずは牛蒡を炒める。中火でじっくりと。

その間に炒り胡麻をレンジで2分加熱。牛蒡を焦がさぬやう留意しつつ、すり鉢で胡麻を擂る。

で、牛蒡が透き通ってきたら味醂適量も投入。照りが出て来たら人参も投入、ざっと炒め合わせ、塩胡椒で調味。最後に醤油少量を鍋肌から回しかけ、フライパンを揺すりつつ火を止める。

擂っておいた胡麻をまぶしたら出来上がりっ。
・~・~・~・~・~・~・~・~・
寄りえぇと、古くから『またたび亭』をご愛顧下さっている方は、「アレ? 葉っぱが金平なんて珍しい」とお思いかも知れませぬねぃぃ。
実は金平大好きなんです。です。が。
どーしても『メンドクサそう』ってイメージが先行してしまい、調理は敬遠していたのです。でも……。

やはり食べたい食べたい食べたい、自作きんぴらで飲みたいーーーってコトで、アテの師(@某SNS)の作っていた金平ごぼうレシピを参照させて頂きました☆

……あああしゃきしゃきじんわり、甘辛っ。嗚呼コレですよあああ幸せーーーってコトでではいざ乾杯っっっ☆
スポンサーサイト
コメント

☆★☆★☆ 補足 ☆★☆★☆
「大丈夫? 洗濯物とか下着とか盗られたりしない?」
「ああ、防犯上仕方無く部屋干ししていますー」

干したのちはエアコンの風をあて、扇風機も起動させておりまする。柔軟材はレ○ア愛用。

ちなみに
 ・外干しするにしても男性用衣類も一緒に干す(干しっぱなしにせず、男性用衣類もローテーションさせるコト)
 ・玄関にはオトコモノの靴も置く
等は保身定番技であります。

「台風直撃なのに洗濯?」な疑問もアリかもなとふと思ったので、補足まで。

( ^-^)ノ(* ^-^)ノこんばんわぁ♪
ご無沙汰してますぅ~~(o*。_。)oペコッ
金平は美味しい!!!
レシピを見てホッとしたよぉ~~。
何がって?w
私金平の甘いのが好みじゃないんですぅ~~。
私はお酒飲まないけど、超ーー辛口でしてww
金平の甘いのが許せんのよ…。
辛いの大好きなので、ウチではごま油、醤油、七味をたっぷりと!のみです。

ひまたん・・・その、手・・たまらんですぅ~(*´д`*)ハァハァ

>風恋華さん--------------------
ご無沙汰……カナ?
お忙しそうな中、いつもご愛顧ありがとうございまーす。

あ、分かりマス。
甘~~~い金平はワタシもニガテですー。ってか甘い「飲み物」は基本的に全く受け入れられませんが、甘い「食」もあまり好きじゃナイかも(控えめな上品な甘さのスウィーツならokですが)。

煮込んだ人参も実はあまり好きじゃナイのです。てろーんと甘くなってしまふから。

金平は醤油は控えめにして素材の味を立てましたが、食す際には勿論七味も振っておりますですよw

ってか食の好み、もしかして合いそう?
いつかご一緒出来たらイイですね☆
コメントの投稿
コメントはどうぞお気軽に♪
最新記事は勿論、過去記事へのコメントも大歓迎です☆
頂いたコメントには全て、こちらのコメント欄にてお返事書かせて頂いております☆

blogをお持ちの方は、是非URLも残していって下さいね~。
(**但しコメントスパムや、アフィリエイトで埋め尽くされたblogへの誘導コメントは削除致します**)

管理者にだけ表示を許可する