AX

嗚呼ホント。相変わらず酒呑み仕様な日々。

ろての背中街角にて。
『ビア』という文字列が目に入り、反射的に振り返ったら。

……サウジアラビア、だっタ☆

……嗚呼……。
----------------------------------
さておいても、ホントまたまた写真が堪ってくる。一旦放出しまーす。
・~・~・~・~・~・~・~・~・
生姜煮先日の居酒屋またたび亭。
アテは『秋刀魚の生姜煮、シークヮーサー風味』。

薄口醤油が切れそう故、ついつい濃口醤油で作ってしまっタ。案の定仕上がりが黒い黒い。

ま、んでも。味自体は、見た目よりはずっとあっさりさっぱり仕上がりやした。びば:柑橘類。
きのこ類は相変わらず、一度空炒りの後フライパンに投入。味の吸着を向上させるためであります。嗚呼っビールが進むっでは乾杯っ。
・~・~・~・~・~・~・~・~・
えびぱすたんで、ダンスレッスン後な居酒屋またたび亭。
アテは『エビとほうれん草のクリームパスタ』。

あ゛。エビが安い。
いずれは芝エビでコチラを作りたひと思ってきたケレド。えぇい、エビで作ってみちゃおっと。
ってな訳で。葉流アレンジで、いきまーす。

エビは殻を剥いて背ワタを除き、軽く塩胡椒。
殻はカリッカリにバターソテーし、ミキサーへ。細かーく滑らかになるまでがががががっと。

エビ身もバターソテー。エビ殻及びざく切りトマト(種は除くべし)を投入し、白ワインでフランベ
んでほうれん草と牛乳も放り込む。塩胡椒等で調味したら、アルデンテ1歩手前まで茹でたパスタ(今回もスパゲティを使用)を放り込み、ざざっと合わせて完成っ。

や、やはり、恩田師匠版には敵いませぬけれど、ね。
エビも切り分けるべきだったナ。それにワタクシの場合、相変わらず『麺は少なめの酒呑み仕様』でありますがw。
まぁそれでも美味しかったでありますよ。
いずれは芝エビで再tryするぜぃ♪と決意を新たにしつつ。
そしてミスカンサスが妙な方向を向き始めたと気付いたゆえにまたまた補修しつつ。ではいざ、いっただっきまーす、乾杯☆
スポンサーサイト
コメント

こんばんわ。どうも恩田です。

うわうわ。海老パスター。いいすねー。
ていうか芝海老より、おっきい海老のほうが
実際おいしそです。

そうそう。秋刀魚のシークワァサー風味って
のがすんごく気になります。さっぱり頂けそうですね。
こんどシークワァーサーっての買ってこようっと。以上

>恩田師匠--------------------
うぉぉぅ、いつもありがとうございます。どうも、ダメ弟子の葉っぱです。爪先には常にダンスシューズ、片手には常にびあぐらすな……(ォィ

大きいエビ。見た目豪快であめりかーんな感じで。そりゃ『えぇぃ、どーせなら豪快に演出してしまへ☆』になるのがワタクシらしいけれど。
作りつつ食べつつ。コレはコレで美味しい……ゆえに。

それゆえ、あの恩田師匠による芝エビ版の、あの繊細な美味しそさ。アレ絶対に繊細に美味いぞ。アレは是非一度食さねばワタクシの胃が肝臓が。
『あんな美味しそうなモン、目には入れといて。オレたちには入れないなんて不公平だ!!!』と訴えてきますわー。
(んでもお褒めのお言葉ありがとですです☆)

普段は『秋刀魚の生姜煮、レモン風味』にするのですけれどねぃ。
たまたまスーパーでシークワァーサーを見掛たので、レモン代わりに使ってみやした♪
見た目スダチ。味はレモンとスダチの中間のよーな、沖縄を代表する果実であります。良ければ是非是非使ってみて下さひませぃっ。
コメントの投稿
コメントはどうぞお気軽に♪
最新記事は勿論、過去記事へのコメントも大歓迎です☆
頂いたコメントには全て、こちらのコメント欄にてお返事書かせて頂いております☆

blogをお持ちの方は、是非URLも残していって下さいね~。
(**但しコメントスパムや、アフィリエイトで埋め尽くされたblogへの誘導コメントは削除致します**)

管理者にだけ表示を許可する