AX

……ってか、トウトウ会社デマデ。

爆睡ひまたん5/2(fri)のコト。

「連休、ドコか行きます?」
「いや、大きな予定は無いんですよー。まぁ明日の3日はバレエの特別練習でー。あとは引越しの予定もあるんで、家の片付けかな」
「……4連休だからって、呑んだくれちゃダメですよー?」「き ゃ ぁ ぁ ぁ ぁ !!! 」

す、す……

……鋭すぎ☆(ぇ゛っ
----------------------------------
そそそそんなこんなで先日の居酒屋またたび亭っ。
アテは『鯖のあっさり煮、味噌風味 / 絹さやたっぷり、若竹煮』。

『鯖の味噌煮』も大好きだけれど。
今回、へるしーに、かなりのあっさり味に仕上げ。鯖本来の繊細な味を生かしてみまシタ☆

ろ、ろて……?(たぱたぱ)、醤油ちょろり)、味醂(たぱ)を火にかけ、煮立ったら鯖の切り身を入れる。
落し蓋をしてしばしの後、味噌も溶きいれる。今回の葉流では風味付け程度に、極微量の味噌を使用。
んで普通の蓋に変えて弱火でコトコト。

鯖の調理と同時進行で、若竹煮も調理。
乾燥ワカメを水で戻し、出汁・醤油・味醂を火にかける。出汁:たぱたぱたぱ、醤油:ちょろり、味醂:たぱ。
出汁が煮立ったら筍(水煮)乱切を投入。頃合を見計らって、ぎゅぎゅっと絞ったワカメ、ヘタと筋を除いた絹さやも投入。

しつこいよーですが、『煮物系は冷めていく間に味が染みる』を常に念頭に置いておくべし。
余熱で火が通りきるやう計算の上火を止め、どちらもしばし放置。
その間はサラダを作るなり食器を洗うなり掃除をするなりテーブルセッティングをするなり、お好みで。
・~・~・~・~・~・~・~・~・
あっぷ絹さやは、くまちゃんさんが送って下さったもの。くまちゃんさんのお父様が育てたお野菜にござひます。本当にありがとうございます♪

では。カーネーション:ムーンダストを添えまして。
ではいざ、感謝の念と共に。乾杯☆
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
コメントはどうぞお気軽に♪
最新記事は勿論、過去記事へのコメントも大歓迎です☆
頂いたコメントには全て、こちらのコメント欄にてお返事書かせて頂いております☆

blogをお持ちの方は、是非URLも残していって下さいね~。
(**但しコメントスパムや、アフィリエイトで埋め尽くされたblogへの誘導コメントは削除致します**)

管理者にだけ表示を許可する