AX

【前編】とある一個人の記録、3/11@tokyo

 先ずは、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被害を受けられました方々に心からのお見舞いを申し上げます。

 3/11。東京ですら、かなり揺れました。
#震度5? 耐震構造の約30階建てビル、その中層階勤務なので、実際より揺れを大きく感じました。
外から見ていた人の話によると、どの高層ビルも目に見えてぐらぐらと揺れていたとか。

 その日から数日間の、一個人の記録として。

・~・~・~・~・~・~・~・~・
up1up2
全体 3/11(fri) 14:30頃、揺れを感じる。
 『あれ? うわ、結構大きい?』と、立ち上がってデスクサイドの花瓶を手に取る。倒れてPCに水がかかったら大へn……きゃああああああ。

 揺れが更に大きくなる。しかも長い! 花瓶を手にし中腰のまま、動けなくなってしまった。歩くことも座ることも出来ない。揺れのせいもあるけれど、それより腰を抜かして固まってしまったというのが実情……ああ情けない。

 その時分、同じフロアにいた唯一の男性社員の「落ち着いてー、ヘルメット被って机の下入ってー」の声で我に返る。そうだ腰抜かしている場合じゃないわ。しっかりしなきゃ。

 オフィス出社組の安否を確認しつつ、大きな揺れを感じては机の下に潜って……を繰り返す。『収まってきた???』と何となく時計を確認したのが15:30頃。ガタガタと開いてしまったデスクサイドキャビネットの引き出しを閉めてまわり、設備の点検。天井のコルクタイルと、柱にヒビ。とある社員のデスクでは書類が雪崩を起こしたけれど、これは寧ろ人災。窓からは、対岸のお台場で火災が発生しているのが見える……。

 各所の携帯電話から鳴る緊急地震速報の音と大小の余震が続く中、会議室のTVやワンセグ携帯でニュースを確認しつつ業務再開。え!? 震源は三陸沖!? 市原のコンビナートで火災!? 津波!!!

 電話が全く通じない。携帯も固定電話も繋がらない。メールも遅延し、工場や各家庭への安否確認がとれない。
 そんな中、16:30頃やっと彼氏と連絡がつく。無事と聞いてほっとする。あとは、うちの猫たちが心配……!

 皆必要最低限の業務を終え、帰宅できる社員は帰宅(「~まで数時間歩く」という強行組も)
 葉っぱ@埼玉在住は勿論帰れず。オフィスに戻って来た組を含め数名、会社泊決定。広めの会議室でニュースを観つつ、PCを持ち込みメールで社員の安否確認やネットニュースの確認。地震に津波に、この上原発まで!?

 22:00頃、やっと工場と連絡がつく。先ずは、全員無事で良かった!

【後編へ】
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
コメントはどうぞお気軽に♪
最新記事は勿論、過去記事へのコメントも大歓迎です☆
頂いたコメントには全て、こちらのコメント欄にてお返事書かせて頂いております☆

blogをお持ちの方は、是非URLも残していって下さいね~。
(**但しコメントスパムや、アフィリエイトで埋め尽くされたblogへの誘導コメントは削除致します**)

管理者にだけ表示を許可する